« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015/08/23

マフちゃん家2代目、モイちゃんカフェデビュー☆

ジェミ二の時期違いで、お父さん犬とお母さん犬が同じだったマフちゃん。
大切に大切に育てられたマフちゃんが天国に逝ったのは2014年の4月17日、沈黙を守っていたマフちゃん家に、ついに二代目フラット、モイちゃんが来た!!
嬉しいお知らせに、お散歩デビューはまだか、まだかと待ちわびて、本日、お散歩デビュー間もない中で、カフェデビュー☆のモイちゃんに、ドッグデプトカフェで会ってきました。

※マフちゃんとの最後のカフェデートも同じ、ドッグデプトカフェでした。
その時の様子は以下のリンクです。(二人ともそっくりですよん♪)
2012年5月5日 ”マフチーノorジェミラテ、どっちにする?”
http://geminidays.cocolog-nifty.com/another_nice_day/2012/05/or-bb9f.html

すでに、Instagramで可愛いモイちゃんの写真は日々、眺めてはおりましたが、実物は写真の1000倍可愛いぃ~♪
しかも、しかも・・・!現代っこのフラット女子ってのは、いつからこんなにお利口ちゃんで、いきなりカフェデビューOKになったんでしょーか???

私がジェミニとカフェデビューした時なんて、その前に血の滲むようなカフェ訓練として、寒い公園のベンチで意味もなく缶コーヒーを飲み、その間はジェミたん、静かに伏せで待つ・・・みたいな、武者修行を重ね、そしてデビュー。
落ち着きのないジェミニのリードを握りしめ、コーヒー一杯飲んで、20分足らずに逃げるようにお店を後にした苦い思い出しかありません。

なのに、モイちゃんってば、まだお散歩デビューから数日?だというのに、カフェなんてお茶の子さいさいのお利口ちゃん。
獣医さんの待合室だろうが、カフェだろうが、静かに犬達を眺め、そしてお昼寝しちゃうのですって~。

我が家も早く、いまどきのフラットが欲しいぃ~。

ということで、可愛いモイちゃんのお写真、撮ってきました(^^)

お座りなんかも、シュタっと出来ちゃうのです。
ただいま、体重は10キロちょっとだそうです。

11909900_968633899868261_1559082142

11912952_968633926534925_889079054_

もう、ジェミニのおばちゃんはモイちゃんの可愛いまなざしにズキュンです。
ぺろぺろしてくれるんですが、その舐め方がまたまたとってもソフトなのです。

11922946_968633886534929_69156976_2

11948235_968633853201599_1155385353

そして、気づけばスヤスヤとお昼寝してました。
今時の子はカフェなんて当たり前なのね~、きっとスマホやタブレットなんかも出来ちゃうんじゃない?
うーん、ジェミばーさんと暮らしている間に、フラットパピの進化が著しいことに驚いた1日でした~。

11944605_968633803201604_1353058219

はぁ~、可愛い。
しばらく、よそ様のワンワンに癒してもらう日々でございます。

2015/08/21

和食ディナー・銀座いしづか

Diners Card会員向けのサービスで、Executive Diningという優待割引があり、2名以上で1名分無料になるのです。

ということで、前職の友人と定期的に美味しいお食事を1名分タダで堪能しております。
今回は銀座1丁目にある『銀座いしづか』で、メニュー最後の雲丹ご飯が目玉のコースをチョイス。

土鍋で炊いたご飯はほのかにお出汁が効いており、半蒸しの雲丹とめかぶがご飯に乗っています。
雲丹半分とめかぶをご飯と混ぜて、残りの雲丹はご飯に乗せて食べるのです。 プロの味を堪能しました。

11907979_968227646575553_989580923_


11910972_968227669908884_285778711_

2015/08/20

ジェミ二との最期の時間

Img1439911790682
いつか、ジェミニとの最期の数日、最後の数時間がどんなだったか?忘れてしまうかもしれないので、ブログに書き残しておこうと思います。

