« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014/05/30

そして14歳になりました!

5月30日、無事にジェミニは14歳になりました!

アンヨ痛くなったり、甲状腺ホルモンの値が下がってお薬飲んだりしてますが、まだまだ元気です*\(^o^)/*

当面の課題は、苦手な暑い夏を体調維持で乗り切ることです。
エアコンは必須だけど、外との気温差で体調崩れがち。(人間と同じですよね)
ジェミたんと夏の間、ビブリに住みたいな♪。.:*・゜


1402226879939.jpg

2014/05/26

14歳まで、あと5日

1401032501184.jpg

毎日、ゆっくり歩いて日課の兵庫島公園の水道でお水を頂いて、ミッションを完了しているジェミニです。
ただ、公園の水道付近は石畳みなので、ジェミニは歩きにくくて、アンヨが痛くなるみたい。

ジェミニのアンヨは相変わらずです。
右前足の足首関節の辺りが痛いようです。
時々、舐めているので、間違いないと思います。
その場所はジェミニが3歳の頃に、麻布獣医大で、股関節と膝・肘関節の検査をした時に、K山先生から「前足のココ(ジェミニが舐めてる箇所を指して)関節がポキポキしやすいから、老犬になった時に痛みが出るかも」と言われました。

先日、主治医の先生に触診して頂いた時も関節がポキポキしているとのこと。
人間でも、不意に立ち上がった時なんかに膝がポキッとして、ちょっと痛かったりしますが、あんな感じだと想います。
もしかしたら、車の中で向きを変える時に、盛大にポキしちゃったのかも。

どれだけ痛いかは?もう、本人にしか分からないことですが、先生はそんなに大袈裟に検査するような痛みではないとの見立てです。

思えば2歳の頃に、初めてのアンヨイタイタ大作戦(大げさな演技)で、慌てて病院へ行き、念のために包帯してもらったら、嬉しくなってピョコタン歩きが治ったことが有りました。

1401032502330.jpg

なので、キッチンタオルペーパーを足首に巻いて、赤いコーバンで「お医者さんごっこ」をしてみました。
気分転換になるかな?と思って。悲劇のヒロインごっこも真実味出ますしね。

でも、あまり効果は無し。

ジェミニは私が思っているよりも、ずーっとずーっと老化現象が進んでいて、もう、元気な振るまいで、アクティブにするのを止めようって思ったのかもしれませんね。

今度の金曜日にジェミニは14歳になります。
体力を温存しつつ、アンヨの筋肉も維持して、なおかつジェミニが楽しいには、何をしたら良いのやら。。。
ジェミニと相談しながら模索したいと思います。

2014/05/22

再び、獣医さんへ

1400769121285.jpg

今日は早く帰宅して獣医さんへ。
というのも、朝、ジェミニが、座ってる様子を見ていて、左足が横に流れているのを発見して、やっぱりアンヨが変なのか!と思ったためです。
丁度、血液検査で調べていた甲状腺ホルモンの値が低くて薬が必要なので、先生にもう一度見て頂きました。

関節を念入りにチェックして頂きましたが、やはり重篤な炎症や痛みは無し、とのことでした。 甲状腺ホルモンが低下すると免疫力が落ちて、筋肉痛などの回復も遅れるらしく、しぱし様子を見ることにしました。

アンヨが不自由な以外は至って元気なジェミたんです♡

2014/05/21

ジェミニ不調

1400685125320.jpg

今週の日曜日、いつものようにジェミニのウォーターエクササイズへ行きました。
昼寝中のジェミニを起こしてのお出かけ、テンション低めでしたが、ここのところ体調も良く、一時は毎日服用していたアンヨ(前足の肘に古傷有り)が痛い時に飲む鎮痛消炎剤も、1ヶ月ほど、飲まずに過ごしてました。
これもプールのお陰!と、おかーさんは張り切ってました。

プールはいつもよりテンション低め続行でしたが、ソツなくこなし、最後に30秒くらい、ジェット水流に逆らって泳ぐダッシュヨギヨギもやりました。
いつもより10秒長く上手に頑張れました。

で、その後はいつものようにトリマーさんがドライヤーで乾かしてくれて、フコフコになって登場。
お店から駐車場までの歩行は全く問題無し。

車に乗せて20分で自宅着。
駐車場でジェミニを降ろし、歩き始めると、ジェミニが左前足が痛いようでピョコタン歩き。筋でも違えたのか?と様子を見ました。階段は抱っこで上りました。

