« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/28

街で噂のBG

ようやく週末となりました。

が、日曜は早朝から1泊出張なので、今週末もお家でまったりLife予定のジェミニせんせーです。
今週はキャロルが久しぶりにやらかしてくれました。
納戸に段ボールに入れた状態で備蓄しているワンコ用のシリアル製品があるのですが、段ボールをコジ開けてシリアルの袋を1つ盗み出し、リビングで袋に穴をあけて半分も食べました!
そのシリアルは1日~2日、水でふやかして食べるタイプの強烈繊維の塊のようなシロモノです。
ぶっちゃけ、乾燥した状態で食べたって美味しいはずはないのです。
んで、半分くらい食べて猛烈に気持ち悪くなったのでしょう。
ドグベにゲ○、洗面所のチッコシートの上に巨大なウ○○×2個。
オットより先に帰宅した私が片づける羽目に、、、。もちろん夕飯は抜きにしました。
でも、シリアルたっぷりでウ○○は大量に出てるし、嘔吐もあったのでお水だけはたっぷりと飲ませました。
で、ジェミちゃん連れて夜の涼しくて気持ち良いお散歩へ。
散歩から戻ると、またまたシッコシートの上に巨大な・・・。
そして、オットは仕事で朝帰りになるというので、ジェミちゃんと仲良くベッドでおねんねしたワタクシ。
キャロルはいつも自分のハウスで寝るのですが、夜中にオエっていう音を聞いた記憶は有りました、、、確かに。。。
爽やかにジェミちゃんと目覚め、ルンルンでリビングへ行くとそこには・・・。ウ○○、ゲ○○、シッ○の3拍子揃ったものが・・・。
シッ○の方は半分乾燥してましたが・・・。
ほんっとにもう、Bad Girlです。
Girlっていうか、キャロルって7歳半なんですよねーーー。
「あの娘はBG」って街でも評判です。

Img_5160

こいつが犯人(ホシ)です。

2010/08/27

Dog Days

盛夏のことを英語でDog Daysと言います。

色々な説があるようですが、大犬座(The Dog Star)のシリウスが7月~8月半ばにかけての最も熱い時期に、太陽とともに天に上り、太陽とともに沈むのだそうです。
なので、7月~8月をDog Daysと呼ぶようになった、ということだそうです。
で、北半球では、シリウスが朝日とともに空に昇る時に、暑くて湿度の高い気候をもたらし、様々な凶事を起すと考えられていたようで、その昔はシリウスの怒りを静めるために、茶色の犬を生贄にしていた、という説もあるようです。

愛犬家にとっては、「盛夏=Dog Days」と知るとなにやらキャンプ気分になったりしますが、古代ローマ時代の慣わしはちょっと残酷でもあるのですね。

今週もあと1日で終わり、酷暑にめげず美しく咲く花達のように、もうしばらく酷暑を楽しみましょう!!

Img_7091

Img_7100

Img_7129

Img_7134

懐かしい多摩川の土手に広がる緑地の景色。
ここ、我が家のまん前の土手で、自宅から2分の距離でした。

P1010277

ジェミちゃんが生後5ヶ月目に我が家にやってきてから、ほぼ365日毎日お散歩していた土手の緑地ですが、今は工事中。

土手の工事が始まって1年経つ???
我が家の界隈のワンコちゃん達はお散歩難民状態ですが、暑い季節は工事をしないことになっているのか、途中まで工事して、そのまま放置されてます。

ホント迷惑です。早く土手緑地の散歩が出来るようにして欲しい。
ワンコちゃん達がみんなしてアスファルトの道路におチッチしているので、この夏、道路が臭くて大変です。
我が家もその一因になっているので、とても気になってます。
この写真の緑地がワンコちゃん達のチッチを吸収していたのね。

