« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015/04/29

GW前の血液検査

甲状腺ホルモンの投薬開始から2週間、お薬を処方してもらう前に血液検査が必要です。
どのくらい、甲状腺ホルモンが出ているか?お薬でカバーできているか?を確認して、次のお薬の量を決めるためです。

ジェミちゃん、最近はお出かけが嫌いで、車に乗るのも嫌がります。
マンションの駐車場で車の方へ行こうとすると、必至にお家に帰ろうとします。
お散歩もキライだし、お家でゴロゴロ、まったりしていたいらしいのです・・・。
ジェミちゃん、それはワンワンライフじゃないよ、って思うんですけどね。

でも、車の中でスマホのカメラ向けたら、ことのほか、可愛いお顔してました~。
バカ親なので、萌え萌えです

Img_20150429_101506_blog

血液検査は外部ラボに出すので、おそらく明日辺りには結果が分かると思います。
今回はクリティカルの検査ではなく、あくまでも投薬前の確認なので、のんびり結果が出るのを待っております。

それとは別に気になることが・・・。
肥満細胞腫が出来て大きく切除したところ、縫合箇所付近に一箇所、皮膚が赤くなっているのです。
赤アザのように。
そのアザは、今のところ大きく広がることは無いので、ハーネスが擦れて赤くなってしまったのかもしれませんが、またまた肥満細胞腫だったらイヤだなぁ、、、と。
取り越し苦労であることを祈りつつ、GW中に病院で診てもらう予定です。
(今日は朝からものすごく病院が混んでいたので、採血だけにして先生に診てもらわなかったのです。ジェミニが疲れるので、待たずにササっと採血だけ病室の裏でやっていただきました)

いよいよあと1ヶ月でジェミたん、15歳です。
元気にお誕生日を迎えることが出来ますように。

2015/04/28

ジェミちゃん回復

朝のお散歩は5時半からです。
今、マンションの裏階段から出る裏口が道路工事でつかえないため、ワンワンご法度の正面玄関からの出入りをしています。
なので、出来るだけ住人の方々に遭遇しない時間帯、且つジェミちゃん的にも暑くない時間帯となると平日は5時半、週末の6時には出発です。

これからどんどん暑くなると、最後は夜中の3時半ですよ、、、毎年早起きのオットが担当してましたが、ジェミニは半介護散歩なので、人間二人の連携プレーです。
今年の夏は私もウルトラスーパー早起き散歩&二度寝ライフ確定です。

それはさておき、ジェミニは随分としっかり立てるようになりました。
仁王立ちの様相です。

ニコッとバージョン

20150428_063332_blog

むんっバージョン

20150428_063336_blog

犬って突然、様態が悪くなるけど、人間と違って回復も早いですね。
でも安心は出来ません。まだまだお薬一杯飲んでるし、お水は普通量しか飲まないけど、ご飯はお魚だと食べなくなりました。
選り好みが始まってるので、いつ、食べなくなるか・・・と思うことも有りますが、お肉だと喜ぶので、消化しやすい鳥ささみを中心に。
まだ、胃腸のどこかで出血があるようで、血便が続いており、下痢しております。
早くウンウンが正常になることを願ってますが、あまり踏ん張れないので、硬くなっちゃうと出すの大変そう・・・。

毎日、ジェミニのうんPのことばかり考えている今日この頃です。

2015/04/25

爽やか土曜日、ジェミちゃんが歩いた~♪

ジェミちゃんのプチ介護生活に慣れてきた買主です。
夫婦連携、分業も暗黙の中で出来つつあります。

色々とお家の中もプチ老犬仕様にすべく、生活の知恵を絞っております。
お風呂場はジェミニの室内トイレでもあるのですが、お風呂場の床が滑るためにめっきり利用しなくなってしまいました。
お風呂場マットは分厚くてジェミニが警戒するので、人口芝を敷いたばらバッチリ。
そしてお風呂場のドアはジェミニの出入りにジャマなので、思い切って外してしまいました。
シャワーカーテンつけたんですが、人間もスッキリ~。