夕寝後のご飯時間、いつもならキッチンの張り付きデカなのにジェミたんは来ません。
ドグべから目ヂカラ光線出してるけど、立ち上がれるなくなっちゃいました。

私がご飯を口元に持って行くとガツガツφ(c・ω・ )ψ モグモグするんだけど、起き上がれません。
そのまま、様子見で人間も就寝。

翌月曜日(一昨日)、朝の散歩は全く無理な状態。一歩も歩けないに近い。四肢が麻痺してしまっているような感じ。
朝から獣医さんへ行きましたが、後ろから足は問題無し、セナかや腰にも異常無し、一番痛そうにしている前足も以前からの古傷痛以外は、特に腫れや怪我も無し。

先生と色々な可能性を考えましたが、10分の水泳でいきなり、これほどヒドイ筋肉痛などは考えにくい。
まして、お店を出た時は普通に歩いていたので、水泳で筋わちがえたとかも考えにくい。
まして、毎週泳いでいて特にこれまで問題無かったのだし。

先生は軽い熱中症ではないか?と推察。
確かにドライヤーで乾かして貰ったあと、ジェミニを連れて来てくれたトリマーさんが、お水を持ってきてくれて、乾燥中にジェミニがかなり、ハァハァしてたので、喉が乾いてるんじゃ?と言いました。

ジェミニはほとんど、水は飲まなかったのですが。

車は確かに暑く、往復ともカーゴスペースが涼しくなるのを待たずに、移動しました。
でも、車の中ではそんなにハァハァするような様子はありませんでした(小さい車に変えてジェミニはカーゴスペースにフリーで乗ってるので、バックミラーで様子が確認できます)。

でも、老犬出し暑さに対する適応力は衰えているし、自宅に戻った駐車場から、具合が明らかに悪いのは熱中症に違いないと、先生はにらんでいるわけです。

プールのお部屋は室温はそんなに高くないですが、湿度が高いです。先生の分析は、行きの車で体内に熱がたまり、水泳でさらに負荷がかかり、ドライヤーが暑くて、湿度が高いために、熱を排出できないまま、帰りの車でさらに熱を溜め込むことになったのだろう・・・というものです。

確かに筋は通ります。
点滴してもらって、ステロイド注射も1本射ってもらいました。
夜には少し復活して、自分で立ってご飯。

火曜日の朝散歩では途中まで階段を自力で降り、ヨチヨチですが自力歩行散歩。階段上りは抱っこ。

今日、水曜日は火曜日とあまり変わらず。まだ、足にしっかり力が入りません。

老化現象による軽い熱中症で、丸3日かけても、あまり改善しないのも老化現象故なのか?それとも別に原因があるのか?

私は単なる老化現象では無いような気がするのです。
セカンドオピニオンを取ってみようか・・・と考えてます。

食欲は有りますし、とても元気だけどアンヨが・・・な、状況です。

実はジェミニのアンヨがおかしくなった日曜日から、さらに遡ること3日、先週の水曜日に私はマンホールの上で滑って激しく転倒。痛くて地面に足をつけない程の捻挫をしました。
病院で貰った痛み止めが良く効いて、翌日には歩けるようになり、日曜日はサポーターで捻挫箇所を、がっちりサポートしてのプール通いでした。

フェイスブックで、私が捻挫したから、ジェミニもアンヨが痛くなったのでは?との仮説をぶちまけたところ、似たような経験をもつ人がゾクゾクと・・・。
ジェミニの歯茎の腫瘍を取る前は私とオットの歯茎がものすごく腫れました。

そんな不思議な体調リンクも有りますが、でもジェミニのイマイマの原因はやっぱり特定しなくては。

なんとなく痛みがあると言うよりは神経系の軽度麻痺に見えます。
痛み止めの薬を朝晩、3日間服用しても目立った改善が無いのは痛いわけじゃないからだと思うのです。

何かしらの神経系の毒物を舐めてしまったとか?(これも可能性はほぼゼロだけど)何か私の見落としがあるのでは?と、ずーっと考えてますが、未だに熱中症説以上の有力な心当たりはありません。
やっぱり軽度熱中症?治りが遅いのはトシ?

