キャンプグッズ・ギア

2010年1月13日 (水)

DeadFowl TrainningのDummyを輸入してみる!

先日、リプルん家とキャンプした時に貰ったマニアックなアメリカのハンティング通販雑誌に、ジェミニちゃん愛用のカモちゃん2号やその兄弟達が出ているではないかっ!
そろそろ、我が家のカモちゃん2号も皆さんに愛されすぎてヨロヨロに。。。
引退させてあげようかな、と思っていた矢先の発見。

という事で、Mallardというカモちゃん3羽を輸入することにしました。
Air便だと運賃高いので船便で届きます。
マニアック心をくすぐるでしょー、全部欲しいけど、犬心をくすぐるのはMallardかなー?
一番左の大きいカモはCanada Dackって書いてあるけど、これはレトリバー.Pro(←Snow Peak風)じゃないと運搬するのが重たいカモ。
ガッツのある前のめり犬なら大丈夫カモ?

さて、在庫はちゃんとあるのか、、、ね?船便なんでのんびり待ちます。

P013458hz05

|

2010年1月 8日 (金)

シュラフ新調

6年ほど使ってきたmontbellの旧#1のダウンハガー、あまりにも手入れが悪かったからか昨年頃から狭いテントでこのシュラフを使うと喘息めいた症状が出るようになった。
気のせいか?と前向きに受け止めてきたけど(笑)、やっぱりダメ。想像したくないけど羽毛にダニちゃんとか居るのかも???

ということで、「クリーニングする」という手段を残しつつ、化繊タイプのエクスペディションモデルを使ってみることにした。
monbellで言うところのバロウバックのシリーズに該当するISUKAのAlpha Light 1300というシュラフ。
マイナス20度まで対応とスタッフバックに書かれていますが、化繊シュラフってデカいですね~。
monbellのバロウバック#1の説明を読むと、快適睡眠温度域はマイナス9度まで、使用可能限界温度はマイナス22度までと書いてある。
Alpha Lightも使用限界温度がマイナス20度なので快適睡眠温度域はマインス7-8度辺りか?と想定していた。

実際、年越しキャンプ初日、正式に計っていないがフィールドはマイナス8度前後。
テント内もマイナス2度くらいにはなったのではなかろうか?
ピュアダウンのシュラフに比べて、化繊シュラフはエアを確保できないからか?フワっとした暖かさではダウンにかなわないことを知る。
それでも快適な温かさに大満足。
二日目はリプル家のキャンカー仕様のハイエースのベッドで就寝。外気温は最終確認時でマイナス8.4度。
車の中はマイナスになったのかどうかわからないけど、途中で暑くて着ているものを一枚脱いだ。

今までmonbellのシュラフしか使ったことが無かった。スーパーストレッチな仕様が寝心地アップしていると思っていたが、ISUKAにはストレッチ機能ついてないけど、特に窮屈さは感じないのと、スタッフバックが大きいるので仕舞うときは楽チン。

という事でこれからしばらく仲良くしていくシュラフはコレです。

Rimg0786

明日から二泊三日で再び、マイナスの地へキャンプへ行く!

|

2009年12月28日 (月)

お世話になったあの方達を♪

ぬいぐるみフェチのジェミニちゃん、大事、大事にするので古株は2歳のお誕生日に頂いたピヨコちゃん、3歳の時に頂いたメーメーちゃんも健在。
大事、大事にするのですが、プチSのジェミニちゃん、面玉はほとんどブチっと食いちぎるか、または中途ハンパにぶら下げておくのがお好みだったりします。

今年も片づけても片づけても引きずりだされ、振り回され、クタクタ状態なあの方達。
お世話になったので、みんなまとめてキレーキレーすることにしました。

Rimg0923

乾燥完了後、ホカホカに暖かいあの方達をキャンプ用のミニテーブルに並べてみました。
まだまだ元気の皆さん、老若男女なみなさん、来年もジェミニちゃんと遊んであげてください。

Rimg0925

洗濯待ちの間、当のご本人は暖房ポカポカエリアでスヤスヤ。
来年も元気にお友達を手術ごっこして遊んでください。

Rimg0926


|

2009年12月 1日 (火)

日本未上陸のケシュアには・・・

毎日ケシュアの話で恐縮なのですが、Quechua.comなる本国のサイトであれこれと製品を見てみると実に興味深いアウトドアメーカーであることが分かりました。
アメリカーンスプリとは一線を画した?ヨーロッパ系コールマンとでも言うのでしょうか、なかなか面白いです。

