« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/24

dcadence

私の勤める会社では、膨大な作業の集大成として出来上がるマーケットデータベース(通称:Tracker)なるものがある。

これ、私が担当しているソフトウェアマーケットデータは半年に一回のアップデート。
これが・・・、本当に膨大な時間と労力、根性、忍耐、体力を駆使して、占いに近い予測などなどを、6人がかりで完成させるデータベースである。
作業の自動化が課題であるが、結局のところでデータベースに情報をインプットする「その情報」を取ってきて(←取材)入力する作業は、取材した人間じゃなければ出来ない。
で、私の担当しているマーケットエリアは、80分類(ソフトウェアの分類数!)のうち、18分類で、他の5人よりも数が多い・・・。
というわけで、来週月曜日の締め切りに向けて、入社3年目でいよいよ会社泊まりこみで回さないと間に合わないところまで追い込まれている。
年々、追いかける情報量が増えていること、他にもあれこれとプロジェクトがあることが、こんな状況を生み出している。
ま、それはさておき・・・。
昨日の徹夜は厳しかった。朝9時のアポを筆頭に午後2時のアポまで昼食時間も無く3社訪問。会社に戻ってこのTrackerなる作業を始め、そのまま徹夜へ突入。
猛烈に眠くて朦朧とする時間帯は夜中の3時~4時半頃。ちょっとオフィスも寒くなるし、若干孤独な気分になる。
で、4時半を越えると目が覚めて、再び仕事がリズムに乗るのだが、さすがに腰痛、眼精疲労、肩凝り限界で早朝電車で帰宅となる。
5時11分が九段下から乗る下りの始発電車で、夜中の朦朧としている時間には始発で絶対に帰ろうって思うのだが、実際には目が覚めてしまって仕事のキレまで粘るため、5時39分の始発から3番目の電車に乗る。
こんな早朝電車にも関わらず、渋谷に到着する頃には座る席に余裕無し、の状態になるのだ。
色々なヒトが居る。今朝目撃した珍たち。
  1. 朝から思いっきりテンション高い小男、九段下で私が乗った時には既に車内にいた。
  2. 真っ青な顔した背の高い死相漂よう男、青山一丁目より乗車
  3. 大きなサングラスをかけてウルトラマイクロミニスカートに巨大なショルダーバッグを持った口ピアスの女子
  4. 見た感じ60代のおばさん軍団。次々と色々な駅で乗車しては、消えていく団体。(たぶん、売店で働いている?)
  5. 明らかに朝まで飲んでた臭い男
  6. 早朝から猛烈に香水つけた、見た目はウルトラ清楚な女子
  7. 手作り単語帳で英単語を勉強中の高校生女子
  8. 電車の中でお弁当食べてるおじさん
  9. ブツブツ言いながら、ズリ落ちる黒縁眼鏡を神経質に戻す第一ボタンまでしっかり留めたシャツ来たサラリーマン風男
今日のサプライズは2番の男と3番の女子は電車の中で待ち合わせ、合流していた。その後のいちゃつき様は、徹夜明けの気だるい心地良さをぶち壊す破壊力があった。
で、こんな粒の揃わない早朝電車の、色褪せた感じが結構好きだ。
上り電車は優等的勤労社会人、下り電車は廃退的はみ出し社会人みたいな?
これぞ、まさにdcadance、退廃的生活態度とでも言おうか、なかなか楽しい空間なのだ。

