« Lowry's The Prime Rib | トップページ | キャロル待ち、世田谷三宿界隈(21.Sept) »

2009年9月22日 (火)

キャロル、マイクロバブルの日(21.Sept)

フラットはアンダーコートが少ないからお家の中で飼うのが他のレトリバーよりも楽。
とか、フラットで楽なのは毛が抜けにくいところくらいですかねー、とか、色々な表現はありますが、
ジェミちゃんは確かに毛があまり抜けないです。

でも、キャロちゃんは???抜けるぅ~、猛烈にアンダーのホヨホヨ毛が抜けるぅ~。
っていうか、ホルモンの関係なのか、大人らしいしっかりとしたトップコートが無くて、全身ホヨ毛~。
で、そのホヨ毛が室内のサーキュレーターの風に乗ってフワフワと顔にへばりつき、痒い~~~。

または、
フラットは体臭が無いのが良い、体臭があるとしてもほのかな「磯の香り」などと比喩されることもあります。
確かにジェミちゃんは体臭が無い、1ヶ月洗わなくたって全然臭くならない。
安心してハグハグできる。

でもキャロちゃんは???臭くなるのぉ~!!!皮膚がオイリータイプなのぉ~!!!
キャロちゃんが臭くなる理由はほかにもありまして、ジェミちゃんは絶対にチッコがアンヨや尻尾につかないよう
努力と工夫をされるのです。
路上では都会の犬らしく、側溝の金網の上でしたりするのです。なので地面アスファルトでもチッコが溢れて
アンヨや尻尾についちゃった・・・なんてことは有りません。
尻尾のロン毛にチッコがつかないように中腰スクワット状態で頑張ります。
しかも高過ぎてチッコが地面で跳ねない計算されつくした位置を太もも筋で維持します。

(・・・だけど最近、歳のせいなのか?徐々に「ちょっとくらい付いても良いっか・・・」って思ってる節も・・・TT。
スクワットが辛くなってきたのでしょう・・・)

でキャロちゃんの場合、チッコは限りなく地面に近いところに腰を落としてするもんだから、内股の毛や
お尻周のロン毛部分はチッコがビチャビチャっとついちゃいます。
そして尻尾のロン毛にも・・・。なので、毎週のようにキャロルを洗いまくり、清潔ウェットティッシュでキレイキレイも
欠かさずにしているのですが、、、なんていうか、洗って3日もすると体臭???が。。。

ここ3週間ほど、ホヨ毛の大量抜け毛シーズンを向かえ、「洗う、ブラシ、キレイキレイ」では追いつかない
キャロちゃんのメンテナンスに根負けした飼い主は、キャロルをマイクロバブル風呂に入れることにしました。

マイクロバブルはシャワー洗浄だけでは落ちにくい汚れをすっきり毛穴の奥の老廃物までやさしく洗い流して
くれる優れものです。
ジェミちゃんは入った事ないのですが、キャロちゃんは定期的にマイクロバブルで湯治してます。
お肌が敏感なワンコちゃんやアレルギーワンコちゃんにも効果あるみたいで、必ず「薬用シャンプーにしますか?」
と聞かれるのですが、キャロちゃんお肌はめっぽう丈夫なのです。

・・・と前置きが長くなっておりますが、そんなわけでいつもの近所の店に予約入れようとしたら、なんと!
新しいお店にマイクロバブル風呂が移動してしまった!!とのことで、新しいお店は行くことになりました。
我が家からはちょっぴり距離が離れてしまいましたが、ここは行くっきゃない!のです。

Image07

お店に到着すると、例によって大興奮で尻尾ブンブンのキャロル。
いつもだったら優しいお姉さんに連れられて大喜びで振り返りもせずにトリミングルームへ入っていくのですが、
今回はお店が新しかったからなのか???キャロルの精神的成長の表れなのか???
おねーさんと一緒にトリミングルームへ行く段階になって「イヤイヤ」しました。
「おかーしゃんと離れるのイヤ」って前脚踏ん張って頑張っちゃったんですねぇーーー。

ようやくキャロルも少しだけオトナになったんだなぁ~って思いました。もうちょっとオトナになれば「迎えに来る」
ってわかるようになるんでしょう。

なぜオトナになったと思ったかと言うと・・・。
私が思うにフラットってニンゲンに対してとても愛想が良い(子が多い)から、誰にでもすぐに懐いてどこでも
楽しくやっていけそうな感じだけど、実はものすごくワンマンドッグだと思うのです。
飼い主が居れば、飼い主放置で他の人間に愛想振りまくりですけど、あれって決して懐いているわけでは
無いと思ってます。心も許してないと思うし。
愛想良いクセに懐かない、心許さない、そんな辺りが、時に「扱いにくい」って思う訓練士さんがいる所以
かな~なんて思ったりするのです。

えーっと長くなってますが、そんなわけでキャロルも少しだけオトナになったんでしょう、あと数ヶ月で
7歳なんで歳だけはイッチョ前なんですけどね。

トリミングルームはペットホテルお預かり中の小型犬ちゃん達が自由にウロウロしているのですが、
キャロルが入っていくと小型犬達に猛烈に吠えられまくり(笑)。
尻尾がビュンとオマタの中に入って腰落としてコワゴワと奥のお風呂まで行きます。
途中、元気なパピヨンに飛び掛られながらも頑張るキャロルの姿をガラス越しに確認。

2時間ほどオット&ジェミニと時間を潰してお迎えに行ってみると・・・キャロちゃん一人で頑張ってました。

Image10

私が入っていったら奥のトリミング台の上から私をすぐさま発見したキャロルです。
ほぉ~、周囲を観察するという知恵もついてきたか・・・と成長ぶりに驚きます。
(キャロちゃん、周り見えないタイプですぐに木に激突したりするので・・・・)

遠めにもわかる綺麗な仕上がり。やっぱりプロは違うのねー。
トリミングルームから出てきたキャロルは大興奮で横ベロベロンチョ状態で、写真なんて撮れたモンじゃー
ありませんでしたが、頑張ったあとの笑顔を1枚。

お家で落ち着いてからはお耳のおリボンも、何気に可愛いではないか・・・と思ってしまったり。
大型犬に耳リボンは絶対に似合わないのわかってますが、「キャロルならOK?」と思う辺りが末恐ろしい
バカ親体質。小型犬ちゃんが着ている浴衣なんかも、キャロルなら似合うのではないか?と妄想すら
しております。

Image11

|

« Lowry's The Prime Rib | トップページ | キャロル待ち、世田谷三宿界隈(21.Sept) »

MY TALK -雑記-」カテゴリの記事

ドッグ」カテゴリの記事