キャンプ

2010年3月23日 (火)

森のまきばでキャンプ

3連休の週末、1泊2日でしたが、2ヶ月ぶりにキャンプへ行ってきました。
場所は「森のまきばオートキャンプ場」、自宅から57キロと近いのが魅力のキャンプ場。
黒ラブのリプル&クロエちゃんと一緒にのんびりとした時間を過ごしました。

今日はi phoneで撮った写真を中心に。i phoneにトイカメラ風にとれるアプリをダウンロードしておりまして、そのアプリを使って写真を撮ると、なんちゃってLOMO風に撮れるのが楽しいです。
が、キャンプ先であれこれi phoneで遊んでいたら1日でバッテリーが無くなってしまいました。。。

3月21日(日)、朝7時に出発する予定で起きると、外は猛烈に吹き荒れる強風の嵐。レインボーブリッジもアクアラインも閉鎖中。これでは森のまきばオートキャンプ場へ行くことができない!でもって、土曜日は仕事だったこともあり、疲れが残っている。。。そんなダルい朝というものは「無理してキャンプ行かなくても良いじゃん。。。」モードになるのです。で、リプルんのパパから、10時にキャンプ場に電話して様子を確認しましょう!とのメールで、再び2度寝。

その後天気はどんどん回復しs、朝の9時半時点でアクアラインも再開していたため、キャンプへ出発。
10時半に出ても、自宅から57キロの距離というのは非常に気楽。ただし、アクアラインが安くなったので、以前のように1時間で到着!とはいかなくなりました。

天気回復と言っても、空は雲に覆われてアクアラインの横風がすごかったです。

I_phone_039

キャンプ場に到着、電源サイトはびっしりとテントが張られ、牧草エリアも風が避けられそうな場所には先客有り。
以前一度カーサイドリビングを車に装着して車中泊した時に、カーサイドリビングが夜中にぶっ飛んだ強風エリアにとりあえず陣取り、リプル家が到着するのを待ちます。

I_phone_033

すり鉢状になった地形のキャンプ場。一番端の丘の上は見晴らしが良く風が無ければ大型犬連れがのんびりするのに絶好の場所なのですが、いかんせん風がすごい。果たしてここに他ーぷが張れるのか???
写真はなんとなくのどかな感じですが、椅子が風でひっくり返りました。

もともと牧場だったキャンプ場、春はあちこちに訪れてました。

I_phone_025

久しぶりのキャンプで、ジェミニもキャロルも大喜び~♪

Img_0267

Img_0268

一度、リプル家のMSRパビリオンを張ろうとしたのですが、強風でペグがすっ飛ぶ始末。夕方、風が止むまで他ーぷ張らずにリプエース(ワイド&ロングのハイエース)の影でコーヒー飲んだりお昼食べたりしていたのですが、すり鉢状の一番低いエリアは、風もあまり強くないようだったので移動を決意。
なかなか気持ち良い広さのドッグランにも近い場所なので、そこにタープを張ることにしました。

I_phone_056

リプル家はニワドーというポーランドのコンパクトトレーラーを引っ張ってきたので、我が家はテントを張らずにリプエースのベッドで就寝作戦。ここのところ、このパターンで楽させていただいております。
リプエース、バッテリー搭載でヒーターも入るので、寝る前に車暖めておけば、断熱材効果もあいまってホントに快適な睡眠につけるのです。

これがリプル家のコンパクトトレーラー、ニワドー。我が家も一度、衝動買いしそうになったトレーラーです。

I_phone_022

ドッグランは広々としていて、キャロルは思う存分にボール遊びを堪能しました。リプルとジェミニもそれなりに走り回っていたけど、クロエちゃんはドッグランだとつまらないらしく、ボォーっと遊ぶ犬達を見ておりました(笑)。

夜は我が家の食材バイヤーが調達した宇都宮の餃子60個を、スノピの剛炎でパリパリっと焼き上げ、リプル家のシチューとともに頂きました。60個の餃子も4人で食べれば一人15個。ほどよくお腹一杯(食べすぎ?)、満足な夜でございました。