2010/04/23

職場で”ホロリ”ときた

定期的に関東ITソフトウェア構成年金基金から送られてくる冊子が配られる。

これは私の会社が所属している厚生年金基金団体で、冊子自体は非常につまらないのだけど最後にLifeという特集ページがある。1つは料理レシピでもう1つはMY LIFEというコンテンツで構成されていて、MY LIFEには著名人の人生観が綴られている。
このLIFEのところだけチラっと見て、ゴミ箱へポイ、なのだけど、今回のMY LIFEは職場でほろりと来てしまった。
今回、インタビューに応えたのは、いとうまい子さん(元・伊藤麻衣子さん)。
長らくこの方をテレビで見ることもなかったけど、プロフィールにはミスマガジンコンテスト初代グランプリ受賞、「不良少女と呼ばれて」などがドラマの代表作。そういえばこのドラマはなんとなく覚えている。
いとうさんは、20代後半は童顔であるがために年相応の役がもらえなかったりすることに反発し、自分らしさを失いどん底の状態を味わったのだとか・・・。
でも、30歳の時にふっきれた。それはゴールデン・レトリバーのアトムに出会ったから。
アトムは、洒落たことを喋るわけでもないし、高価な洋服を着ているわけでもないけど、自由気ままに生きている。そんなアトムの姿を見て、生きることの素晴らしさを教えてもらった。
「洒落たことを喋る、高価な洋服」という辺り、彼女がアイドルとしてデビューし30代に向かう中で、回りからのプレッシャーと自分の実像のギャップに苦しんだ様子が感じ取れる視点だな、と思う。
冊子の中の小さな写真をi phoneで撮影したので、ボケボケだけれど、いとうさんがアトムと一緒の時にものすごく自然な良い笑顔なのが良くわかる。
アトムの前では芸能人であること、なんて関係なく、一人の人間として向かい合うことが出来たのだろう。
心の底から安心して、リラックスして交わすアトムとのコミュニケーション。
犬は相手が芸能人だから、とか、政治家だから、とか、そういう色眼鏡で見ないから、対外的プレッシャーにさらされている人は、唯一、自然のままの自分の姿を見せられる相手になるのかもしれない。
(注:しかし、犬はおやつ持っている人に対しては思いっきり態度を変える。笑)
小さな写真に写っている幸せそうなアトムと、いとうさんの笑顔に目を凝らしていたら、やわら目頭が熱くなってしまった。
2003年にアトムは亡くなったそうなので、もう7年も経っているけど、今でもアトムのことを思い出すと涙が出ちゃうのだとか。
そして、アトムが縁で知り合った5歳年下の男性と昨年結婚したそうだ。
「夫のことが大好きだったアトムは、いつも彼のまわりをぴょんぴょん飛び回っていました。」と書いてあるが、下世話な想像をしてしまうと、ご主人は犬の訓練士か???
と、ホロリときた目頭が乾かぬうちに、ネットで調べたら、いとうまい子さんのBlog発見。
「10年前に愛犬のお散歩で知り合ったご近所の犬友達」でアトムの死後疎遠になっていたが連絡を取り合うようになって結婚されたのだそう。
お互いに結婚しない理由が見当たらないことに気づいたとのこと。
そっかー、訓練士ではなかったか、、、、ちがう、ちがう、テーマがズレた。
アトムはいとうさんに自分が天国へ行ったあと寂しくないよう、素敵なパートナーとの縁を残していったのね。
アトムとの時間が楽しくて嬉しくて仕方ない!というエネルギーが写真から溢れている。
お顔が白くなった大きなお顔のアトムが可愛い。
恩犬アトム、と彼女は言っているけど、ほんとにそう思う。
神様は、どうしよーもなくダメダメな大人になりきれない人間に、素敵なワンコを師として授けてくれるのかもしれない。
最初は小さくて、何も出来なくて、ご飯残したり、おチッチもらしたりするけど、どんどん大人になって人間追い越して、何もかも知っていて、最後までシンプルな生き様で、そして逝ってしまう。
ダメダメな大人になりきれないワガママ街道まっしぐら人間は、人から言葉で言われても受け入れようとしないから、きっと天使を犬にして授けてくれるのだ。
「誰かのために何かをすることの意味(トイレの始末とか)や、いつかはお別れがくることの意味(どんなに泣き叫んでも逃れられない現実がある)」を。
今回の関東ITソフトウェア厚生年金基金冊子のMY LIFEを仕事中にめくった愛犬家達は、みんなほろりと目頭が熱くなったにちがいない。