土手緑地は気持ち良い野芝と一緒に雑草がたくさん生えてる場所だったけど、ほとんど木が無くて、木陰の存在は貴重でした。
この写真、2005年の8月26日撮影です。暑くて木陰から出られない状態。
寝坊して、日が昇ってから河原に出たんですね、、、。
そして、ジェミニが眺める先には、昔の「河原のカフェ Piece」の小さな小屋が。
今は駅の反対側でお店も大きくなっちゃったけど、私はこの小さな小屋だった時のPieceが好きだったなー。

もう、この景色は実際にはありません。
幻のDog Daysですね。

2010/08/25

Alto Adige 南チロルを食す

Rimg2599

少し前のことになりますが、豪徳寺にある南チロル地方のお料理を出すレストラン「三輪亭」に行きました。

南チロル地方ってどの辺り?
チロリアンテープのチロルよね??
くらいしか、地理情報の無いワタクシでしたが、とてもとても美味しいお料理に感動いたしました。

南チロル地方=Alto Adigeは北イタリアに位置しており、海から遠い山の中です。
よって、魚料理はほとんど無いのだけど、牧羊・牛による乳製品やお肉の加工料理は豊富なんだそうです。
その言われの通り、チーズもシュベック(特製生ハム)もメチャクチャ美味しかったです。

続きを読む "Alto Adige 南チロルを食す" »

2010/08/22

硬派なクマ鈴

秋田県の阿仁はマタギの里です。
秋田出身のオットは、以前からこの阿仁に残る日本で最後の熊刀鍛冶士が作る刀を欲しかったようです。
熊刀、熊と戦う武器は1つのオプションで、むしろ道具としてはナタにもなるし、ジャパニーズサバイバルナイフみたいなモンなのかと・・・。

しかし、あまりにも硬派なモンなので、「(欲しい)リスト」に乗っているものの入手に至っていなかったようです。
が、ビブリでは車の通路を妨害する枝を落としたり、ちょっとした薪きを割ったりとか、結構、道具としての熊刀って便利なのだろうと思われます。なんせ、マタギが山の中で暮らすための道具ですから。
で、今回、ビブリでも熊が目撃されるようになり、にわかに「いざっ」って時のことも考えると、ここは阿仁まで出かけても「ホンモノが必要」となったオット。
さっそく、ジェミニのお友達のリプルんのパパと一緒に阿仁までバビューンと行ったのでした。
土曜の早朝4時にどっかのSAでリプルんのパパと待ち合わせして・・・。この早起き名人達には全く付いてイケマセン。。。

で、熊刀とともに、最後の熊刀鍛冶士が金打ちをして作るホンマもんの熊鈴も買ってきました。
ワタシがせっかく可愛い熊鈴を買おうと思っていたのに、ウルトラ硬派な熊鈴です。。。
かわゆくするためにリボンでも付ける???

Rimg2704

続きを読む "硬派なクマ鈴" »

2010/08/21

TAMAGAWA FIREWORKS SHOW 2010

今日は多摩川花火大会でした。
我が家は川沿いマンションなので、ベランダから花火が見えます。
でも、マンションの前に民家も立ち並んでいるので、高く打ちあがる花火しか見えないのですが、まぁ、ベランダから撮れる範囲で三脚出して撮影してみました。

でも準備が悪いので、ドンドンと花火が上がってから慌てて準備。
で、肝心の花火の撮影方法がわからない。
うっすらとした記憶で、「バブル撮影」という文字があり、久しぶりにCanonの20Dっていう古い一眼レフデジカメを三脚にセットしたは良いが、一度、夜景撮影で使ったことがあったきりで、久しぶりすぎてすっかり操作を忘れてしまった。

ドンドンパンパンと花火が上がるし、なんかものすごーく焦りながら「バブルってどれ???」って全然思い出せず仕方無いので、一番端っこのA-DEPっていうモードで撮った。あまり意味無かったと思う。

ベランダから見えるタイプの花火は、高く上がるタイプだからか?色違いの同じ形ばかり。
20分くらい撮ったところで、撮影にも飽きてエアコンの効いたお部屋へ戻ったのでした。
まぁ、、、こんな感じの写真しか撮れませんでしたが、もうちょっと真面目にカメラの機能くらいは覚えようか・・・という気になりました。。。