7月12日までジェミニは食ムラが出て1週間くらいでしたが、ずーっと調子がイマイチだったうんうんの調子も良くて、もしかしたら、もしかしたら、体力を少しづつ取り戻し、車いすを使ってほんの少しでも散歩ができるようになるかもしれない・・・なんていう儚い希望も捨ててませんでした。

でも7月13日は少し体調が悪く、朝はご飯を食べませんでした。
それでも夜までお留守番してくれて、夜はお腹空いた~って好きなパンやプリン、豆腐とかを食べました。
そして7月14日、最後の日も朝は食欲がなく、ちょっと熱もあるのか、ダルそうで自分で水を飲む力が出ませんでした。
抱きかかえてあげて、お水を飲ませようとしても、あまり飲むことなく横になりたがりました。

ぎりぎりまで自宅でジェミニと過ごし出社、夕方の5時半頃に自宅駅に到着。
ちょうど獣医さんから電話かかってきました。
前日の11日に獣医さんの往診をしてもらって、腰骨のところにできてしまった床擦れの治療をしてもらったのですが、床擦れの様子を心配して電話くださったので、朝から体調が悪そうなことを伝え、先生に往診に来てもらうことにしました。
自宅には6時前に到着、ジェミニは全然水を飲んでいなくて、私が戻ると目を覚ましましたが、熱が高く体がとっても熱い。
室内はエアコンと扇風機で十分冷えてますが、体温調整がうまくできないのと、体内の炎症ゆえか?自分の熱が元で熱中症のようになった状態。

お水を飲ませようとしても、もう反応もなくて飲みたがりません。
なんとかシリンダの水を口に入れて、少しづつ水を飲ませるとごくごくっと飲みましたが、とても力が弱かったです。
オットも戻り、獣医さんが来て、床擦れの治療をして皮下点滴、マッサージをしてくれましたが、熱が高くて体が熱すぎるとおっしゃるので、オットが近くの薬局で冷えクールやアイスノンを買ってきました。
アイスノンが凍るまで、瞬間で冷たくなる冷えクールを脇の下やお腹、首、太ももの間などに入れてあげると、気持ち良さそうに体を伸ばしました。
点滴の効果と体温が少し下がって、ジェミニがようやく首を持ち上げて、キョロキョロして、お水を積極的に飲むようになりました。

この勢いでご飯も食べるか?と豆腐などの喉越しが良いものを見せましたが、気持ちは食べようとしても体が受け付けない感じで、一切食べませんでした。
アイスノンが凍り、ジェミニの体も冷えてきました。
横になったまま前足と後ろ足を大きく動かして、まるで草原を走り、湖を泳いでいる夢を見ているかのようでした。

ジェミ二は寝たきりになってからも、夢に中では走りまわっているのか、夢を見ながら手足を大きく動かすことが多かったです。

ジェミ二が落ち着き、オットが先に寝ました。
この頃はオットが早く寝て、私が夜中の3時頃までリビングでジェミニと過ごし、私が寝室に行くとオットが早朝からジェミニとリビングで過ごす日々でした。

ジェミ二を残して私もちょっと寝ようか・・・と一旦、寝室に行きました。
でも、やっぱりリビングでジェミニの横にいた方が良いと思い、すぐにリビングに戻り、ジェミニのドグベで添い寝しながら、うとうとしてました。
ジェミ二の寝息は深く、安定してました。
深夜の1時過ぎ位だったと思います。

その後、2時を回った頃から寝息が浅くなりました。
先生から寝息が深ければ大丈夫、様態が悪くなると息が浅くなるといわれてたので、慌てて寝ているオットを起こし、夫婦でジェミニを見守りました。
私が腕に抱き背中からお尻にかけて撫で続け、そしてオットが胸からお腹にかけて撫で続けてました。
2時30分頃からさらに息が浅くなり、ラスト10分・・・
ジェミ二はまるで潜水をする前のように大きく息を吸い込んでは呼吸が止まり、そして大きく吐いた後にまた、大きく息を吸い込み・・・10秒近く呼吸が止まる、、、という様子になり、10回か15回か・・・少しだけ苦しそうに息を吸い込み、そしてとうとう心臓が止まりました。