I_phone_035

それにしても、ここにきてグググーンと陽も長くなりましたね、夕方には荒れ吹いた風もピタリと止まり、静かな夕暮れになりました。

I_phone_026

森のまきば、と言えばサイロがトレードマーク、夕日がサイロの後ろに沈んでいきます。

I_phone_051

一泊2日のショートステイでしたが、2日目には富津までアナゴを食べに行き、ジェミキャロは少しだけ海で泳ぎ、フルコースキャンプだったので、大満足な週末だったと思います。
コンデジでも一杯お写真撮ったので、また日を改めてお写真をアップします。

| | コメント (2)

2010年1月11日 (月)

朝霧お気楽キャンプ隊

年越しキャンプに続いて2週連ちゃん、今季3度目の朝霧ジャンボリー。
我が家から朝霧ジャンボリーは東名アクセスなので、渋滞時間を避ければ片道2時間弱(飛ばしてます・・・)。
中央高速アクセスのキャンプ場に比べて精神的な距離が近い。
に、加えて冬キャンは雨降らない、暑くない、空いていることが素晴らしい!寒いけど。

Jpg_127

今回の2泊3日キャンプは年越しに続いてリプル家と共に、人間4人、黒犬4匹ですが、構成比は男子率37.5%、女子率62.5%。

寒い冬キャン、ついついタープの中でまったりしがち、ってことで「何食べる?」系の話題が会話に占める比率が上昇、体重も上昇中。。。

リプルん家のBlogの「絶品お取り寄せキャンプ」に美味しいご飯のお写真が出てますので、是非、ご覧下さい。
写真がかぶらないように(少しかぶる)、サクっとキャンプの様子をアップします。

続きを読む "朝霧お気楽キャンプ隊"

|

2010年1月 3日 (日)

牛から寅へ!年越し朝霧キャンプ

皆様、明けましておめでとうございます!
いよいよ2010年がスタートしました。
今年も1年、この拙いブログをご覧頂いている皆様にとって
ご多幸の1年となりますように!!
我が家的には、家族揃って1年を元気に過ごすことが目標です。
今年も1年、よろしくお願いいたします。

我が家はリプル家と共に12月30日から2泊3日で、年越しキャンプをしてきました。
そして、久しぶりのヴィッキー家がトレーラー引っ張って、ぴーこちゃんのお母さんも一緒に家族総出で12月31日から一泊で登場。ジェミニは1年半ぶりにヴィッキーと遊べて楽しそうでした。ヴィッキーも相変わらずの元気一杯で可愛かったです。

場所は朝霧ジャンボリー、新年をキャンプ場で迎えようとされる方で、そこそこ賑わっておりました。
毎晩、気温はマイナス8度前後まで下がりましたが、今回はリプル家新調のランドステーションに灯油ストーブを2個入れて、基本的にタープ内はヌクヌクでした。

初日こそ、自分ちのテントで寝ましたが、朝方はシュラフから出ている顔が寒くて、シュラフの中に顔を突っ込んで寝ました。朝の5時頃に目が覚めてからひたすら太陽が出るのをテントの中で待ちわびました。
という事で、2日目はとっととテントを撤収し、自作キャンカー仕様のリプエースで家族揃って就寝させていただきました。
リプル家はリプエースでトレーラー引っ張ってきたのでまさに「鬼に金棒」でした。

富士山では不幸な事故がありましたが、朝霧も富士山から吹き降ろしの強風が時折、荒れ狂ったように吹き荒れ、なんと!新調したランドステーション(L)のポールを射している部分を中心に、ビリバリに引き裂けました。
撤収日の出来事だったので、事なきを得ましたが、これがマイナス突入中の夜に起きていたら?もしも土砂降りの雨だったら?と考えると笑えません。

久しぶりにイチデジブームが少しだけ戻ったワタクシ、今回のキャンプはひたすら犬写真を撮りました。
腕がねぇ、、、まだまだですが、今年は三脚買おうと決めました!(えっ、遅い?)