最初の写真、河原沿いに新しく建設中のマンションの屋上に乗っかっているクレーンが写ってます。

Img_8618a_2

Img_8648aa



続きを読む "TAMAGAWA FIREWORKS SHOW 2010" »

2010/08/20

Let's Try a Tripod

やっと三脚買った!って書いた日記の続きを書くところまでたどり着きました。
三脚が届いた夏休み中の火曜日(もう2週間くらい前の話です)、猛烈に暑い中、青い空に白い雲のコントラストが素晴らしかったので、渋るオットを誘って三脚かついで撮影に出発したのでした。

ジェミニとキャロルは涼しいお家にお留守番です。
で、シャッターきりまくったのですが、ことのほか、使えるお写真が少なかったのです。
写るには写っているのですが、凡庸というかアングルがつまらないというか・・・。
まだ三脚の調整なんかに慣れていないので、精進が必要です。

この写真は二子玉川の再開発で出来た新しいビル。まだ建設途中なのですが、窓に雲が大きく写りこむのが面白いな~っていつも思っていたので、撮ってみました。

Img_6274

続きを読む "Let's Try a Tripod" »

2010/08/19

東京洋菓子倶楽部とおうちカフェ

実は~、マンションの駐車場でオットの愛車が購入4ヶ月にして、隣の隣ポルシェ君の車庫居れ時にゴッツンコされまして・・・。
前のナンバープレートが地面に落っこちる程度に凹みまして、昨日、一昨日(土曜日)代車と交換になりました。
代車君、私はまだ見てないんですが、黒のCクラスとのことで、車高が低くてビブリはちょいと無理かなぁ~ってことなので、隔週ビブリはしばらくお休みしなければなりません。

で、オットが青山方面へ代車交換で出かけると言うので、美味しいとウワサの東京洋菓子倶楽部のモンブランを買って来てもらうことにしました~。

R0011975

ちょっと面白い形のモンブランでしょ?

手前のシューはちょっぴりたこ焼きチック。
モンブラン、確かに美味しいんだけど、やはり千疋屋の「それ」の方が美味しいと思いました。
なので・・・80点!

R0011978

続きを読む "東京洋菓子倶楽部とおうちカフェ" »

Heat of Late Summer 2010

Img_6111

今週はのっけから残暑厳しく、1週間が長く感じられます。

それでも、今日辺りは昨日までと比べて朝と夜は少し涼しく感じられます。
あと数ヶ月で冬になるなんて、信じられないくらいに毎日暑いわけですが・・・ビブリではツキノワグマがサイトで目撃されて、一時、テントの方々は管理棟前に避難したそうです。

詳しくはビブリッジのホームページのメンバーズサイトをご確認ください。
ログインのためのIDとパスワードが分からない時は問い合わせると直ぐに教えてもらえますよ~。
(ワタシも知らなくて今日、携帯メールで問いあわせて教えてもらいました)

ツキノワグマは出会いの辻の西サイトの川沿いを歩いてキャンプ場内に入っているらしいです。
前々回、我が家がビブリへ行った時も、キャンプサイトの上方、小川牧場のゲート付近(山の神様の辺り)で熊の目撃情報が有り、「ワンコやニンゲンは鈴をつけましょう」という注意喚起がトイレの壁に貼られてました。
もっとずーっと前にもマサビ山で熊を見た、というお話を聞いたこともあります。

ちょっとインターネットで調べると、ツキノワグマって人間世界のお隣で暮らしている動物なんですね、全国でツキノワグマの遭遇事故などの記事が出ていますし、中には里山を下りて村や町に入って被害を出しているクマも居るようです。
クマの方に悪気は無いんでしょうけど、あちらも生きるのに必死ですからね。

