« 塩という名のモダンオーストラリアン | トップページ | 週末、犬事、妄想事 »

2009年10月18日 (日)

San Francisco in Autumn

お仕事で2年ぶりのサンフランシスコへ行ってきました。
サンフランシスコまで直行便でおよそ10時間、西海岸は近くて良いなぁ~、直行便は面倒じゃなくて良いな~。
サンフランシスコのダウンタウンは方向音痴の私でもわかりやすくてスキです。
でも、角っちゅー角にスタバがあるので、スタバは目印になりませんっ。

私が参加したITベンダーのワールドワイドカンファレンスには4万人前後の人が集結する一大イベントで、サンフランシスコの街も不景気の中での特需に期待が大きい感じでした。
なんせ、空港の入国審査がものすごくフレンドリーで驚きました。
なんと!3日目のCEOのKEY NOTEではアーノルドシュワルツネガー・カリフォルニア州知事がゲストで演説するほどの歓迎、歓待なのです。

今回泊まったホテルはSan Francisco Marriott MarquisというMoscone Centerから徒歩数分の高ロケーション。
方向音痴な私にとっては、すっごく有り難いのでした。
クライアントの指定エアラインはUA、行きはロサンジェルス便が2便欠航で、その分の人々がサンフランシスコ便に乗ったため猛烈に満杯。
3人席の通路側でしたが、残り2席はラッキーにも小柄な日本人客(女性)だったので、気持ち的に楽でした。
これが巨大な外国人だったりするとねーーー、どうみても領空侵犯してるよな?ってくらいに「私の陣地」まで向こうの腕だの足だのがはみ出てくるので、とってもとってもイヤなのですー。

なので、ここは思い切ってアップグレードしてビジネスで行こうと思っても席が空いてない、エコノミープラスも空いてない。。。私の中では奴隷船と呼んでいるUAのエコノミーでほとんど眠ることも出来ずのフライトでした。
(UAのエコノミーって空港までのリムジンバスの座席より狭いからね、エコノミープラスとかって別料金取るシートが、JALやANAのエコノミーと同じくらいです。要は安いけど普通のエコノミーより狭いシートがUAにはあるんですね)

今回も一人出張ですが、同業他社の顔馴染みの方々もいらっしゃるという事で、ほぼ毎晩お食事などは一緒に食べました。海外では他社(ある意味競合先)であっても、にわかJapan Uniteになるのです。

11日の夕方の飛行機に乗るとSFOに到着するのが朝の8時半頃。ホテルには9時半には到着しちゃうわけで、念のためチェックインを試みるがやはり無理。次の便で同業他社さん3名が到着することを知っていたので、ホテルのスタバでラテを飲みながら、ちょこちょこパソコンやっていると、2時間くらいで同業他社さんよりお電話あり。
みんなで合流して、お昼ご飯を食べに行きました。初日から我慢せずに「和食レストラン」でうどん食べました。
その後、ホテルの部屋で少し休息を取り、いよいよ初日のKey Note。
そこからは怒涛の4日間です。日中はカンファレンス会場、夕方には日本からメールがどかどか届くので、それへの返答やらなにやら・・・ほぼ反転した昼夜の時差で、昼頃から猛烈に眠く、夜なんか気絶しそーに眠い中で日本の仕事もするので、ほんとヘビー。
昔は日頃の不規則ライフが奏功して、ほとんど時差がカンケーない人でしたが、もう無理。あまりにも疲れすぎて、ポルターガイストちっくな夢?なのか本当だったのか、、、こわい体験までホテルの部屋でしちゃいましたー。
まぁ、夢なんでしょーけど、意識としては完璧おきていて、金縛りにあってるような状態でしたが、あまりにもこわくて頭にきたので「なんで、こんなことするのよ!!!」ってオンナのユーレイに怒りをぶちまけたところ、相手も日本語が喋れるわけで、なんと私の"性根"が悪いからだ、と言うわけです。
全部、自分創作の夢なんでしょーが、性根ってなんだー!あなたが私の何を知ってるんだー!!とさらに怒り、気迫勝ちしてなんとか安眠についたのでした。

なんだかオチがこんなんかい!?って感じですが、リアルに見たもの覚えてますんでねー、最初っからちょっとやな感じの部屋だったんですよね、、、いつもホテルの部屋の写真撮るのに今回は一枚も撮りませんでしたからね、やはり「なんかがなんか」だったのかも。ずーっとPCの調子も悪かったし。。。キャー。

Image01_2

Image02

Image03

|

« 塩という名のモダンオーストラリアン | トップページ | 週末、犬事、妄想事 »

たまに海外」カテゴリの記事