↓の写真は12月31日、キャンプ場にララジル家とジーク家が遊びに来てくれた時の1枚です。富士山の頂上には雲がかかってますが、青空が抜けるように綺麗でした。
でも、この青空が出るちょっと前まで小雪がちらつく北風が寒い1日でした。

Jpg_089

写真は左からジーク、キャロル、ジェミニ、クロエ、リプル、ララ、ジルバ(敬称省略)

このあと、ひたすら犬写真の羅列ですが、ご興味のある方は覗いてみてくださーい。

続きを読む "牛から寅へ!年越し朝霧キャンプ"

|

2009年11月29日 (日)

2週連チャンの朝霧ジャンボリー

先週、久しぶりのテントキャンプが楽しかった我が家。
やはり週末アウトドアの開放感&リラックスは、ヒトにもイヌにもたまらなくリフレッシュ効果抜群!ってことで、今週も出動しました。
我が家から東名高速の用賀ICまで5分くらいなので、東名でアクセスできるキャンプ場はやっぱり楽チン。
予定よりも若干寝坊したものの、朝7時半に出発して足柄SAで朝食食べて富士宮のマックスバリューで食材調達なんぞして、キャンプ場到着が10時半。
ジェミキャロにしてみれば「ノンストップで行けよ~」って思っているに違い有りません。

今回は朝霧ジャンボリーか付近の別のキャンプ場にするかで悩みましたが、慣れてるところでのんびりする方が良いので、2週連続で同じキャンプ場となりました。
朝霧界隈、冬場はかなりの強風が吹く夜もあるので、ケシュアのテントが強風に耐えるのか若干心配ではありましたが、背が低いので大丈夫だろう、と予想。
実際、土曜の夜は9時過ぎ頃から風が出始めて、寝ている間にかなりの強風が吹いたようです。
(朝、起きたらシャングリラ8の中のテーブルの上のコーヒーカップなどが倒れていたらしく、風に幕帯が煽られたことが判明しました。)
ケシュアのテントも風で時折揺れてましたが、フレームが柔らかいので風で天井がふにゃーっと迫ってくることはあっても、飛ばされたり潰れたりすることは無さそうです。
が、背の高いBASE SCONDっていうタープタイプは風に弱いかも・・・と思いました。

シャングリラ8はマッドスカートが着いていないので、風が入ってきますが、その風のお陰なのか?結露はほとんどしません。タープ内で石油ストーブつけていると、立ち上がったらクラクラするほどに暖かいです。
あまりにも暑くなるので、コールマンのノーススターを途中で消したほどでした。
足元のスースーは、ブーツやモコモコパンツで防げば真冬でも行けるんじゃ?って思います(今も冬か・・・)。
ダウン&フリースもコモコパンツで、床に寝転んで昼寝だの夜寝だのしましたけど、結構大丈夫でした。
石油ストーブの力で偉大~。
トヨトミのポータブルストーブ、輻射熱で非常に温めパワーが高くて良い仕事します!地味だけど頼れるヤツって感じです。
あと、サーマレストのエアマットは地べたキャンプに心強いギアですね~、たたむとちっこくなるし。地面からの冷えをシャットアウトしてくれるし、柔らかさは程よく腰が痛くならないし。
今は私しか持っていないので、2ヶ月早いけどオットのお誕生日プレゼント(クリスマスプレゼントを通り越して)に買ってあげることにしました!
私のクリスマスプレゼント(←自分だけ)には、冬用シュラフを買ってもらうことに。(酔っ払っていたので覚えているかな?)
5年くらい使った冬用シュラフ、メンテが悪いせいでなんかジメっとしてるような気がして・・・。実際、寝る時に必ずアレルギー症状出るので、きっとシュラフの中でダニが・・・・。。。想像するだけで怖いっす。

あ、それから今回もケシュアのテント、インナーテントの内側は結露ゼロでした!フライの内側は少し結露してましたけど、今まで使ったテントで結露が少ないのはモンベルのMoon Lightが一番でしたが、それを凌ぐ?実力だと思います。なんでかなぁ~?狭いし素材は思いっきりチープなテントなのに不思議です。

