お出かけ

2009年12月28日 (月)

沖縄までふらふらふらっと・・・な。

12月19日の日記でございます。
定期的且つゲリラ的に、日帰りで行く飛行機の旅、第三弾。ターゲットは沖縄だ!ってことで、今年の東京は去年より寒い!と信じる我が家は、南国を目指したのでありました。
飛行機の中でトイレへ行った際、トイレ脇の小窓から景色を見ると、なんと富士山の真上を飛行中。おぉ~!と慌てて自席に戻ると、翼が邪魔していたのでした。

Rimg0793

しかし、改めて地図を見てみると、沖縄って遠いですね~、もはや台湾の方が近いのでは???

行きは7時55分羽田発10時40分那覇着、帰りは20時那覇発22:10東京着です。
が、帰りはなんと1時間半で東京まで着いてしまって、「やれば出来るじゃん!」なのでございました。
3時間弱で見えてきた沖縄本島、沖縄へ行くのは23年ぶり、オットは初沖縄です。

Rimg0797

沖縄へ行こうと言い出したのは私なので、私がじっくりと現地調べをしておけば良かったのですが、年末進行で何かと仕事が忙しく、行き当たりばったりの旅でした。沖縄って細長くて空港からどこへ行くにも結構遠いんですね、しかも、日本一長寿な県だからか?とっても運転がのんびりしていて、渋滞しっこないような道や交通量にも関わらず、やたらとノロいもんで、40キロの距離に2時間どっぷりかかったりするのでした。
という事で、第一候補だった「沖縄美ら海水族館」は行くのに3時間弱を要するため、水族館滞在時間が2時間程度しか取れないために断念。

で、伊計島という島を目指したのでした。海の上を越えていく橋があるし、気持ち良いのではなかろーか?ということで。
そんな準備不測な中でも、オットが昼食に決めていた店が、こちら。
「港湾労働者那覇埠頭休憩所」の隣にあるお食事処「波布(はぶ)」です。

Rimg0806

なんでも港湾労働者の強い見方なお店なんだそうで、「大盛りの店」として沖縄では知る人ぞ知るようです(そりゃ、知る人ぞ、ですよねー)。実際、店内には港湾で働いている方々に混じって、家族連れやら若いカップルなんかも多かったです。
オットが注文したのは、どーんと大盛りの「ゴーヤちゃんぷるー定食」(写真無し)、私は港湾系の方からなんとなくジロジロ見られているよーな???「なんだ、この中途半端なおばちゃんは?」的な視線を無視しながらも、ここは一発、とんかつ定食ですよ!

Rimg0808

あぁ、どうして「とんかつ定食」または「カツ丼」しか注文できないオンナなのでしょう、、、。この定食、かなり薄いお肉のとんかつが2枚、ご飯は軽く3膳分か?って感じでした。唯一、沖縄なのはお味噌汁の代わりに、ソーキそばだったことくらいでしゅ。。。
薄めのトンカツを2きれ食べた段階では、「余裕、絶対に全部食べれる!」って思ったのですが、一枚目を完食する頃には、豚肉についている胡椒すらしつこいような???衣の油でもう無理っ!な状態に。。。
ご飯も3分の1しか食べられなかったし、マカロニサラダも残しちゃったし、ごめんなさい!だったのでした。
でも、これで「普通」サイズなので、食べれないのを承知で大盛りにしているわけでもなく、致し方ないのでした。

というわけで、沖縄上陸するやいなや、「気持ちわるいぃ~」ほどにお腹一杯な私。その後は、車に揺られること1時間くらいで到着した伊計島です。伊計島は地図の「うるま」というところにあります。

Rimg0815


大きな地図で見る

うるま付近の地図を拡大すると、本島から「10」という道が海の上を走っているのが分かります。実際には浜比嘉島にも橋がかかっていて、伊計島と浜比嘉島の両方へ渡ってみました。


大きな地図で見る

で、この10号の海の上を走る道からは、こんな景色が見えました。パラサーフィンって言うんですね、知りませんでした~。ものすごい強風だったのですが、すんごいスピードで縦横無尽に海をシャーっと進んでおりました。
実際に車の中から見ているだけでも、かなりの迫力でした。サメとか、、、居ないのでしょーか。。。キョワい。

Rimg0822

いよいよ伊計島へ渡ります。戻ってきてから調べましたところ、伊計島は人口300人なんだそうです。しかし、島でほとんど人を見ませんでした。6人くらい???

Rimg0825

この島に限らず、沖縄の海は砂が白いということもあり、本当に綺麗なエメラルド色で、ジェミキャロがキャーキャー言いながら海へ向かって爆走する姿を妄想してしまいます。

Rimg0836

近ければねぇ~、連れてきてあげたいですね~。

Rimg0845

あ、そーいえば沖縄では犬をほとんど見ませんでした。那覇空港からレンタカー屋さんへ行く途中で、ゴールデン2頭とお散歩しているおじさん以外は、Mixちゃんを1頭見ただけ。犬、少ないのでしょうかね。

Wikiで伊計島の主な企業を調べると、ビッグタイムリゾート伊計島、沖縄サーキット伊計島、離れVillaとあります。
が、我々は伊計島でこんな会社を発見しました!電話は無いのかも?