うーん、、、セカンドオピニオンをどこで取るか?も問題だ。

写真は昨日のジェミたん。

1400685126226.jpg

2014/05/06

GW、近場でウロウロで期間限定フラペチーノ

5月6日、とうとう楽しい楽しいGWが終わってしまふ・・・。
朝の散歩は基本、オット担当ですが、この日、私には1つの野望が有ったのでした!
それは、近くの「イヌもテラスならOKよ」の徒歩10分(ジェミちゃんのノロ足&道草を入れると所要時間20分くらい)のスタバへ行く!という野望です。

なぜならば、Facebookで次々と売れきれ!&ゲット情報が飛び交っている期間限定のチョコレート・バナナクリームフラペチーノをゴクゴクしたいからです。しかも、我が家から最寄のスタバは売り切れることも無く、普通に注文できた、との情報もあり、是が日でもジェミちゃんと一緒に行くべ!と思っていたのでした。

でも、タバコ吸えないスタバが大嫌いなオット。コーヒーおごってあげるから・・・とナダメすかして一緒に行きました。
スタバまでの道はもちろん、舗装されたアスファルトですが、ジェミたんの大好きな多摩堤の土手ルートでアプローチ。

ご機嫌のジェミちゃんです。

P1020294

P1020302

P1020310

P1020311


二子玉川の再開発で新しく出来た高台の公園(これって、再開発で掘り堀りした時に出た土を山盛りに盛って公園にしたん)で、ジェミたんは階段を昇らなくてはならないのですが、低い階段なので、ジェミニもスタスタと昇れます。

P1020316

こんな公園ですが、連日公園の駐車場は満員御礼・・・。
GWを近場で過ごされる方も多い模様。

で、ゲットしました~。クリームチョコレート&バナナフラペチーノ。見た目よりも全然甘くなく、あっさりしてました。チョコレートパフェのドリンク版か?と思っていたのですが、もっとあっさり。バナナ一本をガァー!ってやっているので、ストローで吸い上げると、バナナの破片がドロっとお口に流れこんできます。

売り切れ続出に、かなり期待してたためか?650円出してコレ・・・は、私的には1回飲めば十分だわぁーな一品でございました~。

ま、それでも記念という事でお写真有り。

P1020324

一番高いやつを飲みたい(私のおごりなんで、ね)と言っていたオットでしたが、私の注文は、「一番安い一番小さいサイズのコーヒー、ブラックで・・・」。


2014/05/05

GW、近場ウロウロでDog Dept Cafe

GW前半ビブリ、後半は家でゴロゴロの我が家。GWってGorogoro Weekの略ですか?
そんな感じでは有りますが、5月5日はQOLAさんでジェミニのウォーターエクササイズ。
しかも、この日は応援団付き(笑)

ジェミニのエクササイズも終わり、二子玉川のガーデンアイランドにあるDog Dept Cafeでお茶しながらのワンコ談義。

今日も元気に泳いだジェミたん。久しぶりにジェミニに会った応援団から、去年よりもずっと元気に見えると言っていただきました。ウォーターエクササイズの効果だったら嬉しいねぇ~、ジェミたん。

P1010275

近くの用賀倶楽部にReeさんファミリーと、novさんファミリーがいらっしゃるという事で、Dog Dept Cafeで合流していただきました。

P1010281

なんと、novさんご一家とは、「GEMINI DAYs」というホームページ&BBS(掲示板)時代からのお付き合いがありつつ、リアルミーティングまでに実に12年もかかってしまいました。
先代のqueueちゃんに会えなかったのは残念だけど、Reeさんちのグーフィー君と同胎兄弟のベック君に”はじめまして”が出来ました。

若いフラットメンズの登場にもクールな様子のジェミたんでしたが、お写真で見たら、こんなに嬉しそうなお顔してましたw

P1010277

ベック君とグーフィー君はとっても仲良し。生まれた時からの兄弟ってのもあって、エンドレスでガウガウ遊びしてるんだけど、さすがにちょっと疲れるらしく、途中で電池切れてました(ぷ)。

充電中のベック君♪

P1010286

疲れて、ちょっぴりボーっとなっちゃってるグーフィー君♪

P1010289

途中、雨がパラパラっとしたりしましたが、楽しい1日でした~。
うちってオットがカフェとか苦手なんで、ジェミニとイヌカフェ行くのなんて、何年ぶり???って感じでした。
ドッグカフェにはニセモノ俊介君(ポメラニアンの俊介カットしているポグマ達)がいたり、ジェミニの絵柄つきハーネスを目ざとく見つけて、「どこの製品?」と聞いてくるイヌ連れ男有り・・・と、世間は刺激が多く楽しいのでございました。

2014/05/03

GW、近場ウロウロで兵庫島

Facebookで美しい藤の花の写真をたくさん見かけるようになりました。
二子玉川にも、兵庫島公園に藤棚があります。
さっそく、カメラを持ってジェミニとのんびり散歩に出かけました。