では、今回は少し写真を編集しましたので、ご覧くださーい。

Image01

Image02

Image03

Image04

Image05


|

2009年11月28日 (土)

朝霧ジャンボリー、久々のテントキャンプ(3)

盛り上がりも無いまま、いよいよ最終章。

雨予報だった連休最終日、朝の6時半頃は霧の中だったようです。

Rimg0724

既にリプル家は起床済み、オットもジェミキャロとともに起床。ワタクシはキャンプの朝は最低でも8時まで寝ると決めておりますので・・・。テントの中から「ご飯炊いておいて~!」と外に向かって一声かけたあとは再び夢の中へ。

Rimg0725

私が目覚める頃にはすっかり霧も晴れ、力強い冬の太陽が眩しかった。

Rimg0726

パリっと張るには???

Rimg0730

ワンコ達は朝から元気、元気。

Rimg0749

リプルとジェミニと富士山。

Rimg0756

ジェミちゃん、ご機嫌さん。初日に走りすぎでバテるんでは?と思ったけど、しっかり体力温存しておりました。

Rimg0759

むしろ加減を知らないキャロルの方が遊びすぎで戻ってきてからのダルダルぶりがすごかったです。
ジェミちゃんの方はキャンプから戻っても元気すぎて、ご飯だ、散歩だと要求激しくて大変っすー。

ということで、ヒトもイヌの久しぶりのキャンプを堪能いたしました!
今年は完全に出遅れた我が家でしたが、年末に向けてGo Fight ☆

|

2009年11月27日 (金)

朝霧ジャンボリー、久々のテントキャンプ(2)

ずーっと曇り時々雨の天気でしたが、夕方の一時、富士山が姿を現しました。
多目的広場のグラウンドからは、大きな富士山が見えることを初めて知りました。

Rimg0686

日頃の運動不足解消を狙って場内散策、キャンプ場を半周ほどうろつきました。

Rimg0669

本日のお酒~。と言ってもリプルのとーさんも私もほとんど飲めないので、オットのお楽しみの数々です。
SASSICAIAのぶどうで作ったブランデーGRAPPAは、前日にふらりと立ち寄った酒屋でオットが発見し、どーにも我慢できずに買ったお酒。
なんとも瀟洒なボトルであります。美しい。

Rimg0699a_2

そしてこちらは、どぶろく?ならぬ密造酒をきどったお酒なのだとか。。。ラベルに「Less than 30 days」と書いて有ります。
すなわち、作ってから30日以内ってことでほとんど熟成期間無しなのは、密造なので作ったそばからどんどん飲んでいくってことなんだそーです。これが、ことのほか効いたようで、実際にはGRAPPAまで行かずに、どぶろくで打ち止めとなったオットだったのでした。
Cheezaっていうスナックは、まさに「まるでチーズ」☆
クセになりそうなスナックでございます。

Rimg0703

オチビちゃんズはクレート。クロエちゃんのクレートにキャロルも入れていただき休憩中。
以前も一緒にキャンプした時に、クロエちゃんのクレートに同居させて貰ったキャロルなのでした。
クロエちゃん、ありがとー♪

Rimg0705

朝、9時前に到着していたので長い1日でした。ほんの僅かな時間、富士山の周りの雲が消えました。
グランド奥は、ランドクルーザー愛好会(?)のオフ会の方々がライト点灯。
多目的広場なだけに、色々なのでございます。

Rimg0712

これも、前日の酒屋で買ったビール。30年ものの方はビックラするようなクリーミーなビールで激うま。
40年ものという比較物が無ければ、18年ものも実に旨いビールです。

Rimg0716

さて、夜は鍋料理にしました。肉無し、魚と白菜、春菊、きのこ、ねぎ、マロニーちゃん、豆腐のうるとらヘルシー鍋。最後にご飯とどっちゃりタラコを入れて雑炊にする予定が、たらこを忘れてチン。