これから秋には出産→冬眠シーズンを迎えるので、余計にエサをエラってキャンプサイトに侵入してくるかもしれないので、夜のトイレとか気をつけないと・・・ですね。
うかうか、道路の真ん中で星空撮影なんかするのも危ないか、、、せっかく三脚買ったのに。

そうとは知らず、先週のビブリでは涼を求めて川の流れる静かなメガネ橋界隈に出没していたジェミニ家です。

Img_6116

Img_6100

Img_6106

熊にこちらの存在を報せるための熊避けの鈴、やらないよりはマシだと思うので、さっそくモンベルで可愛いのを(←主旨違うけど)買おうっと。

ジェミニは多分、熊に近づかないと思うけど、キャロルは尻尾フリフリで駆け寄ってしまうかもしれない。
インターネット情報によると、熊が敵と戦うのは1分くらいなんだとか・・・それで勝負つかなければ退散するみたいで、運悪く出会ってしまったら1分は死ぬ気で戦うしか無いそうです。勝ち目はほとんど無いようだけど。。。

ビブリは「安全な大自然」って思っていたけど、過信は禁物ですね。
食べ物管理をきちんとして、餌付けにならないように気をつけないと、一度人間の食べ物漁りに成功してしまうと学習しちゃいますからね、、、食べ物とゴミの管理を気をつけないと。

ビブリに限らず、キャンプでは熊が出るリスク、忘れちゃダメですね、、、。
キャビンだって安全とは言い切れないし、自然の中に間借りしている緊張感、緩みがちだったのでネジまきました。

Img_6068

Img_6131

我が家は出張やらなんやらでしばらくビブリはお休みです。今度は9月の前半かな。

9月は夫婦して出張があるし、10月はワタシが出張、オットはF1もあるし、なんだかんだであと数回くらいかな。
もう、次回は完全にフリースとストーブが必須の季節になっているんだろうな~。

そして2010年が終わり・・・><
まぁ、あまり先を考えずに「今」を楽しむことにします。

2010/08/14

雨も楽し

雨に煙るビブリの景色も良い。
雨が止んだ後の静かな夕暮れのビブリも良い。
静かなビブリ。

早起きして早朝の静けさもきっと良いに違いないのだけど、涼しい朝を満喫すべく朝寝坊しているので、どーしても写真が夕方ばかり。
「早朝のビブリも良い」と書けないワタシ。

月曜日の夕方、雨がようやく止んだのでテントサイトの方へお散歩に行きました。
オットは昼過ぎからお酒飲み始めて夕方から「夕寝」に入ったので、レディースチームでお散歩出発です。

続きを読む "雨も楽し" »

キャビンにて

Img_6054_2

世間的にはお盆シーズンって8月11日(水)辺りからこの週末がピークだったんですね。
どーりで、我が家が滞在した8月7日~10日にかけて、ビブリは普通の週末風情だったわけですね。
別の日記にも書きましたが、土日は晴れましたが、日曜の夜には雨がかなり降りました。
テントを叩く雨の音を聞きながら、テントの中で夜なべして読書をする時間が好きですが、キャビンの屋根を叩く雨音を聞きながらの就寝も悪く有りません。

4日間のビブリ滞在中、静かなキャビンのお屋根の下でのんびりと過ごしました。
ジェミニは、キャビンだとあまり気分が高揚しないのかも…(笑)
「食う、寝る、遊ぶ」生活で、雨だろうと晴れだろうと東京とは比べ物にならない快適な気候の中でのんびりしています。
キャロルのスイッチはジェミニを見てONとOFFが決まるので、ジェミニがまったりならキャロルもまったり。
もしかして、ジェミニはキャロルを動かすリモコン持ってたりして・・・。

そんな静かな1日、お屋根の下、デッキの上での極上のぐーたら時間でした。

①ここにきて、お口の周りで白髪が少しづつ出てきたジェミニちゃん。
口角も徐々に下がってきて、お口周りのパッキンがゆるゆる~になってきましたが、本人的には全くもって若いつもり。
目の光に頑固さも増す一方ですー。

