« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/18

今週も安近短でヨギヨギしてきました

なんだか・・・水泳以外にネタは無いのか?って感じなんですけど・・・。
その昔、毎日、何をそんなにアレコレと書くことがあったのだろうか?と思うほど、「特に何もない」毎日を過ごしております。
犬ネタ以外のことも書けば、もうちょっと更新頻度も上がるんだろうと思うのですが、その気分がすっかりFacebookに移行してしまって、、、ブログが書けなくなってしまいました~。

FacebookやTwitterは、気軽にちょちょちょっと今のことを書けるのが良い一方で、どんどん通り過ぎて行ってしまうので、Blogのように過去も振り返ることが出来るタイプの情報共有方法ではありません。
なので、Blogに書いておかねばっ!と思うはココに書こう、って思うとジェミちゃんネタくらいしかないんですね~。

もうちょっと朝のお散歩写真とか撮れば良いですね、昔はカメラ持ち歩いて散歩してたんだから・・・。
と、日頃の更新レスを反省しつつ。

もう、年末まであと2週間ですね~。
今年1年は特に早かったような気がします。
仕事は年々忙しくなっていくような気がします。

2012年は世界中が平和でハッピーな1年であれば良いなぁ、と心から思います。

さて、最近のジェミニですが、寒くなるのに比例して元気です。
毎朝、「棒遊び」なるものをお父さんと散歩のときにやっているようです。

今回も「綱吉の湯」で30分泳ぎました。
前回よりも休憩回数は少なく、今回は1回しか休まずに泳げました。
前回は途中で泳ぐスピードが遅くなりましたけど、今回はスピードもそんなに変わらずに泳ぎきりました。
3週間ぶりでしたけど、やっぱり水泳は体力増強に良いような気がしてなりません。
獣医さんは2日置きくらいで泳がないと効果は無いって仰るんですが、明らかにヨギヨギのあとの2週間くらいは、マンションの非常階段もスタスタを登れるんです。
マンションの非常階段は、かなり段差の高い階段で、駅なんかの階段よりもステップが急なため、後ろアンヨの筋肉が落ちてくると、後ろ足が上がらなくなってしまうんです。
3週間目に入ると、少しヨタっとしてきます。
水泳のあとも、しっかり自力で階段昇ってましたので、夏場に急激に階段が苦手になってしまった頃から比べると、本当に元気です。

これは、「寒い」っていうのも影響あると思います。
日本の犬は、あの暑い夏で、寿命縮めてると思う今日この頃です。

001


015


011


018


2011/12/04

Skodaというチェコ車

我が家の車、横幅が190cmあるため、私が運転するには何かと車が大きすぎて不便。
特に道の狭い世田谷界隈を乗り回すには、神経も使います。
獣医さんの駐車場に入るのも大変だし、都内全般、駐車スペースもかなりタイトなので気を使います。

車のパーツがいちいち専用パーツだったりするので、ぶつけると最悪3ヶ月くらい部品が届かないこともあり、オットがものすごく私が運転するのをイヤがります。

でも!結婚するよりも以前から、私はキャンプ道具を車に乗せて、ジェミニと「One & Wan」でアウトドアを楽しん出来たんだ、という自負もあり、いちいちオットにお伺いをたてて車に乗るなんてまっぴらゴメン。
ってこともあり、私専用でジェミニが不自由なく乗ることが出来て、場合によっては私とジェミニだけでサクっとキャンプにも行けるような、小さいけどキャンプ道具も乗るし、ジェミニのクレートも入る車を探していました。

Kangooとかが立候補に上がったこともあったんだけど、New Kangooは後部がフルフラットにならないし、実物を見ると色々とガッカリなこともあり・・・。
ジェミニを迎えて一番最初に買った車、ダイハツのNAKEDのように後部座席が取り外せる車って無いんだろうかぁ~と思っていたわけです。
で、オットが探してきたのが、チェコの車メーカー、Skoda。
フォルクスワーゲンに買収されているので、中身はまんまフォルクスワーゲンなわけです。
日本ではまず見ることが出来ない、平行輸入するしかない車ですが、なんと!ナンバーのついた車があるという事で、今日はさっそく実車を見てきました~。

■Skoda Roomstar:
1700ccの小型車、5ナンバー車で街乗りするにも丁度良さそうなサイズ。
中身はフォルクスワーゲンのPOLOと同じです。

Dscn1257

非常に普通なんだけれども、やっぱり欧州車ってセンス良いなぁ~と思う私。たとえ東欧でも。
この写真の状態(↓)は後部シートを跳ね上げて収納している状態です。
このようにするだけでも、後部エリアはフルフラットでかなり広い面積を確保することが出来ますが、さらにこの後部シートをガチャンとワンタッチで外すことが出来るのです。