2時45分、15歳と1.5カ月の寿命が尽きた瞬間でした。

おそらく私たちは幸せな飼い主です。
最期の最期を見送ることが出来たのですから。
そういう最期を私達に与えてくれたジェミニに感謝しています。
でもあの、最後の苦しそうな息をしていた時、すでにジェミニの意識はもうほとんど無かったのかもしれないけど、息を吸い込む時のハスキーな声が忘れられません。

たくさんのお友達から素敵なお花を頂きました。
ありがとうございます。

Img1437391745296

Img1438091143935



Img1439912121270

ジェミちゃん、15年の充実した日々をありがとう。
離婚してジェミニと暮らしはじめ、父が他界し、キャロルを迎え、3回も会社が変わり、そしてまた結婚して、これまでの私の人生で、ジェミニと暮らした15年は最も波乱万丈な時期だったけど、いつでもジェミニが居てくれて、あなたの程よい距離感で私を見ていてくれる、その重すぎない存在感が大好きでした。

私はジェミニの存在にずいぶんと甘えてきたと思います。
ジェミ二が居なくなってしまって、まるで魔法がとけてしまったような、思い返すとあの一緒に過ごした時間は本当にあったのではなくて、魔法にかけられていたんではないか?なんて思ったりします。

また一緒に暮らせる犬と共に、ジェミニと過ごしたような季節色濃い日々を過ごしたいと思っています。
15年という月日を振り返り、今の私の年に15年を足すと、自分の人生もそんなに長く無いことに気づきます。
ジェミ二は長生きしてくれたけど、フラットの平均寿命は8~10年、これからの10年をまた犬と過ごしたら、その次はもう大型犬無理かも・・・。ラストでもう一回大型犬と暮らしたら、自分の寿命が心配になってしまう年になっちゃう。

でも、そのあとはきっと私も天国へ逝く時間が近づいているだろうから、そしたら、また会えるかな。
そんな風に先を考えることの方が、過去を振り返るよりも精神的に楽だし支えになりますね。
私にとって「G」というアルファベットは特別であり格別なものとなりました。

ジェミ二のお葬式

ジェミ二が天国へ逝ってから、早いもので1か月と5日が過ぎてしまいました。
8月15日、最初の月命日はすっかりそのことを忘れ、お家でグータラしてしまいました。
新盆の7月15日に旅立ったジェミニ、今にして思えば完璧な日程選びでした。

この約1か月の間、毎日悲しみに泣き続けていたか・・・といいますと、そんなことはなくて、むしろ淡々とした日々を送ってました。
心配してくれたお友達が楽しいディナーやBBQを催おしてくれ、素敵なお花を送って頂き、あまり深くジェミニを振り返らずに過ごしております。

ジェミ二が居ない以外は、同じ場所にドッグベッドがあり、玄関にはお散歩グッズがあり、おもちゃも同じようにリビングにあります。
ただ、ジェミニが居ないだけ・・・、でもちょっと入院しているだけ・・・そんな感じで、ふわふわっとした感じで深刻になることもなく過ごしてきました。

ジェミ二が天国へ逝って、3日後には次はどんなフラットと過ごすことになるんだろうか?名前はどうしようか?今度も女の子か、それとも男の子にしようか?
すっかり若いフラットの勢いを忘れてしまったけど、また本栖湖に遊びに行こう、テントのキャンプも再開しようか・・・と、楽しい充実したドッグライフを妄想し、それが心の支えでもあります。

ジェミ二の記憶が体調が悪くなった4月頃からのラスト3か月しか無くて、とにかくできる限りのことをしたつもりで、とてもとても深い日々でした。深すぎて、元気だったジェミニが思出せないほどです。
でも、日が経つにつれて、次に暮らすフラットとの生活を思う時、ジェミニと過ごした輝いていた日々を思い出して、突然、息もできないほど悲しみが押し寄せることがあります。
アルバムを作ろうと思っているけど、写真を選ぶのがだんだんつらくなってきて、中断しました。
キャロルのアルバムも一緒に作ろうと思っているのですけどね。