Rimg0719

次回につづく。(引っ張るつもり無いんですが、根性無くて一発でアップできましぇーん)

|

2009年11月23日 (月)

朝霧ジャンボリー、久々のテントキャンプ

11月22(日)~23日(月)の一泊2日で久々の・・・なんと昨年末以来のテントキャンプを楽しんできました。
場所はこれまた久々の・・・2年ぶりくらいの朝霧ジャンボリー。
この日を待っていました、なんてったって、New Gearのフィールド実用実験キャンプだったので☆

しかし、この3連休の天気予報は初日と最終日は晴れマークなんんだけど、中日は雨予報。低気圧の関係で間違いなく雨、の事前予報でしたが、フィールド実用実験には雨も必要だろう、という事での決行。
結果的には日曜の夜に雨が降りましたが、弱雨でワンコ達は十分過ぎるほどに遊ぶことが出来ました。


今回のフィールド実用実験は、GO LITEのシャングリラ8、Quechua(ケシュア)2 SECONDS IIIIという名のポップアップテント、そしてテント類に主役を奪われ地味ぃ~にデビュー&活躍したトヨトミのポータブルストーブ(石油ストーブ)はなんと、欧州のRoHS指令対応にも適合!環境に優しいのであーる。
(※RoHS指令:Restriction of Hazardous Substances=危険物質に関する制限)
ちなみにRoHSはローズと読むらしく、ひところ流行したロハスではなーい。

フィールド実用実験にご参加いただいたのはリプルの父さん&リプル&クロエちゃん、人間+黒ラブコンビでした。
フラット2、黒ラブ2の黒ちゃん達も楽しくボールで遊んで、追いかけっこして、地面ゴロゴロして、とても楽しそうでした。
リプルんちのクロエちゃん、足が速い!キャロルが一生懸命追いかけたけど全然追いつきません。

ちょっと面白かったのは、バカだぁ~バカだぁ~と思っていたキャロルも頭を使っているようで、追いつかないクロエちゃんがリプエースの向こう側に走っていった時、追いかけるのではなくリプエースの反対側に回り込もうとしたところ。
でもって、追いかけられるのが楽しいクロエちゃんは、そんなキャロルの先回り作戦とも知らずに、あれ?追いかけてこないの?とひょっこりキャロルとは反対側から顔を出していた場面。
クロエちゃんのきょとんとした顔も面白かったけど、後ろから覗き込まれているのも気づかずに先回りしたつもりで待っているキャロルも笑えました。

あ、それからキャンプ場に到着して、Oサイトを見に行く途中でシロタ家にご対面しました~。
まさかお会いできると思って居なかったのでビックリでございました。アスリート・シロタパパの笑顔が眩しかったです。
そして、設営後のキャンプ場内探索中に、キャバリアのバロンパパファミリー、Cheenaさん、そしてお友達の皆様にお会いすることが出来ました。
バロンパパファミリー&Cheenaさん、お久しぶりでございました。突然お邪魔して申し訳ありませんでした!

という事で、あれこれの編集がメンドーなので、お写真をポンポンポンと掲載いたします~。

取り合えず、3連休という事で広いキャンプ場内がそこそこ混んでいたため、「多目的広場」という運動場に設営。
全くの野趣性、情緒に欠けるフィールドですが、「平ら」で「だだっぴろい」という事は良きことであります。
そして、不ぞろいな???不ぞろい過ぎるテント類の設営完了。

Rimg0585

リプルの父さんに言わせれば「新しい時代の幕開け」、坂本竜馬もビックリな・・・ケシュアのポップアップテントはほんとに設営5分?な手軽さです。で、シャングリラ8の方は、パリっと皺無しで張るにはしばしの熟練が必要ですが、これまた正味ペグ打ち(8箇所)の時間しかかからないのでメチャクチャ設営が楽。
テントとタープの両方で設営自体はせいぜい15分です。
まぁ、ちまちまとテーブル出したりしてるとそれなりに時間かかりますけど、今回は椅子を忘れたので(笑)、選択の余地無く地べたキャンプでした。
でも、シャングリラ8はローチェアじゃないと△な空間に60cm高のテーブルや椅子を入れるのはちと狭いです。