Rimg0861

季節外れだからなのか?本当に那覇空港からレンタカーに乗って出発以来、歩道を歩いている人をほとんど見ませんでした。でも、ファミマなんかに入ると中に人は居る、、、、。みなさん車なんでしょうかね。
ファミマでは、「1ドル90円」ってレジに書いてあって、ドル札使えるのぉ~?と驚いたのでした。空港にDuty Freeあったし、ね。

ほとんど、観光らしい観光をしませんでしたが、沖縄パパイヤ組合のすぐ近くに、小さな遺跡があるのでした。
仲原(なかばる)遺跡といいまして、ナビに出ていたので立ち寄ったら、私的にはものすごく気に入ったといいますか、やや神秘な空気を感じる場所でした。
仲原遺跡は縄文時代晩期から弥生時代前期の縦穴式住居なんだそうです。確か、弥生時代になると石器から土器へ移行したんでしたっけ???住居も高床式に移行したんだったっけ???小学校の社会で習ったけどすっかり忘れました。

Rimg0862

<木々に囲まれてぽっかりと縄文時代が残る不思議な空間>

Rimg0863

<すっごく背の低い住居>

Rimg0867

<お家の中も結構狭い>

Rimg0869

なぜ、こんなに背の低いお家だったのでしょう???縄文時代の人は今より背が低かったのかもしれませんが、もしかしたら台風が来るから背を低く土を掘って住居にしたのかしら???

Rimg0872

<キャンプするのに絶好な平らな場所なんですが・・・>
というか、お家借りちゃう???というのは上段で、あちこちに「ハブ出ます」って書いてあるし、なんか怖くて中には入れません(っていうか、入っちゃダメです)。何が神秘的だったかというと、なんちゅーか、魂が残っている場所のような、そんな感じがしたのです。

Rimg0885

この後、浜比嘉島へ渡ると、そこは伊計島よりもリゾート感の無い漁村でした。もずくの直売とかやってましたが、定食屋さんの看板メニューには、なぜか「さんまの刺身」とありました。沖縄はさんま獲れないようで、冷凍さんまでしょーか???
伊計島が基本、リゾート系なのに比べて浜比嘉島は漁村、よって民家がたくさん有るのですが、そこは迷路の島、ミコノス島ような???車一台がようやく通れるような細い道と、台風避けなのかブロック塀で四方を囲った沖縄古来のお家が密集しているのでした。そして、やはり人が全然居ない。みんなお家の中に居たのぉ~?

そして、那覇市を目指すものの、途中で猛烈な睡魔に襲われ、山田電気の駐車場で1時間ほど爆睡夫婦。
あっという間に夕方になり、空港側で木の上のレストランを発見し夕食すべく突撃。

Rimg0892

シーフードのお店ってことでしたが、メニューはお肉の方が多かったです。ここでようやくアグー豚を食し、夜景撮影。

Rimg0902

今回の沖縄旅行、最後のお店だけワタクシのおごりでございました。オットはこの後、空港でさらにA&Wっていう沖縄にしかないハンバーガーショップでハンバーガー食べておりました(驚)。

かくなる沖縄ふらふらふらっとな旅は終了です。次回はどこへ行く、日帰りの旅???

|

2009年9月19日 (土)

南国土佐、鰹ランチの旅

またまた、オットのマイレージの期限切れが迫っていたので、「飛行機で行くお昼ご飯ツア」を決行しました。
今回は9月5日の土曜日。
場所は南国土佐。お昼ご飯に「鰹のたたき」を食べに行ったのでした~。
楽しかった、美味しかった。そしてとてもステキなところでした。
お城有り、美しい山河有り、青い海有り。
また行きたいです。

Image01


Image02


Image03


Image04


Image05

Image06


Image07


Image08


|

2009年1月 4日 (日)

1月2日は実家の日

毎年、1月2日は実家でお節料理を頂く、というのがほぼ定例化しております。
今年はオットも同伴で久しぶりに実家へ行きました。
我が家から実家までは電車で15分弱ですが、日常は「仕事&犬」でほとんど実家に寄り付かない
親不孝で無愛想な娘です。。。
がしかし、71歳の母は母でゴルフに麻雀とお友達と楽しくやっております。

実家の近所には弟ファミリーが住んでおりますが、姪っ子も甥っ子もほぼ1年ぶりに会えば背が伸びて
いてビックリします~。
一番下の姪っ子は2000年5月生まれでジェミニと同い年です。

毎年、お節は母があれこれと工夫したお節は1年の中で1つの楽しみになっております。
私がお節を一切作らないので、母のところで食べないとお節が食べられないのです~。

毎年、お節料理の写真を撮っているので、「現像してくれ」って母に言われているのですが、
未だに1枚も現像してません。^^;;
まとめて、今年こそはアルバムにして送ってあげようと思っております。

Image01

実家と言っても私が育った家では有りません。私が育った家は今の実家から徒歩5分くらいの場所に
あるのですが、今は母一人でマンションに住んでます。
10Fなので、見晴らしが良いです。生前の父も見晴らしの良い景色を”最初だけ”気に入ってました(笑)。

Img_2864

Img_2867

実家のご近所さんのシロタ君家なら、どこから撮った風景だか分かるかな???^m^

|