で、日本への上陸を切に願うシロモノがいくつかありました。

例えばコレ↓
両サイドの蛇腹な感じが、なんとなくカブトカニっぽくもあり、説明を見ると2mnでSet Upとあるので、ポップアップでこのような形に立ち上がってしまうようです。すばらしい。

Asset_16318290

ポップアップでは有りませんが、前室付きのテントとしてはこんなモンもありました。しかも、いずれもお値段2万円以内とお財布に優しいブランドです。良いなーーー。ケシュアのジャパン進出を切に願っております。

Image01


|

2009年11月29日 (日)

2週連チャンの朝霧ジャンボリー

先週、久しぶりのテントキャンプが楽しかった我が家。
やはり週末アウトドアの開放感&リラックスは、ヒトにもイヌにもたまらなくリフレッシュ効果抜群!ってことで、今週も出動しました。
我が家から東名高速の用賀ICまで5分くらいなので、東名でアクセスできるキャンプ場はやっぱり楽チン。
予定よりも若干寝坊したものの、朝7時半に出発して足柄SAで朝食食べて富士宮のマックスバリューで食材調達なんぞして、キャンプ場到着が10時半。
ジェミキャロにしてみれば「ノンストップで行けよ~」って思っているに違い有りません。

今回は朝霧ジャンボリーか付近の別のキャンプ場にするかで悩みましたが、慣れてるところでのんびりする方が良いので、2週連続で同じキャンプ場となりました。
朝霧界隈、冬場はかなりの強風が吹く夜もあるので、ケシュアのテントが強風に耐えるのか若干心配ではありましたが、背が低いので大丈夫だろう、と予想。
実際、土曜の夜は9時過ぎ頃から風が出始めて、寝ている間にかなりの強風が吹いたようです。
(朝、起きたらシャングリラ8の中のテーブルの上のコーヒーカップなどが倒れていたらしく、風に幕帯が煽られたことが判明しました。)
ケシュアのテントも風で時折揺れてましたが、フレームが柔らかいので風で天井がふにゃーっと迫ってくることはあっても、飛ばされたり潰れたりすることは無さそうです。
が、背の高いBASE SCONDっていうタープタイプは風に弱いかも・・・と思いました。

シャングリラ8はマッドスカートが着いていないので、風が入ってきますが、その風のお陰なのか?結露はほとんどしません。タープ内で石油ストーブつけていると、立ち上がったらクラクラするほどに暖かいです。
あまりにも暑くなるので、コールマンのノーススターを途中で消したほどでした。
足元のスースーは、ブーツやモコモコパンツで防げば真冬でも行けるんじゃ?って思います(今も冬か・・・)。
ダウン&フリースもコモコパンツで、床に寝転んで昼寝だの夜寝だのしましたけど、結構大丈夫でした。
石油ストーブの力で偉大~。
トヨトミのポータブルストーブ、輻射熱で非常に温めパワーが高くて良い仕事します!地味だけど頼れるヤツって感じです。
あと、サーマレストのエアマットは地べたキャンプに心強いギアですね~、たたむとちっこくなるし。地面からの冷えをシャットアウトしてくれるし、柔らかさは程よく腰が痛くならないし。
今は私しか持っていないので、2ヶ月早いけどオットのお誕生日プレゼント(クリスマスプレゼントを通り越して)に買ってあげることにしました!
私のクリスマスプレゼント(←自分だけ)には、冬用シュラフを買ってもらうことに。(酔っ払っていたので覚えているかな?)
5年くらい使った冬用シュラフ、メンテが悪いせいでなんかジメっとしてるような気がして・・・。実際、寝る時に必ずアレルギー症状出るので、きっとシュラフの中でダニが・・・・。。。想像するだけで怖いっす。

あ、それから今回もケシュアのテント、インナーテントの内側は結露ゼロでした!フライの内側は少し結露してましたけど、今まで使ったテントで結露が少ないのはモンベルのMoon Lightが一番でしたが、それを凌ぐ?実力だと思います。なんでかなぁ~?狭いし素材は思いっきりチープなテントなのに不思議です。

では、今回は少し写真を編集しましたので、ご覧くださーい。

Image01

Image02

Image03

Image04

Image05


|

2009年11月23日 (月)

朝霧ジャンボリー、久々のテントキャンプ

11月22(日)~23日(月)の一泊2日で久々の・・・なんと昨年末以来のテントキャンプを楽しんできました。
場所はこれまた久々の・・・2年ぶりくらいの朝霧ジャンボリー。
この日を待っていました、なんてったって、New Gearのフィールド実用実験キャンプだったので☆