続きを読む "キャビンにて" »

2010/08/11

お気に入りレンズ 60mmマクロ

最近、大きくてもデジタル一眼レフで写真を撮ろう、というマイブームが久しぶりに到来してます。
大概はジェミキャロ連れての撮影なので、「今日はこのレンズ」って決めてそのレンズで撮れる写真を撮るって感じです。

そんな中、とってもとっても気に入っていて装着率が高いのがEF-S 60mmのマクロレンズです。

マクロレンズにも撮影可能なサイズが色々ですが、この60mmマクロは等倍までの近接撮影が出来るので、例えば小さな虫も大きく撮影することが出来ます。
ズームで大きく撮れば良いんじゃない?って思いますよね、私もそう思うんですが(笑)やはりマクロレンズの小さなものを撮影する時の解像度はズームレンズで大きく撮影するのとは違うんですね~、使ってみて納得!って感じなんですけど。

私が今使っているキヤノンのEOS Kiss Fというエントリーモデルのデジタル一眼レフは、とにかく軽くて気に入っているのですが、CMOSのサイズがAPS-Cサイズなので、レンズの焦点距離×1.6倍になります。
すなわち、60mmの単焦点は96mmくらいの計算となり、ほぼ中望遠サイズの撮影に匹敵するんです。

実もう1本、100mmの短焦点マクロレンズを持ってますが、こっちは×1.6倍で160mm相当の立派な望遠サイズになってしまうため、日常使いのマクロとして手持ち撮影をするには、ブレやすくてあまり出番が有りません。

最近はもっぱらこの60mmレンズ1本で撮影することが多いんですが、マクロレンズだからと言って等倍写真しか撮れないわけではなくて、普通のレンズとしても使えます。実質96mmは非常に使いやすい距離で、ジェミキャロを撮影するにも気に入っているレンズです。

①これ何の写真だかわかりますか?残り半分以下になった炭酸水の入っているペットボトルを横に倒して、ランタンの光を当てて飲み口の中の炭酸水に焦点を当てて撮影してみました。
ビブリの夜って暇なんで、遊んでみただけ(笑)なので、特に意味のある写真では有りませーん。

続きを読む "お気に入りレンズ 60mmマクロ" »

2010/08/10

夏と秋の交差点

Img_5992a

8月7日~10日、我が家の夏休みをビブリで過ごしてきました。
前回、朝6時に家を出発して東名の超事故渋滞にハマった我が家、今回はより自動車量の少ない金曜日の夜中に出発。
その昔、まだジェミニとOne & Wanキャンプを楽しんでいた頃には、金曜の夜中出発はごくごく普通だったけど、月日は経ち、年をとり・・・(笑)、夜中出発は眠くて助手席に居るだけでも非常~につらい。
かと言って早朝起きも出来ない私は、夏場のアウトドアの障壁は高い。

そんな努力の甲斐なく、今回は中央高速に乗るまでにちょいと甲州街道がもたつき、さらに談合坂と大月の間くらいで事故渋滞発生。たった5キロの渋滞なんだけど、通過するのに60分近くかかる模様。
そんな情報をキャッチしたのは、やっと乗った中央高速の国立・府中付近だったので、ガッカリ度も倍増。
上野原まで行っても渋滞情報に変化が無かったため、そこで一旦中高高速を降りて、大月まで甲州街道を走り、再び大月から乗ったのであった。
夜中の甲州街道は空いていたので、選択は正しかったんだけど、まぁ、、、ビブリに到着するまで私の記憶は断片の更に断片。

朝、4時半にビブリに到着し、デッキにテーブルとデカいクーラーボックスだけキャビンから出して、そのまま寝ました。
世間的にはお盆休みシーズンだと思うんだけど、ビブリはとっても空いてました。
帰りの中央高速から眺める空には、上空の高いところに巻積雲(うろこ雲)と低いところに乱層雲(雨雲)が広がっていて、季節の変わり目であることを語っていた。