昨年は綺麗に咲いていた藤の花ですが、今年は不作らしく・・・(毎日、野良猫に餌をあげている事情通のおばさんに確認)。
ほとんど花がつかなかったのだとか・・・。なんでも1年置きで咲くのだそうです。

という事で、見事な藤棚!という写真は撮れませんでした。ニセアカシアという外来の木で、藤の花によく似ている白くて甘い香りの花が満開。ニセアカシアの甘い香りは初夏の匂いです。

そんな、兵庫島公園界隈のお写真をズラーっと並べます。

Img_9050

Img_9057

Img_9071

Img_9074

Img_9084

Img_9123

Img_9124


Img_9089

Img_9091

Img_9102

Img_9103

Img_9111

Img_9112

Img_9114

Img_9119


2014/05/02

チェリちゃんとお別れ

ジェミニと同じ2000年生まれのフラットコーテッドレトリバー、チェリッシュちゃんが天国へ逝ってしまいました。
チェリちゃんのお誕生日は4月30日、ジェミニよりも丁度1ヶ月お姉さんでした。
初めてチェリちゃんに会ったのは、まだ2歳になるかならないか?の頃、西湖のカフェMでニアミスした時。
我が家がカフェMのテラスへ行った時に、丁度チェリちゃん達はお店を出るところで、テラスですれ違いました。
あの時はチェリちゃんってわからなかったけど、その後、お友達になれたのだから、ご縁が深かったのね。

ジェミニのお友達フラットの中でも、元気印、いつもニコニコでパワフルなチェリちゃん。
最後まで頑張って、4月30日に14歳のお誕生日をお迎えして、夕方に天国へ逝ったのだそうです。
3月30日、14歳トリオ(チェリちゃん、クロス君、ジェミニ)でお写真撮った日のが、チェリちゃんと会った最後の日になっちゃいました。

でもね、ビブリで4月30日未明の夢にチェリちゃんが出てきたんです。悲しんでいるリーさん(飼い主さん)の頬を、チェリちゃんがペロペロ(というか、激しくベロンベロン)舐めている夢。
悲しい虫の知らせでしたが、夢の中でチェリちゃんはすっごく元気で、悲しむリーさんを励ますような夢でした。

5月2日、ビブリから戻ってチェリちゃんのお葬式に出席して、最期のお別れをしてきました。

20140502_112710

もう、チェリちゃんにドスンしてもらえないのね。
みんなの人気者で、2000年前半、まだまだホームページと掲示板くらいしかなく、フラットコーテッドレトリバー自体が珍しかった頃、チェリちゃんはスーパースターでした。
天国では「チェリが来るぞー」ってウワサになったことでしょう。

これまで、一杯の笑顔をありがとう。
チェリちゃんのこと、一生忘れないからね。

2014 GW☆ビブリオープン

今年のGW、前半は飛び石で普通に週末チックですが、有休を頂いたので、4月26日の土曜日からどーんとゴールデンウィークに突入しました。

我が家は土日を外して、28日(月)の午後からのんびり出発しました。出発するに当たり、ちょっとした一悶着も有りましたが・・・、まぁ、それはそれとして、28日の夕方のビブリ到着。
寒いだろう・・・との予想に反して、28日は夜も比較的暖かく、気温は8度くらい。
なんとかデッキでご飯食べることも出来ました。

多くのキャビンでは、蒔ストーブを使ってデッキで暖を取られているようなのですが、なんせ、面倒臭がりの我が家・・・、蒔ストーブ有りません。寒かったら室内に入ってストーブの前でゴロ寝っす。。。
さらに、最近はカフェカーテン(透明の分厚いビニールのカーテン。カフェのテラスなんかに防寒対策で着いてるやつ)を装備されるキャビンも増えているようなんですが、もちろん、そういった装備も「めんどくせ・・・」ってことで有りません。
寒い時期のビブリでは、ほとんど、ストーブぬくぬくの室内でゴロゴロして過ごすので、なんのために長野まで行っているのか?と思うこともありますが、ジェミちゃんがビブリ大好きで、キャビンの中でゴロゴロしてても楽しいようなので、OKなんですー。

ビブリ到着初日、夕方のお写真。

Img_9037

今年もジェミニと一緒にビブリに来ることが出来ました。

Img_9043

ちゃっちゃっちゃと荷物を出して、ナナーズ(ビブリ近くのスーパー)のお弁当食べて夕飯完了。
あまり寒く無かったので、厚着してキャビンで夜の読書を楽しみました。
我が家のキャビンは白樺交じりの雑木林の中にあり、夜は辺り全部真っ暗です。
なんとなーく、野生の小動物が来ているなーーーなんていう気配を感じたりしながら、サスペンス系を読むと、ゾクゾク感倍増で堪りません。