しかし、この3連休の天気予報は初日と最終日は晴れマークなんんだけど、中日は雨予報。低気圧の関係で間違いなく雨、の事前予報でしたが、フィールド実用実験には雨も必要だろう、という事での決行。
結果的には日曜の夜に雨が降りましたが、弱雨でワンコ達は十分過ぎるほどに遊ぶことが出来ました。


今回のフィールド実用実験は、GO LITEのシャングリラ8、Quechua(ケシュア)2 SECONDS IIIIという名のポップアップテント、そしてテント類に主役を奪われ地味ぃ~にデビュー&活躍したトヨトミのポータブルストーブ(石油ストーブ)はなんと、欧州のRoHS指令対応にも適合!環境に優しいのであーる。
(※RoHS指令:Restriction of Hazardous Substances=危険物質に関する制限)
ちなみにRoHSはローズと読むらしく、ひところ流行したロハスではなーい。

フィールド実用実験にご参加いただいたのはリプルの父さん&リプル&クロエちゃん、人間+黒ラブコンビでした。
フラット2、黒ラブ2の黒ちゃん達も楽しくボールで遊んで、追いかけっこして、地面ゴロゴロして、とても楽しそうでした。
リプルんちのクロエちゃん、足が速い!キャロルが一生懸命追いかけたけど全然追いつきません。

ちょっと面白かったのは、バカだぁ~バカだぁ~と思っていたキャロルも頭を使っているようで、追いつかないクロエちゃんがリプエースの向こう側に走っていった時、追いかけるのではなくリプエースの反対側に回り込もうとしたところ。
でもって、追いかけられるのが楽しいクロエちゃんは、そんなキャロルの先回り作戦とも知らずに、あれ?追いかけてこないの?とひょっこりキャロルとは反対側から顔を出していた場面。
クロエちゃんのきょとんとした顔も面白かったけど、後ろから覗き込まれているのも気づかずに先回りしたつもりで待っているキャロルも笑えました。

あ、それからキャンプ場に到着して、Oサイトを見に行く途中でシロタ家にご対面しました~。
まさかお会いできると思って居なかったのでビックリでございました。アスリート・シロタパパの笑顔が眩しかったです。
そして、設営後のキャンプ場内探索中に、キャバリアのバロンパパファミリー、Cheenaさん、そしてお友達の皆様にお会いすることが出来ました。
バロンパパファミリー&Cheenaさん、お久しぶりでございました。突然お邪魔して申し訳ありませんでした!

という事で、あれこれの編集がメンドーなので、お写真をポンポンポンと掲載いたします~。

取り合えず、3連休という事で広いキャンプ場内がそこそこ混んでいたため、「多目的広場」という運動場に設営。
全くの野趣性、情緒に欠けるフィールドですが、「平ら」で「だだっぴろい」という事は良きことであります。
そして、不ぞろいな???不ぞろい過ぎるテント類の設営完了。

Rimg0585

リプルの父さんに言わせれば「新しい時代の幕開け」、坂本竜馬もビックリな・・・ケシュアのポップアップテントはほんとに設営5分?な手軽さです。で、シャングリラ8の方は、パリっと皺無しで張るにはしばしの熟練が必要ですが、これまた正味ペグ打ち(8箇所)の時間しかかからないのでメチャクチャ設営が楽。
テントとタープの両方で設営自体はせいぜい15分です。
まぁ、ちまちまとテーブル出したりしてるとそれなりに時間かかりますけど、今回は椅子を忘れたので(笑)、選択の余地無く地べたキャンプでした。
でも、シャングリラ8はローチェアじゃないと△な空間に60cm高のテーブルや椅子を入れるのはちと狭いです。

で、シャングリラ8にケシュアのテントをインナーテント代わりに入れる、という「サイズの確認もせずにイメージのみで決めたプラン」は、シャングリラ8が思ったよりも小さいのと、ケシュアのテントが思ったよりも大きいために不発に終わりました。
えぇ、そうなんです。やってみないとわからない、買ってみなくちゃわからない系のB型なのでございます。。。
(全てのBが私のようにアホだと言っているわけではございません!ですヨン)

一度、ケシュアIIII into シャングリアをやってみましたが、入るには入ります。しかし、2本のポールの間にデデーンと鎮座するため、ご飯食べる場所が確保できません。
ので、諦めてテントは外に設営することにしました。我が家は何がなんでもリビングと寝室が直結していたい派ではないので、テント別張りは全然OKなんですが、ケシュア君の最大の欠点は前室が無いに等しいという事です。
雨が激しい時はちょっとツライでしょうね・・・。次回はシャングリア8に入り口だけ突っ込んでみようかと考えています。