今年は隔週でビブリ通いをしている私とジェミニ&キャロル(オットはここ1ヶ月毎週行って細胞再生にチャレンジ中)。
特に何かが珍しいわけでもなく、やることもそうそう無いわけで・・・。
ジェミちゃんなんて、あまり遊ぶ気にもならないらしく、涼しいデッキで「食う&寝る」生活です。あ、私も・・・。
朝早く起きてお散歩しようかな~と思いつつ、寝坊してしまうので、お散歩はいつも夕方5時頃からになっちゃって、従って写真はどれも夕方の景色ばかりになっちゃいました。^^;

日曜の夜中から、雨がドシャドシャと降り続き、月曜日は夕方までほとんど雨が止むことの無かったビブリですが、お風呂に行ったら、ナナーズ界隈は雨降ってませんでした。よくあることですけど。

ちょっとづつ、お写真をご紹介していこうと思います。
取り合えず、土曜日に撮ったお写真の中から。

①またまた、蜘蛛の巣の写真。本当は綺麗なレース状の蜘蛛の巣を探しているんだけど、なかなか綺麗なのが無くて・・・。
っていうかキモイですよね???こんな写真(笑)。
キャビンのお庭の蜘蛛の巣です。下から撮っているので、家主のお腹側です。

続きを読む "夏と秋の交差点" »

2010/08/04

ハウスの中身

シーズンを問わず、キャロルはハウスで寝るのが好きです。
夜も一人ハウスに入って寝てます。
ジェミニは冬場はハウスに篭って寝るのが好きだけど、冬以外は基本、リビングで寝てることが多いです。
夜はニンゲンのベッドでニンゲンと一緒に・・・というのがジェミニのスタンダード。

そんな二匹のハウスはベッドの横に長屋状態で設置されているのですが、先日、諸般の事情(聞かないであげて~)で、長らく愛用してきたコストコ小型犬用ドグベを廃棄することになったキャロルちゃん。
キャロルはフカフカ好きなのですが、ドグベの買い置きが無かったので、思い切って私のシュラフを払い下げました。
mont-bellのアルパインモデルの#1、#0が無かった時代の純羽毛シュラフなので、#1だけど-20℃までOKのシュラフです。
夏場は座布団代わりに、冬はくるまって・・・。
キャロルちゃんの安眠のお供として、第二のシュラフ人生を歩むことになりました!

フカフカシュラフがお気に入りになった様子のキャロルちん。

ジェミニちゃんのハウスには、コストコで買ったニンゲン用の掛け布団(2980円でドグベより安い)を四角く折り畳んで、ハウスに入れてます。こちら、化繊100%でございます。
それなりに、気に入っていただいてます。

そして、コストコのドグベコーナーで買った犬用キルティングマットを、夏場の掛け布団にしている飼い主2名であります。。。
なんか逆なような???ま、それぞれ心地良ければ結果オーライ?

2010/08/02

強さの根源

夏に咲く花には、「まっすぐな強さ」を感じる。

じりじりとした太陽が照る中、何を潤いにそこまで咲くことが出来るのか?
太陽に顔を向けよう、そうすれば陰はアナタの後ろにしか出来ないから。
何をしなかったか?ではなくて、何が出来るか?だよ。
有りのままで仕方無い、今さら霞草にも薔薇にもなれないからね。
明日は明日の風が吹く。
それを「希望」と言う人もいる。

