« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012/07/10

Reeさんのお家で爆裂犬トーク♪

またまた日記は過去にさかのぼりますが、7月2日の出来事。
毎月、眼科検診で通っている目医者さんからReeさんちはすぐ近く。
Reeさんのお家が電波障害でソフトバンクのWiFiルーターの入りが悪い、という事で、docomoだったら入るのかどうか?私の持ってる端末で実験を兼ねてお家にお邪魔することになりました♪

久しく会っていなかったジルままさんも集い、Reeさんの美味しい手料理をご馳走になりつつ、犬談義に花が咲きました。
18時半に駅で待ち合わせして、Reeさんちに行って話に夢中。
途中でReeさんのご主人が帰宅するも、挨拶そこそこで再び話に没頭・・・。
ふっと時計を見れば、な、な、なんと時計の針は深夜の12時45分~!!!
ウソでしょ、ウソでしょ、、、とか言いながら、さらにひつこく喋り続け、お暇したのは深夜の1時半頃???もう時間間隔麻痺しちゃって、良く憶えてませんが。。。

という事で、可愛いチェリッシュ&あいる親子に、ちょこちょこと(勝手に)お野菜上げたりする私は超モテモテで嬉しかったです~♪
Reeさん、遅くまでお邪魔させていただいてありがとう。
美味しくて楽しい一時に感謝してます☆

楽しかった様子をi phoneカメラで撮って編集してみました。
Photo ShakeというアプリをBalmamaさんに教えてもらってからお気に入りで使っているんですが、最近、million momenntsっていうアプリも気に入ってます。million momentsでは写真撮影した日の日付が入るようになっていて、あたかもPhoto Dialyのようにアルバムを作ることが出来るアプリ。ただし、写真は適当にアプリ側で間引かれちゃうのと、レイアウトはアプリ側で自動設定してくれるので、必ずしも載せたい写真がアルバムに載らないこともあり、、、。
ただし、写真にタグをつけることが出来るので、たとえば「Dog」とか「Meal」っていう感じで、あらかじめ自分で設定したタグを写真につければ、タグごとにアルバムを作ることもできます。

Photoshakeもmillion momentsも、i phoneやi pad用以外に、Android端末用アプリもストアからダウンロードできますヨ♪
皆さんはどっちのアプリが好きですか~?(^^)

■Photo Shake(基本は載せたい写真が載せられます)

Photoshake

■million moments
日付が入るので、いつだったか思い出せるのが便利。
アプリはアルバム形式になっているので、あとから見ても結構楽しいです。
だけど、↑と同じ写真をアプリに取り込んでいるのに、アプリ側で編集してくれた結果は↓の通り。写真を全部載せられないのがちょっと残念といえば残念。
ただ、アプリはかなり洗練されていると思うけど。

Photo

■これは、Dogというタグが付いている写真のみで作っているアルバムから。

Data_1

2012/07/01

いよいよ7月、獣医さんへ

早くも2012年の半分が終わり、今日から7月突入。
今日は午後から結構な量の雨が東京に降りました。

犬を撫でながら、発見済みの脂肪腫(ぷにょぷにょしてる脂肪の塊)も大きくなってないか確認するのですが、たまたま尻尾の辺りを撫でていてギクっ(ぎっくり腰ではありません)。
なんか、いつもの脂肪腫とは明らかに違う、小さくて硬い突起物。
毛を掻き分けて、正体を確認してみると、↓の写真のようなモノでした。

001_2


写真では分かりにくいんですが、他の皮膚の色に比べるとほのかに赤い。
赤いデキモノは悪いものが多い、って以前に聞いたことがあります。
ジェミニは痛がる様子無し、虫刺されとは違うもの。
これを発見したのが、金曜日の夜で、土曜日は出たり入ったりばたばたしていたので、本日、日曜日の夕方、獣医さんで診てもらいました。
丁度、5月に予定していた内蔵のエコーチェックが伸び伸びになっていたので、それもあわせて。

319368_390577694340554_1237320141_n

久しぶりの獣医さんに、ジェミちゃんもルンルン♪♪
なんてことが有るわけもなく、ジェミニさん、ドヨヨンです。
でも、病院で会う小型犬とかには超興味深々で、私に背中を向けたまま、熱い視線を送る先は、小型犬用ショルダーバックからお顔を出しているトイプードルのフリルちゃん&可愛い飼い主さん。
すっごくラブラブ光線送ってたんですけど、100%無視され続けてしまったジェミニ。
飼い主としては胸が痛みますのぉ~。

診察ついでに爪切りもして頂き、終わったあとはすっかりお疲れのジェミニせんせーでした。

気になる尻尾の付け根のデキモノは、おそらく乳頭腫だろうとのこと。
「に大きくなったり、赤くなるようだったら連れてきてください、その時は切ったほうが良いかも」とのことで、経過観察となりました。
でも場所が尻尾の付け根で切りにくい場所なんで、もしそうなった時は実際のところどうしようかね、、、と先生とも話してきた次第。
その時になったらもう一回考えようと思います。

エコー検査のほうも、特に怪しげな影は無く、12歳にしては綺麗な内臓、そして大きな安定した心音で心臓も丈夫と言われて一安心でした。
5月にフィラリアとともに検査した血液検査では、ALPの値が1260というかつて無いほどの高い数値(いつも高めなんですが、400台~600台でした)。
ただし、ALPの値は3歳の頃からずーっと正常値より高く、過去には投薬とかもしてみたけど効果が無く、先生も「体質、、、というか、生まれつき胆管の付き方が悪く胆汁が逆流しやすい形の内臓なのだろう」という見解に、ジェミニが6歳の頃に至りました。
という事で、ALPだけが高いので、これもずーっと経過観察中です。
骨肉腫など、骨の痛みを伴う疾患でALPが高くなることもあるらしいです。ジェミニは5月の血液検査の時に、前足を痛がっていると指摘され、加齢によるものだろうから・・・という事で、サプリメントを飲み始めました。
その効果で、ALPが下がっているかどうか分かりませんが、今回は血液検査しなかったので、また次回に。

ここまでジェミニは幸運にも、避妊手術以外の手術を一度もせずにきました。
あちこち、加齢による神経痛とか、脂肪腫がポコポコできたりしながらも、ジェミニの全体的なバランスの調和が取れている状態なのだと思います。
なので出来る限り腫瘍の切除とかもしたくないと思ってます。
全体的に少しづつ老化していく中で、1つの何かに対処するために手術することで、全体の調和が乱れてしまうのもコワいな、、、と思ったりします。

とは言え、それもいざっていう時にならないと決められるものでもありませんけどね。
まずは、体に負担のかからないレベルで、定期的な検査を続ける、できるだけ健康に留意した美味しいご飯を食べる、しっかり眠る、といった基本的な健康管理しかできることも無いので、あまり神経質にならずに、ジェミちゃん見習ってのほほんとしていようと思う飼い主です。

無料ブログはココログ