ジェミキャロ、こんなだだっぴろい所でのアウトドアは久しぶりなので、はじけ飛んでました。思えば、キャロルのキャンプデビューは朝霧ジャンボリーだったのですが、当の本犬は全く覚えていないと思います。

Rimg0591

Rimg0604

そして、地味なデビューのトヨトミ君。後ろに売れっ子のフジカ様が控えております。我が家の石油ストーブ選定のポイントは、ビブリのキャビンで使う時に壁にピタっと寄せることが出来る方が良いか?って事で、四角いタイプを選んだのでございました。
四角はどうなのよ?って思いましたが、結果的に言いますと背面の銀板が輻射熱効果を発揮するため、かなり暖かな一品であることが判明しました。
他に電池が必要ですが、ワンタッチ着火、着火時にピーっとデジタル音が出るのも、なんとなく安全な気分になったりします。
しかし、調理には向いてません。調理にはやはり天辺の蓋が外れるフジカ様が素晴らしいですね。

取り合えず、石油ストーブが2個にノーススターランタンをつけると、△シェルター内は異様なまでに暖かく、常夏仕様で過ごすことが出来ました。

Rimg0612

ジェミちゃん、ちょっとだけ休憩中。

Rimg0615

ジェミニせんせー、すぐに楽チン&快適な場所を発見。

Rimg0620

二つ折にすりゃーもっと楽チン、なんてことも直ぐに発見。


Rimg0694

上段より、「新しい時代」を撮影。

Rimg0624

グランドキャンプもなかなか・・・です。ミニチュア撮影したわけじゃ、ありませんがミニチュアなヒト&犬。

Rimg0643

ミニチュアモードで撮影すると・・・

Rimg0644

陸の王者、リプエースもミニカー?

Rimg0646

ワンズはウヒョウヒョのウキウキ。

Rimg0657

はたと、テント内の写真撮ってないことに今気づきました。いつも新しいテントの時は必ず撮るのに~。
コールマンの150cm幅のエアベッド入れて、ベッドの縦横の隙間にジェミキャロがすっぽり納まって寝る感じでした。
夕方から夜中まで雨が降ったり止んだりでしたが、テント内は結露無し、快適この上無し。
もしかしたら、フレームが少ない分、外気に接する部分が少ないため、結露しにくいという隠れた利点があるかもしれません!
その点については、次回のフィールド実験で仮説検証をしようと思います。

という事で、長いので次回に続く~(たいした話が残っているわけではありません・・・)。

|

2009年11月14日 (土)

ケシュアのテント買ってみた。

ビブリシーズンも終わり冬到来。巷のキャンプ場も空くし、黒イヌが元気なこの季節はある意味キャンプシーズン到来?
なんとか、テント泊の設営&撤収を目標15分にすべく、キャンプへ行かなかった夏場も妄想&イメトレだけは怠らずにやっていた(ウソ)。
で、とうとう買った、ケシュアを。

ちょっと前に、「誰か先に買わないかなぁ~」とここでボヤいたケシュアのポップアップテント。
大きなスクリーンタープタイプは強度とか、スペース的にテーブルと椅子が入らないのでは?とか、色々と気になる点があるので、取り合えず背が低いから風が強くてもなんとかなるだろう?のポップアップテントを買ってみました!

思ったよりも収納袋の●が大きいのですよーーー。我が家のアテンザ君のどこに載せるんだ?っていうサイズです。

Image01_4

これってポップアップのスクリーンタープタイプの方はもっと●サイズが大きいんだろうか???
それとも●サイズはテントと同じなのだろうか???収納サイズも書いて欲しいな、ナチュラムさん。

You Tubeで見たとおり、本当に一発展開でテントの設営が出来ました。ペグ打ちで直ぐに完了!
二度と畳めなくなるのでは?と危惧しましたが、畳みも結構簡単です。
コールマンのポップアップトイレじゃなかったポップアップエンクロージャーを畳めるヒトなら問題なし。
ってことで、「リプルのとーさん」には無理です(爆)。

4人用のインナールームは210cm×230cmで、人間2+大型イヌ2が寝るだけなら十分のサイズ。
高さは115cmと低めですが、室内が広いせいか?あまり圧迫感は感じませんでした。
エアベッド入れても少し余裕有ります。
写真では良い感じのベージュ系があるのに、4人用は黄緑orグレーの2色しかないようで、迷わずに黄緑にしました。
黄緑が好きなわけじゃー無いんだけど、遭難した時に目立ったほうが良いかと思って・・・(というのもウソ)