静夏な記憶

毎日、「蒸し」暑い日々が続くきますね。
たまには骨休め、してますか???
あまりにも暑いとセミも鳴かないのだとか・・・。
そういえば、一昨年の夏は、夜中にセミが鳴いていたのを思い出します。
一昨年の夏は「ゲリラ雨」という言葉が踊った熱帯モンスーン気候のような夏でした。
遠雷とともに、空の雲がモクモクと暗雲へ変わり、すぅ~っと涼しい風が吹いたな・・・と思ったら、土砂降りに。
実は、あの「すぅ~っ」っとした間が好きです。
雨が降る前から、既に雨に濡れた時のアスファルトの匂いがするので、「あ、来るな」って分かります。
ジェミニと散歩に出ていて、一度、猛烈な土砂降りの雨に遭遇したことが有ります。
河原を歩いていて、どこにも屋根になる木が無くて、じゃんじゃん降る雨の中をジェミニと歩いていたら、猛烈に楽しくなってきて、土砂降りの雨の中で、ボール遊びしたことが有ります。
その時のことを思い出すと、「土とちょっぴり青い草の匂い」がもれなくセットで鼻の先に再現される感じです。
どうやら、私にとって記憶とは「匂い(または香り)」がセットになっていることが多いようです。

普段は香りを感じることで、関連するシーンの景色を探るのだけど、逆の時もあります。
あるシーンを見て記憶の中で関連する香りを再現することも出来ます。

たとえば、↓の写真を見て、再現される香りはディオールの香水、ディオリッシモ。
ディオリッシモはすずらんの香りで、写真は紫陽花の一種(まだ日陰で可憐に咲いてます)なので、「ディオリッシモ」と「白くて小さい可憐さ」がセットになって記憶となったようです。



でも、たとえ霞草が「白くて小さい可憐さ」を持っていたとしても、ディオリッシモの香りの記憶とは質感が違います。
要するに、本当の記憶なのではなくて、後付で情報が加わって記憶として残されているのだろう、と思います。
分かりやすく言えば、「蚊取り線香」の香りに、なんとなく「縁側で眺める遠くの花火」のシーンを思い浮かべるのですが、実体験ではなくて、それはどこかで見たシーンと、リアルな蚊取り線香の香りが結びついたものです。

蚊取り線香の例は極端だけれども、「本当に経験した」と信じている、実は経験したことの無い記憶は、前述のように後付のものが多いと思いますが、前世の記憶の場合もあるかもしれませんよね。

今日もジェミニが寝る前に盛大にドッグベッドを掘り掘りしてました。
オオカミ時代に、寝床に危険なヘビが潜んでないか?を確認するための動作が本能として残っているものらしいですが、まさに遠い前世の記憶ですよね。
もしかしたら、ジェミニの脳裏には「とある匂い」も再現されているのかもしれません。

ジェミちゃんの小さなコスモの一端だと思うと、掘り掘りの仕草は妙に可愛らしく見えるものです。


日曜日の朝、心地よいエアコン完備の寝室ですやすやとワタクシは寝ておりました。
そして夢を見たんです。
中世の街並みの中で暮らす私は、街角で売っている焼きたてのパンを買って家に戻るのが待ちきれずに歩き食いをする夢でした。まさに、口にパンを入れようとしたした瞬間・・・。

クシャミで目が覚めました。
すると、私の顔のまん前には、嗅ぐわかしいジェミちゃんの前アンヨ。
前々から、ジェミちゃんの肉球はフランスパンの香りだと思っていたけど、とうとうジェミニの肉球臭でフランスパンを食べる夢を見ることが出来るようになりました!!
梅干の写真見るだけで白いご飯食べることが出来る人と同じくらいに、ステージアップしたことを知った爽やかな目覚めでした。

2010/08/01

Midnight Nomad

元来が深夜族なので・・・眠るの勿体無くて気絶寸前まで起きてるのが好きです。

が、ちょっと暇なので・・・
飲みかけの炭酸水のペットボトルをさかさまにして、パソコンの液晶の明るさを透かして撮ってみたところ・・・、
いかにも深夜っぽく撮れました。
ついでにこんなことして遊んでます。
ブログに写真をアップロードするのと全く同じ要領で、用意されたテンプレートに簡単にお気に入りの写真を張り込むことが、たった数十秒でタダで出来るわけですが、10年前には考えられません。
「ユニクロ」ですね。
無料ブログはココログ