お散歩にはアウトドア用のカートが本当に役立ってます。

Img_0250

我が家はいわゆるコストコカートと呼ばれているものではなくて、手押しできるタイプをネットで発見、購入したのですが、ベビーカーのようにハンドルを押して進めるタイプは、コストコカートタイプよりも、直進性に優れ、飼い主の負担が少ないです。
これから購入検討される方は、手押しタイプをお勧めします。

Img_0252

そしてカートはワンワンがものすごく具合悪くなってから買うのではなくて、少し元気なうちに買って、カートに乗ってお散歩する練習もしておいたほうが良いと思います。
我が家はジェミニが長距離の歩き散歩を嫌がるようになったところで購入、空のカートを押しながら、ジェミニが歩けるところまで歩かせて、途中からカートに乗せてさらにお散歩。
人間も犬もカートに慣れないと、荷物用カートの代用なので、あれこれとコツが必要です。
ワンワンも年とると新しいことに柔軟性が無くなってくるので、少し元気にアンヨ踏ん張れるときに練習しておくと、苦手意識を持たずにアンヨの筋肉が落ちてきた時にカート散歩を楽しめると思います。

そして、土曜日の爽やかな朝のお散歩で、「クララが立った~♪」(アルプスの少女ハイジの台詞ね)的に、「ジェミニが歩いた~♪」な楽しいお散歩でした。

Img_0256

私がおやつ持っているので、おやつ欲しくて、一生懸命歩きました♪

Img_0262

お顔の表情も3日前の超元気の無かったときに比べて、とっても生気が戻りました。

Img_0263

このまま、天気安定、ジェミちゃん安定でニコニコの5月を迎えたいです。

2015/04/24

集中点滴治療3日目

朝病院、夜にお迎え生活3日目。
育児しながら働いているママって、これを何年も続けているのだ・・・って思うと、ほんとに大変だと思います。
我が家、シニア夫婦は3日目の病院お迎え生活でヘトヘトです。

この日は写真撮らなかったのですが、3日間の集中点滴で血液検査の内容も老犬なりに改善されました。
何より体に必要な水分が行き渡ったことで、熱も下がり、食欲も戻り、水を飲む量は正常になり、それによっておチッチもちゃんとコントロールでき、大量に買ったオムツはとりあえず用無しになりました。

もし3日間点滴やってもダメだったら、週末も通う予定でしたが、一旦先生からOKを頂きました。
あとはお家でこの状態から下がらないように、少しづつ健康うんちが出るところまで体力アップ、健康回復を目指したいところです。

3日間の集中点滴治療は、涙がチョチョ切れるほど諭吉さんが飛んで行きましたが、ジェミニの元気が戻って本当に良かったです。

先生からも、「病院に来た3日前は正直なところ、いつお迎えが来てもおかしく無いと思ったけど、ジェミちゃんはスゴイね!」って言っていただけました。

もうちょっと、ほそーくながーく頑張ってくれそうなジェミたんです。

2015/04/23

集中点滴治療2日目

昨日から比べると格段と元気が出たジェミニ。
朝ご飯はいつもの量をしっかり食べることが出来ました!
カートで出発する時もハコ乗りでした!(危ないのでお座りさせてから移動)

Dsc_1797blog

夜、点滴治療から戻ってきたら、お顔の表情も昨日に比べて俄然元気が出てきました!
夜ご飯もしっかり食べて、お水を飲む量が一気に通常量に戻りました。
ここ2週間近く、ジェミニの体は水分吸収が難しくなっていて、徐々に徐々に脱水に向かっていたのですね、、、だから一生懸命お水飲んで、でも吸収できずにチッチジャージャーになっちゃって、微熱もあって尿意もコントロール出来ずに、本犬も辛かったと思います。

夜、お家に戻ってお風呂でお尻洗ってニコニコさんです。

Img_0241blog

なかなかしぶといジェミたんなのでした。

続きを読む "集中点滴治療2日目" »