あと、冬キャンプで必要な暖かいリビングですが、こちらはシャングリラ8ってのを買ってみました。
黄色が好きなので前々から気になっていたのでした。
今までのギアの中で最速コンビになるはずですが、あれやこれやは実際に使ってみないとわからないので、近々に実地検査予定です♪

あと冬キャン用に我が家もとうとう灯油ストーブ買いました。人気のフジカちゃんでもなければ、フジカちゃん似の丸タイプでもない四角いストーブ。四角四面な我が家にピッタリ???と思ったからではなく、来期ビブリのキャビンで使う時に、四角いタイプだと壁際にストーブを寄せることが出来るのでお部屋で使う時に便利かなぁ~と思って。

丸いと360度ジェミちゃんの尻尾が触れるんでは?と心配ですが、四角ければ前面のみにリスク軽減するんでは?というのも選定ポイントの1つでした。

さて、シャングリラ8の中にケシュアのテントを入れるつもりなのですが入るんだろうか???
実験が楽しみであります!さっそくこの週末にフィールドへ出かけたかったんだけど、会社の後輩結婚式で来週に延期。晴れると良いなぁ~。

|

2009年8月10日 (月)

ポップアップの誘惑

キャンプってね、行かなくなると行くのがすっごく億劫な気分になるの(笑)。
で、ここはやっぱり何か新しいギアでも買うのが一番なんですね~。
だって、フィールドで試してみたくなるから・・・。

億劫なのは、「準備がめんどくせー」とか、「行くのがめんどくせー」とか、「撤収がめんどくせー」とか、
色々あります。でも、行きたいんです、気持ち的には。
で、9月にはまとまった休みも取れるに違いないので、それまでに気分を盛り上げつつ、ネガティブマインドを
打破しなくてはなりません。
で、せめて「撤収がめんどくせー」を少しでも楽にする方法は???

キャンプ場について、30分以内に全て完了出来るソリューションは無いのか???と思い、ずーっとずーっと
「ポチろうか、どうしようか・・・・」と迷っているのがコレ。

ポップアップシェルターは、210cm×210cmなので、これ1つだとキッチンとテーブルの両方は無理ですね。
ってことは、2個買って連結ですね、ついでにポップアップテントも買って連結すると楽しそう~。
でもなぁ~、去年も黄色いテント買っちゃったし、それにやっぱりポップアップモンって風に弱いですよねー。

ポップアップとは言え、シェルターの方は9.4kgもあるのです。これってリビシェル(より軽いけど)級ですよ。
見た目ライト&ファストだけど、実際にはヘビー&ファストなのです。
あぁ、どうしようかなぁ~。誰か先に買ってくれないかなぁ~(笑)。

|

2009年1月10日 (土)

ランドロック、どうなの?

昨日、金曜日はフラットなお友達と新年会で深夜の1時頃まで飲み食いして自宅に戻りました。
最近、タクシーでもSuica使えるんですねぇ、携帯Suicaでピピっと払えるのは非常に便利でした。

で、その飲み会時に「BE-PALでリビシェルの大きいやつ出てたわよ」と教えて頂き、さっそく本屋へ。
最近、すっかりこういった世事に疎く、教えてもらってワクワクしていた特集の出ているBE-PALは
とっくに旧号となってしまっていましたが、新号にも出てましたよ、広告ですが・・・。

Image02_2

なるほど~。確かに大きいですね。
リビシェルLというよりは、別モノです。

でも、骨組みを見ると、要はリビシェルにプラス1本フレームが多いだけで設営は簡単そう。
ふーむふむ・・・。
インナーテントは、オトナ2人、大型犬2匹の我が家的には大き過ぎます~。
でも、これ1個ドーンと張れば、あとは不用なところが良いですね、、、。
大は小を兼ねるというし・・・。

夏場もリビシェルよりは涼しそうな???気がしますが気のせいでしょうね(笑)
今まで投資したリビシェルのオプションモノは一切使えなさそうなのが素敵☆

でも、オプション類をあれこれつけるよりは、これ1個ドンと建てるほうが男らしいですね。
あ、私が男らしさを追求する事はないのですが・・・。

重量22キロ、、、さすがです。

でも、欲しいかも~~~~。
今シーズンはリビシェルを新しくしようと思っていたので、どっちにするか検討中です。

|