で、シャングリラ8にケシュアのテントをインナーテント代わりに入れる、という「サイズの確認もせずにイメージのみで決めたプラン」は、シャングリラ8が思ったよりも小さいのと、ケシュアのテントが思ったよりも大きいために不発に終わりました。
えぇ、そうなんです。やってみないとわからない、買ってみなくちゃわからない系のB型なのでございます。。。
(全てのBが私のようにアホだと言っているわけではございません!ですヨン)

一度、ケシュアIIII into シャングリアをやってみましたが、入るには入ります。しかし、2本のポールの間にデデーンと鎮座するため、ご飯食べる場所が確保できません。
ので、諦めてテントは外に設営することにしました。我が家は何がなんでもリビングと寝室が直結していたい派ではないので、テント別張りは全然OKなんですが、ケシュア君の最大の欠点は前室が無いに等しいという事です。
雨が激しい時はちょっとツライでしょうね・・・。次回はシャングリア8に入り口だけ突っ込んでみようかと考えています。

ジェミキャロ、こんなだだっぴろい所でのアウトドアは久しぶりなので、はじけ飛んでました。思えば、キャロルのキャンプデビューは朝霧ジャンボリーだったのですが、当の本犬は全く覚えていないと思います。

Rimg0591

Rimg0604

そして、地味なデビューのトヨトミ君。後ろに売れっ子のフジカ様が控えております。我が家の石油ストーブ選定のポイントは、ビブリのキャビンで使う時に壁にピタっと寄せることが出来る方が良いか?って事で、四角いタイプを選んだのでございました。
四角はどうなのよ?って思いましたが、結果的に言いますと背面の銀板が輻射熱効果を発揮するため、かなり暖かな一品であることが判明しました。
他に電池が必要ですが、ワンタッチ着火、着火時にピーっとデジタル音が出るのも、なんとなく安全な気分になったりします。
しかし、調理には向いてません。調理にはやはり天辺の蓋が外れるフジカ様が素晴らしいですね。

取り合えず、石油ストーブが2個にノーススターランタンをつけると、△シェルター内は異様なまでに暖かく、常夏仕様で過ごすことが出来ました。

Rimg0612

ジェミちゃん、ちょっとだけ休憩中。

Rimg0615

ジェミニせんせー、すぐに楽チン&快適な場所を発見。

Rimg0620

二つ折にすりゃーもっと楽チン、なんてことも直ぐに発見。


Rimg0694

上段より、「新しい時代」を撮影。

Rimg0624

グランドキャンプもなかなか・・・です。ミニチュア撮影したわけじゃ、ありませんがミニチュアなヒト&犬。

Rimg0643

ミニチュアモードで撮影すると・・・

Rimg0644

陸の王者、リプエースもミニカー?

Rimg0646

ワンズはウヒョウヒョのウキウキ。

Rimg0657

はたと、テント内の写真撮ってないことに今気づきました。いつも新しいテントの時は必ず撮るのに~。
コールマンの150cm幅のエアベッド入れて、ベッドの縦横の隙間にジェミキャロがすっぽり納まって寝る感じでした。
夕方から夜中まで雨が降ったり止んだりでしたが、テント内は結露無し、快適この上無し。
もしかしたら、フレームが少ない分、外気に接する部分が少ないため、結露しにくいという隠れた利点があるかもしれません!
その点については、次回のフィールド実験で仮説検証をしようと思います。

という事で、長いので次回に続く~(たいした話が残っているわけではありません・・・)。

|

2009年11月14日 (土)

First & Last Vi-Bridge 2009

10月31日-11月1日、ようやく、2009年の初ビブリ&ラストビブリの一泊を達成!でした。
その前週にも、所要で甲府へ出たついでに据え置きトレーラーを月極で置くことが出来る100坪のレンタル土地なんかを見に行って、そこがビブリから近かったので、さらにビブリへ立ち寄って一時間くらい遊んだので、一応2週連続(笑)。

すっかりアウトドア軟弱派となってしまったワタクシ、ビブリちょい手前の大泉界隈にて、据え置き型トレーラーライフを夢見たのですが、現地視察の結果は「妄想と現実のギャップ」が大きく断念したのでありました!