2015/04/22

集中点滴治療始まる

低空飛行ながらも、甲状腺ホルモンの投薬で少し元気も復活してきたジェミニ。

4月21日の朝、私が出勤する時は、お水をガブガブ飲んでたんですが、玄関までトコトコと歩いてきて、「いってらっしゃーい」とお見送りしてくれたのです。

でも、なんとなく・・・ジェミニの表情が不安げな感じがして気になりました。
オットが早く帰れるというので、夕方早めに帰ってもらったところ、すぐに連絡が来て、ジェミニがグッタリしていると・・・。
水も飲まないしご飯も食べないで、ハァハァしていると言うのです。
とても不安そうだから、早く帰ってきたほうが良いとのこと。

こんな夜に限って、もろもろ緊急の仕事が入っていたのですが、21時に帰宅。
ジェミニは会いかあらずハァハァしていて、ご飯食べず。
深夜診療の病院へ連れて行くべきか?
ヤギミルクを作ると、ゴクゴク飲んで、少し落ち着いた感じで寝るのですが、30分もするとハァハァするので、またまたお水を飲ませ・・・の繰り返し。
チッチもジャージャーのお漏らしで、体はフラフラでかなり危ない感じ。

21日は日差しよりも湿度が上がった1日でした。
室内が暑かったのかもしれません。
普通に健康な犬なら全く問題ない質問と湿度でしょうが、ジェミニはここ一週間、もしかしたら熱も出てたのかもしれません。
徐々に徐々に体調が悪くなって、お薬も体が吸収できずに居たのだと思います。

夜中は一緒にリビングで待機、見守りながら、4月22日の朝一番でかかりつけの病院へ。

Dsc_1795blog

グッタリしててとっても元気の無いジェミたん。
車の中でお漏らししちゃうとヨロシク無いので、オムツしてハーネスつけて満身創痍。

病院へ連れていった段階ではもう、自力で歩くことも出来ず、そのまま先生に抱っこしてもらって、点滴入院となりました。
この段階で、三途の川の手前くらいまで来ちゃっていて、先生も宿泊入院での治療は忍びないと思ったそうです(後日談)。

ということで、朝8時半に病院へ行って、夜まで病院で点滴、夜は7時にお迎えに行ってお家でご飯、就寝、というスケジュールで点滴集中治療を行うことにしました。
血液検査では案の定、体から水分が失われており、やはり昨日の高湿度が弱った老犬にはシビアだったようです。

夜、お迎えに行くと何とか歩ける状態に・・・。
でも、お家に着いたら、力尽きて歩けず・・・。
マンションの2階住まいですが、カートがとっても役に立ってます。

元気の無いジェミたん・・・
でも、朝はご飯どころかおやつも食べれなかったけど、夜はいつもの半分くらいのご飯を食べました。
昨日まで低空飛行とは言え、元気に歩いていたのにね。。。

Img_0246_blog

2015/04/20

アイバロさんの胴着デビュー

いよいよジェミニちゃんもお達者倶楽部のシンボルとも言うべき、アイバロさんの胴着デビューしました~。その名も「着たまま寝んね」です。
ネーミングは自称クールな私にはちょっとだけ「イラっ」と来るんですが、やはりベストセラーなだけあって、とってもとっても便利です。

今時は可愛いチェック柄バリエーションも増えていて、ジェミニはパープル×ピンクのチェックにしてみました。
これが親バカなんですが、ことのほか良く似合います^^

ただ、サイズは一番小さいSSでも23キロのジェミニにはちょっと大きいので、手縫いではありますが、何年ぶりかのお裁縫でサイズ補正いたしました。

ご飯食べたり、お水飲んだりしている時に、尻もち着く時があります。
後ろアンヨが弱ってます。

Img_0234_blog

遡って日記書いてますが、この写真は4月20日撮影。
お水はガブ飲みしますが、食欲もあるし、それなりに元気に過ごしています。
病院のお薬が少しづつ効いており、お水の量も少しづつ減ってきました。

続きを読む "アイバロさんの胴着デビュー" »

2015/04/19

マリメッコなネイル

久しぶりのネイルアップ。
最近はもっぱら時短優先ではありますが、マリメッコ風のお花柄とラウンドフレンチが、ことのほか好みに出来上がりました❤


1430400571225.jpg

2015/04/18

ジェミニの異変

過去のことをまとめて書いているので、結末はすでにわかっているのですが、タイトルとしては写真を撮った4月18日よりも5日位前から「おや?」と思っていた異変について書きます。