7月15日、夜中の2時45分にジェミニが天国へ逝き、その日の午後からジェミニのお葬式を執り行いました。
暑い暑い1日でした。平日なのにお友達がお寺に来てくださり、みんなに見送ってもらいました。

Dsc_2000

おにぎりが大好きだったジェミニのたえめに、おにぎりを作りました。
あと、食べきれなかったアンパン、そしてお友達が食パンを2斤も持ってきてくれて、天国のお友達に渡すようにとおやつも一杯持たせてあげました。
きれいなお花をいただき、お寺からもいっぱいお花を入れて頂いて、寝顔は優しく今にも起きだしそうなジェミニでした。
綺麗なこの世で最期のお写真です。

Dsc_2005

白いお花と一緒に向日葵と紫陽花も入ってます。
百合の花がとっても良い香りでした。

Dsc_2007

寝顔は暗くて、あまりちゃんと写ってませんが、幸せな一生だったと思います。
ジェミ二と私の暮らしぶりについて、「お留守番が多くて可哀想だ」、とか「週末にあちこちへ連れていくのは、犬が望んでいることではない」といったご意見を頂いたこともありましたが、ジェミニは幸せだったと思っています。
ストレスに鈍感で性格的に恵まれてました。
頭が良くて、空気を読むことが出来て、クールで、最後はとっても甘えん坊で食いしん坊でした。

Dsc_2014

お友達が、「G」のおリボンを持ってきてくれました。
GはGeminiのGでもありますが、「頑張ったで賞」のGなんだそうです。

火葬の後のお骨はキャロルよりも太くて、背骨や大腿骨はとっても立派でした。
細マッチョだったのね・・・ジェミちゃん。

Dsc_2024

ジェミ二のお骨を持って自宅に戻り、すっかり夕方に。
ジェミ二が天国へ上った日の夕焼けをどうしても目に焼き付けたくて、空が焼けるのを待ちました。
オレンジ色に燃える空、もうこの空を一緒に見ることは無いんだなぁ~とぼんやり空を見つめてました。

キャロルは天国へ逝った後も、色々な場面で気配を感じましたが、ジェミ二はまったくと言って良いほど気配はありません。
天国で安らかに眠っているのだと思います。
そんなところもクールなジェミニらしい。
この世に思い残すことなく、天国へ逝ったのでしょうね。

2015/08/13

NYグリル

新宿パークハイヤットのてっぺんにあるNYグリル、行こうと思う時は常に予約取れず。
私と同じ、IT系外資系企業に勤め、フラットコーテッドレトリバーのブリーダーでもある友人、ブログではHNがファイままさん(http://greek-chara.cocolog-nifty.com/)とも、過去にNYグリルでランチをしようと思ったけど、予約が取れませんでした。
※最近はFacebookで本名で呼び合っているので、HNで呼ぶとなんだか逆に恥ずかしいです。

今回、その友人がイギリスでガンドッグにまつわる大きなイベント、ゲームフェアのお土産を下さるというので、リベンジでNYグリルを予約してお肉を堪能してきました。

Dsc_2212

Img1439476797119


日ごろから忙しいファイままさん、お盆シーズンで仕事も早めにおえられるとのことで、18時からディナー開始。
NYグリル、なかなかなお値段でございますが、夜の7時を回る頃には全席満卓。
大人気は衰えず・・・ですね。

夜景も素敵。一説にはこの夜景を見ながらプロポーズをするのが、オシャレな恋人達の王道なのだとか・・・。
この日も素敵カップルが夜景みながら、お肉食べてました。

Dsc_2229


ファイままさんから、ジェミニを偲んですてきなフラットのイラストを頂きました。
日本ではまず、手に入らないですね。
イギリスらしいフラットのイラストに、ジェミニが重なります。
ファイままさん、ありがとうございます。
大切にします。

Dsc_2214

無料ブログはココログ