しかし、どーにもこーにも一泊のためにリビシェルを出す気になれず。あの長いポールを組み立てるのが面倒臭い。
ってことで、今回はキャビンにお泊り致しました。やっぱりキャビンって楽ちーん。お部屋でストーブヌクヌクがうれしぃー、と再認識。
来シーズンのビブリも、来れて週末の一泊。有休使って二泊、三泊にするのは、まずもってして無理。(人員削減で仕事てんこ盛りなのねん・・・)
そうやって考えると、24時間IN and OUTが自由で到着したら設営も撤収も無いキャビンスタイルが現状の我が家には向いている、と確信しちゃいました。

だからと言ってキャビンを立てる財も無し・・・なので、来年はお気に入りの白樺林のレンタルキャビンを年間で借り切ってしまうことに決定!しちゃいました。据え置き型トレーラーの夢破れ、一方でこのようなひらめきが生まれたのでした。
そーすれば荷物も置きっぱなしに出来るし、金曜の夜出てキャビンで寝てしまえば、朝からジェミキャロはビブリで遊べるし☆

10月31日は、早起きしてビブリへ向かう気力が無く朝寝坊して中央高速が空くであろう昼頃からのこのこと出かけました。乗るまでが混んでるけど、乗ってしまえばスイスイ。3時過ぎにビブリに到着。すぐに暗くなっちゃったけど、とにかく来た!っていう満足感はあり。
この季節にして非常に暖かい1日でした。夜も外気をさえぎるものが無いデッキでご飯食べましたけど問題なし。
夜も深まる頃に、川プールの方から冷たい風がそよぎだしたので、ストーブごとお部屋に入ってバタンキューでした。

Image01_3

Image02_2

Image03

Image04

来年はキャビンに一杯お泊りしよう!
人間も、ジェミニもキャロルもみんな元気に来シーズンを堪能できますように。


|

2009年1月 3日 (土)

2008から2009へ、年越しキャンプ

御殿場の「やまぼうしオートキャンプ場」にて、Gemini家激動の2008年から2009年への年越しキャンプをしてきました。

キャバリアのバロンパパさんと、サクサクっとブツブツ交換取引が決まり、我が家からはMarmotのSwallow
というチビテントを、バロン家からはリビシェルのインナーテント&フルフライのセットを、という非常に嬉しいお取引内容。

いち早くインナーテントを試してみたい!と思いつつ、12月はオットの休みがほとんど壊滅であったため、
イメトレだけ先行したインナーテントwithリビシェルキャンプをようやく決行する事が出来ました。

バロン家からやってきたインナーテントのフルフライは旧色グレー、我が家のリビシェルは旧色ベージュ。
よって、イメトレではフルフライを装着すると、あたかも新色S*P風になるか?と思っていたのですが、
新色というよりはアシュラ男爵???(アシュラ男爵をご存知無くて、どうしても知りたい方はマジンガーZの
アシュラ男爵でお調べください。m(. ̄  ̄.)m)

Image02_2

老朽化が激しい我が家のリビシェルですが、インナーテントはほぼまっさら?な程に新しい!フルフライも
パリ&ツルツルっと雨をたくさんはじいてくれそうな新品感。バロンパパさんに感謝です!