ジェミニはもともとあまりお水を飲むほうでは有りません。
完全手作り食なので、ドッグフードを食べている犬よりも水を飲まない、という事も有りますが、留守番犬なので平日はほぼ日中は昼寝三昧のため、水をガブガブと飲む習慣が無いのです。

ところが、そんなジェミニがきずくと頻繁に水を飲んでいることに気づきました。
水飲みボウルもすぐに空になるほど。
春になって水を一杯飲むようになったのかな~と思ってから3日くらいで、さらに加速してもはやがぶ飲み状態。
どれだけ水を飲んでいるか計測したほうが良いと思い、2リットルペットボトルに水道水を入れ(セコい・・・^^;)、1日どの程度の水を飲んでいるか計測したところ、2.3リットルから2.5リットルくらいの水量。
体重1グラムにつき、100ミリリットルまでは正常だそうです。
23キロのジェミニにとってはギリギリ正常範囲なのですが、お水をガブガブ飲んで、そのままチッコもジャージャー出るようになりました。
もはや、尿意をコントロールすることが出来ず、室内トイレ場としているお風呂場まで間に合わずに、ジャージャーと出てしまうことも・・・。

プチ介護が始まりました。

Img_0232_3

お風呂上りのジェミたん。なんと、ジャージャーチッチした後にアンヨ滑って、スッテンコロリンしてしまったので、お風呂に入りました。
それにしても、これはやはり異常だろうってことで夕方から病院へ。

シロウト判断的には、尿崩症か?と思ったのですが、先生はその可能性はほとんど無いと・・・。水をガブ飲みするのは、腸で水分を吸収できないためではないか?という事で、血液検査をした結果、やはり甲状腺ホルモンがものすごく低下しておりました。
甲状腺ホルモンが低下すると、免疫力が一気に下がり、腸内バランスも崩れてしまうのです。
そして、血液検査では体内炎症を示す数値がMAX。
この段階ではまだ下痢はしてませんでしたが、小腸か胃で出血している可能性が高いという事で、先生と相談して、出来る限り胃腸に負担のかからない食事内容に変更することにしました。

甲状腺ホルモンと抗生物質を処方していただき、1週間様子を見ることに。

この季節は体調を崩す犬が多く、老犬や老猫は天国に逝く子が増える時期です。
ジェミニも体調は低空飛行のまま、なんとか維持している状態ですが、少しづつ体調が悪くなっていることに、まだこの時はあまり気づいてませんでした。

2015/04/06

スカートワンピは優れもの

ジェミにの年齢と共に、犬に洋服を着せるという興味も完全に失せ、ジェミニも洋服がキライだし、何よりフラットはヌードが一番と思うようになってかれこれ5年、6年???
ほとんど洋服を着せることが無くなりましたが、手術後の地肌をカバーするために、再び洋服探しの旅に出ております。

駒沢のジョージなどに売っているような、いわゆるお洒落鮮度の高い犬服Tシャツだと、丈が短くて手術痕の保護になりません。
かといって、フルタイプのオーバーオールは脱ぎ着が面倒だし、既に縫合箇所は完全に皮膚がくっついているし、そこまでカバーしなくても大丈夫。
医療介護服として買ったオールインワンは優れものですが、可憐さに欠ける・・・。
機能重視なので可憐じゃなくても良いのですが、やっぱり女の子なので可愛いに越したことは有りません。
ジャパンインターで激安で買ったスカートワンピが、すっぽりとお尻まで隠してくれて、その割に脱ぎ着が楽チンで気に入りました。

アイアンバロンでオーガニックコットン、3段フリルスカートのワンピを買ってきました。
もちろん、買主のお洋服はオーガニックでは有りません。
ちょっと麦わら帽子でもかぶせて、夏のお嬢さん風にしたい感じ、良く似合ってると思うのですが・・・^^;

Img_0226

Img_0230

Img_0224

ふふっ、似合ってるでしょ?