Dscn1256


Comfort_01 Skodaのホームージに後部座席を取り外した後の写真があったので、ちょっと拝借してきました。なかなか良い感じなんですよ~。
http://www.skoda-auto.com/en/Pages/homepage.aspx

失礼して、ジェミちゃんのクレートを乗せてみました。
ジェミニのクレートはかなり大きめサイズなんですが、このように乗せた後ろ側のスペースに椅子を取り外せば、もう1つ横向きにして同じクレートを乗せることが出来ます。
2つ乗せちゃうと、さすがに残り面積は少なくなりますが、SnowPeakのリビングシェルとランタンや小型ストーブくらいは乗せられそうです。
あとはジェットバック積んで、そこに椅子やテーブル、シュラフなどを搭載すれば、シンプルキャンプを楽しむことが出来そうです。

Dscn1254

エンブレムはこんな可愛い模様です。
Dscn1259

ほんと、普通なんだけど、よい感じだと思いませんかぁ~?
Dscn1267


■Skoda Yeti
そしてもう1つ、同じSkodaの車でSUVタイプのYetiというシリーズが有りまして、こちらも後部座席が取り外せるタイプです。これは1900ccの3ナンバーです。中身はフォルクスワーゲンのTiguanと同じです。
Yetiって雪男っていう意味ですが、ネーミングも可愛いですよね~。

Dscn1265

このYetiは10トンのヘリコプターが屋根に上陸しても大丈夫など強固なフレームで出来てるんです。
たまたま、ケーブルテレビでイギリスの車番組をやっていて、Yetiにヘリコプターを載せる実験やってました(笑)。
イギリスではSkodaが結構流通しているらしいのです。

Dscn1266

今乗ってる車がSUVタイプなんだから、今の車を維持する場合、Yetiは要らない。
Roomstarをセカンドカーとする、という考えはあるけど週末にセカンドカーとしてどれだけ私は乗るのだろうか?という疑問も大いに有り・・・なので、ものすごく要検討事項であります。

Skodaを買うなら、今の車を売ってオットは再びスポーツカータイプにしたい、とか言い出しております。
それを阻止したい、という願望も強いので、非常に要検討事項です(笑)。

でも、私が思うに、Skodaは犬車のファイナルアンサー!みたいな車コンセプトだと思います~。
非常に味のある車で惚れ込みました♪

2011/12/03

ジェミちゃんのヨギヨギ・安近短コース

1週間過ぎてしまいましたが先週の日曜日(11月27日)は、「綱吉の湯」のプールを予約して、ジェミニのアンヨの筋肉補強運動に励みました。

綱吉の湯のプールは2m×7mで大型犬にとっては決して大きいとはいえませんが(それでも都内最大級)、30分貸切で1頭で泳ぐことが出来るので、水泳量かつプールの大きさともに十分です。

インストラクターのお姉さんが付き添っての水泳となりますが、ジェミたん、初めてのお姉さんにはあまり心を開かず・・・(笑)
お姉さんとも傍目には仲良くしているように見えるのですが、決してアクアダミーは渡さないし、投げてもらっても、私が取りに行ってきて!っていわないと泳がなーい。
いつから、こんなに愛想の無い犬になってしまったのか?と思います。
あまりに愛想が無いと飼い主、アセアセします。

その昔、ジェミニが小さい頃はドッグランなどに連れて行くと、私以外の人間全員に挨拶をしまくりで、それこそ傍目にはお家で可愛がられていない子?って思われるんじゃないかと飼い主、アセアセだったのに。

Woofのように一回泳いだらプールサイドに上がって休憩、が出来るようなプールサイドの余裕は有りません。
綱吉のプールは休憩もプールの浅いところでお座りしたり伏せたりしなくてはなりません。
ジェミニ、水の中で座ったり伏せたりしない子なので、そんな辺りも初体験でちょっぴり戸惑っていたのかも。
お顔は実にポーカーフェースでしたけど。

Dsc01872


Dsc01898


Dsc01865

30分、ほとんど休むことなく泳ぎきることが出来ました!
最後はかなり泳ぐのも遅くなったけど、本犬もやり遂げた感があったらしく、シャンプーしてドライヤーで乾かしている時のお顔は満足そうでした~。

001

帰りは首都高がとっても混んでいたので、湾岸~横羽線経由で帰宅。
行きも帰りも移動時間は30分くらいでしたので、Woofまで行くのが億劫な時に補助的に水泳するのに、これからも積極的に通ってみようかな、と思いました~。

お台場の観覧車、車の中から撮影

006


横羽線で横浜方面へ向かう途中、富士山のシルエットが綺麗に見えました。
コンパクトデジカメのオートフォーカス(追尾機能)を使って撮ってますが、100キロを越えるスピードででもボケずに富士山が撮れました。コンパクトデジカメも進化してますねぇ~。

012


海の中を通るトンネル

008


無料ブログはココログ