アシュラな旧色×2のコラボレーションですが、なかなか新しい感じで”よろしくってよ”、と思うのは私だけでしょうか?
そういえば、ジェミニの妹のマフちゃん家も、リビシェルSの旧ベージュ&トンネル旧グレーの組合わせな事を思い出しました。
間違ってグレーを買ってしまった!とマフままから聞いた時、強く強く「まだ使ってないんだったら、取り替えてもらいなよ!」
とお薦めしたのを覚えております。。。

Image03

さて、インナーテントちゃんを内部から見るとどんな感じかと言いますと・・・(これも、今さら?な方が多いと思いますけど)
我が家に丁度良い広さのインナーテント。リビシェル内の広さも確保できてとってもとっても気に入りました!夫婦ご満悦で、
「あとは寝てみてどうか?だねぇ~」と話しておりました。
「結露がスゴイ」というウワサでしたので、エアベッドはインナーテントに接触しないように置いてあります。
これでシュラフがテントの結露で濡れることも気にせずにゆっくり寝れるってモンだ!と思ったりしました。

Image04

で、一晩寝てみての感想ですが、やはり結露はインナールームや通常テントと比べると激しいと思われます。
インナーテントの天井部分の一部は通常のインナーテントと同じ素材なのですが、それ以外(フルフライを使用しない時に
むき出しになる部分)は、テントのフライと同素材系となってます。
手で触って確かめてみると、インナーテント素材部分よりも、フライと同素材部分の方がびっしょりと濡れてました。
結露の水滴で床に小さな水溜りが出来るほどなので、かなり激しいです。
しかし、冬場はテント内と外気温の差が激しいので、いずれにしても結露は避けられないし、ベッドが
壁に触れなければ別に問題ないかな?と思いました。

設営も、リビシェルのほかにもう1つテントを組み立てることを考えると圧倒的にインナーテントを吊るすほうが楽チン。
夏場、雨の降る季節にフルフライでどれほど雨露を凌げるのか?が気になりますが、我が家は、インナーテント定番で決定!!
今にして思えば、あれこれテント買わずに最初からインナーテントにしておけば良かった、と思います~。

さて、話はギアからキャンプに戻して、12月31日はララちゃん&ジルバ君、リプル君&クロエちゃんの黒犬友達が
デイキャンでキャンプ場に遊びに来てくれました。

ビブリ以来の再会です。6匹の黒ワン達、仲良く遊んでました。気心知れてる仲間って感じでしょう。キャロちゃんも
その昔はオミソだったけど、随分と遊び慣れて、すっかり「遊び犬」になりました。すっかりコロコロに太ってしまった
運動不足のキャロルは、リプルパパのトレーニングのお供として、キャンプ場界隈を走ってきたようです。

ジっちゃんだけ伏せぇ~。キャロルだけ横ベロォ~。

Image05


そして、そしてhaneちゃんから可愛くて温かいColumbiaの”HEDGEHOG=はりねずみ”という名前の
ショートブーツを頂いちゃいました☆

Image06_3

haneちゃんのアンヨには大きかったそうで、ワタクシのアンヨには登山用靴下でピッタンコでございました
☆☆haneちゃん、ありまとーございます!

んで、御殿場年越しキャンプは2年ぶり?ですが、夜は結構冷えました。夜7時の段階で外は零下2度。
こんなに寒かったっけ?って感じです。我が家は車のスペース的にフジカちゃんのような灯油ストーブは無理なので、
ユニフレームのハンディガスヒーター「ワーム」を使用しています(イワタニのカセット暖はカセットガスの装着に
苦労するのでヤメました)。
カセットガス2本で8時間くらい保つECOなストーブですが、イワタニより暖房力が弱いのです。今回のキャンプ、リビシェル
内にランタン2個つけてるので、立ち上がると温かいけど、座ってると寒い。どうしても温かい空気が上に上がってしまう
ので、気づくとシェル内で夫婦して立ち話しておりました。
立ち話しながら、もう1つワームを買おう!
って事になりました。

そんな寒い夜のご飯は、年末冷凍庫一掃キャンペーン鍋。冷凍してあるお魚をなんでもかんでもお鍋に入れてしまう~、
っていうテキトーな闇鍋です。

Image07

朝ご飯は、もうずーっと前から決まっていました(笑)。鰻のひつまぶしです。

Image08


最後はジェミキャロのお写真で・・・。

Image09

|