2015/04/05

命と引き換えに失ったもの

ジェミニが手術したのは2月14日。
かれこれ、2ヶ月近く経つのに、手術のために剃ったところに毛は生えてきません。
ちょっとグロテスクな写真で申し訳ありません。

こんなに大きく切りました。
獣医さんは毛根は死んでないというのですが、2ヶ月近く経ってもほとんど生える様子は無く、おそらくもう、毛が生えることは無さそうです。

Img_0187

Img_0191

かなりの面積を占めます。。。

Img_0192_edited1


でも・・・肥満細胞腫は急激に大きくなっていて、そのままにしておけば、おそらく寿命は1ヶ月、長くても3ヶ月以内という状況だったことを考えると、命と交換に毛を失ったという事です。

ハーネスをつけないと立ち上がったりするのに不便ですが、ハーネスが直に手術した場所に当たると皮膚を傷つけるので、お洋服でカバーせざるを得ません。

ジャパンインターで激安で買った14歳11ヶ月にして始めたスカートワンピを着てお散歩です。

Img_0205_edited1

Img_0208_edited1

↑の写真、とっても可愛いジェミたんなんだけど、後ろの左足が写ってません。。。
とっても気になる写真です。
雨上がりの石畳で撮っているのですが・・・。
他の写真にもアンヨが写ってませんでした。

Img_0209_edited1

↑こんな風にまるで後ろの左足を何かで隠したかのようにスパっと切れてるんです。

Img_0213_edited1

可愛いお顔で写っているのに・・・。
この先、後ろの左足に何か悪いことが起こるという予兆なのか・・・とか、色々と余計なことを考えてしまったのでした。


2015/04/04

Japan International 2015のち、ジェミニと夜桜散歩

かつてのFCIアジアインターが今ではジャパンインターになっていたのですね。
ドッグショーはほとんど見に行かないので、そんなことすら知りませんでしたが、お友達もたくさん出陳するジャパンインターでお買い物&ドッグショー見学をして来ました。

フラットのBOBに輝いたのは、お友達のママがオーナーハンドリングされているジャスティン君。
ジャスティン君のフラットらしい明るい性格とダイナミックなショーイングが以前より大好き。
応援しているフラットさんの一人です。

Img_9826

Img_9997

そして、遅すぎる夜桜鑑賞@多摩堤をジェミニとお散歩がてら楽しみました。
なぜか?ジェミニは多摩堤の土手に上るのを嫌がるので、最近、とんとご無沙汰のお散歩コースです。

しかし、CANON 6Dというデジイチはシロウトになんて優しいカメラなのでしょう。
暗い室内ドッグショーの写真も、F4でとっても明るく撮れており、夜桜もここまで明るく撮ることが出来ます。
暗いところで無理して明るく撮影しようとするとノイズが増え、明るければ良いってもんでもないのでしょうが、手持ちでも撮れてしまうのですから、ほんとに素晴らしいカメラです。

 

Img_0082_edited1

Img_0083_edited1

Img_0108_edited1

Img_0128_edited1

さすがに夜の多摩堤で、ジェミニの真っ黒フェイスにはオートフォーカスでピントを合わせるのが難しく、マニュアルでピント合わせてみましたが、お洋服の方にピントが合ってしまいます。
ま、ジェミたんも一緒に夜桜鑑賞したっていう記念ということで♪
手術したところにハーネスが当たるので、保護のためにオールインワンのお洋服着ております。

Img_0147_edited1

 

 

Img_0167_edited1

この写真(↓)が一番気に入ってます。
このあぜ道のような多摩堤の土手は、キャロルとも毎日のようにお散歩した道です。
桜の下で、ジェミニとキャロルの写真も撮りました。
この道でキャロルは嬉しそうに走ってました。
今でもキャロルが走ってくるような、そんな錯覚を覚えることがあります。

Img_0180_edited1

都内の桜はほとんど散ってましたが多摩堤の桜は例年、遅咲きなので、私のような天邪鬼で、世間より一歩後れて桜見したい人にはもってこいの場所です。

無料ブログはココログ