ビブリ2日目は雨予報。午前中に人間は川上村ヘルシーパークのお風呂へ。
午後から予報通り、シトシトと雨が降ってきましたが、ジェミたんはデッキでお昼寝。
寒くてもお外に出ていたがるんです。
外の空気を感じながらのお昼寝も、ジェミニの免疫力アップに効果ありそう?と思うのでした。
自然の中で、「気」を整えることが出来るような?イメージです。

P1010240

ちょっと退屈~~~。

P1010244

オットは昼酒くらって、午後から夜まで昼寝三昧なので、ジェミたんと雨が上がった夕方に、お散歩に出かけました。
薄暗くなってくると、ジェミたんの警戒心アップ。イヌとしては相当に鈍感なほうです(なんせ、以前にキャンプ場で野犬が出た時に、お友達ワンコは全員気づいたのに、ジェミニだけ気づかなかったくらいに鈍感)が、年とともに「いざっ!」って時の自分の機動力に自信がないのか、危険センサーは若い頃より敏感です。

足元の確認できない草むらも歩きたがらないし、野性味溢れる眼鏡橋の方へお散歩に行ったら、帰ろう、帰ろうというので、途中で引き返してきました。

夜になっても起きてこないオットをたたき起こして、ナポリタン作りました。
我が家、キャンプ中も朝晩がカップラーメン、昼は外食やらナナーズ弁当やらで、ほとんど作らないグータラキャンパーなんですが、さすがに毎日ナナーズ弁当は飽きるわけで・・・。
あとは安かったアスパラを大量に茹でてみました。

P1010247

オットが1年5ヶ月しか乗っていないBMW X5Mからツーシーターのスポーツカーに買い換えちゃったので、セカンドカーだったはずの黄色2号が家族遠出のメインカーに昇格しました。
森の中で黄色がひときわ目立つ我が家です。

P1010250

3日目のビブリはさらに本降りの1日でした。GW中の平日なのでビブリも閑散としています。
高原のパン屋さんまで、パンを買いに行った後は、ひたすら読書&映画鑑賞。
オブビリオンはやっぱり、タブレットで見るよりも映画館の3Dで観るのが面白いんだろうなーと思いながら、2回も見てしまった。。。

4日目(5月1日)はビブリ最終日、ようやく晴れました。日中、オットもジェミたんもお部屋の中でお昼寝中に一人で散歩。
なんとなく・・・呼ばれているような気がして、川プールへ一人で行ってみました。
真昼間なんですけど、ほとんど人気の無い自然の中に居ると、人間もそれなりに直感というか、第六感が敏感になるのではないか?と思います。
特にビブリの中でも川プール付近は何と言うか、特別な空気を感じることが多いです。
なんともいえない気配めいたものを感じるのです。

台風の爪痕で地形が変わり、もはや「川プール」とは言えないただの川になってしまいましたが、ふっと里子で向かえたばかりのキャロルをビブリに連れてきて、川プールでキャロルがものすごいダイビングで飛び込んで泳いでいたことを思い出し、「あれは何年前だったっけ?」と記憶を辿り、7年前であることを確認したその時、私の左足元をスっと黒い影が通ったんです。
まるで、ヒールポジションについて、川に投げるボールを追いかけて飛び込む黒犬の勢いとスピードのある、スっとした黒い影が私の視界の角を横切ったのでした。

ハっとして振り返りました。一瞬、ツキノワグマと遭遇してしまったか・・・!と思うほど、くっきり、はっきり見えた黒い影でしたが、360度見渡しても、どこにも黒い動物は居ませんでした。
しばらく、気配を探して佇んでいたのですが、ゾクゾクゾク~としてきたので、川プールをあとにしました。

なんとなく呼ばれている気がして歩いて行った川プール、そして黒い影とゾクゾクゾク。
全て思い込みといえばそれまでですが、キャロルちゃんも一緒にちゃんとビブリに来てるのかなぁ~、雨上がりで晴れたビブリ最終日、川プールで遊びたかったのかな、なんて思いました。

そして、5月2日未明にビブリを後に東京に戻ってきました。
GW後半は本格的な連休で、ビブリもワンコさんが一杯訪れてたようですが、前半組の我が家は、GW感ゼロの雨がシトシトの静かなビブリで2014のビブリライフがスタートしました。

無料ブログはココログ