2010/04/19

5代目ジェミちゃん号とこれまでの歴史

ジェミちゃんと暮らすために今のマンションに引っ越してきて、最初は車無し生活でした。

実家まで15分くらいだし、必要な時だけ実家から車借りる作戦だったのです。
最初は獣医さんまで3キロくらいの道のりを歩いて行ったし、特に困ることも無かったのですが、やっぱり実家に車を借りに行くのはめんどっちー、ってことで最初のジェミちゃん号を買いました。
最初のジェミちゃん号はダイハツのNAKED。黄色の軽自動車でした~♪
西湖で初めて水泳したジェミニ、2001年8月の写真です。
ジェミちゃん、疲れて目の下にクマできてる???なんかブス顔。
これがジェミニとの初めての遠出でした。自宅から120キロくらいの距離、ドキドキでした~。
この車、マニュアル車でした。免許取って以来、ずーっとオートマ車の方が高いのがイヤでマニュアル車しか乗ってなかったのです。NAKEDの写真を古い写真から探したのですが、これ1枚しか見つかりませんでした。
当時、まだデジカメでそんなに写真撮ってなかったんですね。
こうしてジェミちゃんが10ヶ月の頃より、西湖だの、本栖湖だのと通うようになりました。
しかし、軽自動車では中央高速に談合坂の坂道で、2速ベタ踏みで60キロ位しか出なくて、力のある車が欲しくなりました。
ってことで、2001年9月、NAKEDは9ヶ月しか乗らずにジェミちゃん号2台目はFORDのESCAPEという車でした。
今、この日記書きながらどうしても車名が思い出せずにネットで調べちゃいました(笑
FORDのESCAPEは車検まで3年間乗りました。この車は頑丈で頼もしかったですが、ガソリンもよく使いました。
高速でリッター6キロくらいしか走らず、都内や渋滞の高速だと4キロくらいで、みるみるガソリンが無くなる車でした。
私にとっては初めてのオートマ車でした。
ESCAPEにチェンジして、ジェミニと二人だけで西湖へキャンプに行きました。
その後もESCAPEではあちこちへと出かけました。まさに、ジェミニとのアウトドア生活の背中を押してくれた車でした。
この写真は野辺山の五光牧場へキャンプへ行った時の写真です。
ナビを搭載していなかったので、前日にインターネットで五光牧場までの地図をプリントアウトしたり、周辺の遊べそうなポイントをチェックしたり。知らない場所へ行く時は地図見てイメトレしてました。
この車のお気に入りポイントは、リアのガラスが開く点で、ジェミニが可愛く顔出している写真が有ったんだけど、探し出すことが出来ませんでした。
Ford Escape2

Ford Escape2

続きを読む "5代目ジェミちゃん号とこれまでの歴史" »

2010/04/17

AQUAVITの夕べ

あっという間に4月も中旬ですよ、桜が咲いていたのがウソのように真冬のように寒い東京です。

仕事もプチ忙しかったりしますが、だからと言って会社でくすぶってばかりじゃ人生楽しくない☆
長年お会いしたいと思いつつ、実現できていなかったNiixさん&Donnnaママさん、そして1年以上後無沙汰しちゃった?Harryママと青山のAQUAVITで楽しい一時を過ごしました。
AQUAVITは大好きなレストランなのですが、今回は食べるよりも話すことに夢中。
あー、でも、ワンコを通じてお知り合いになると、不思議なほどに初めて会った気がしないんですよね~。
すっごく楽しい一時でした!!!
って深夜にブログ書いてたら、ジェミニが起きてきてゲローって吐いた・・・(; ̄□ ̄A
そう、犬と暮らしていると、ほんっとに色々なドラマがあります。
そんなお話を披露して共有して共感してあっという間に溶け合っちゃうのね♪

DonnaママさんのBlog → http://trish.petit.cc/
AQUAVITは佇まいもステキなんだけど、インテリアも北欧テイスト満点で大好き!
ここの鹿肉は、もぉ~、ウルトラ美味しいです。3ヶ月に一回は食べたいです。
1st dish2nd dishGrapefuruit and Mint drinkRoast VenisonSweets

対馬日帰り計画から動物病院へ

4月17日土曜日は、2ヶ月くらい前から計画していた「対馬日帰り計画」の日でした。

対馬ってどこにあるかイメージ出来ますか?
福岡で飛行機を乗り継いで30分位で到着する島で、韓国に一番近い日本の島です。
何があるっていうわけでも無さそうなのですが、日帰りでどこまで行けるか?が我が家のちょっとしたしたブームでもあり、与那国とか行きたいところはあるのですが、取り合えず今回は対馬だったのでした。
朝、4時半に起きてお風呂に入り、5時にジェミキャロも起床。外は冷たいシャーベットのような雪が降る中、ジェミキャロの散歩も終了、ご飯も食べさせて、いざ6時に出発。我が家から徒歩1分で羽田行きのバスに乗れるのが非常に便利なのです。
早朝なので首都高も順調で、羽田に6時半着。

続きを読む "対馬日帰り計画から動物病院へ" »

2010/04/11

桜シーズンもいよいよ終わり。

今年は桜が開花してから寒い日が続いたため、桜シーズンが例年よりも1週間以上長かったのでは?と思います。

二子玉川の桜は、玉堤通り沿いの土手に咲く桜並木が綺麗です。
今週末はオットが一人で帰省していたため、我が家はオンナ3人でグータラ生活。
朝起きない、ご飯テキトー、グータラグータラでソファでゴロゴロ。ソファの取り合いです。
朝はのんびり起きて、昼前にお散歩に出かけると、春の陽気で黒犬にはちょっぴり暑いくらいの陽気でした。
撮影している時は全然気づかなかったのですが、イチデジのホワイトバランスが「白熱灯」指定になっていたため、ものすごく青い写真になってしまいました。これでもかなり補正かけたんですが修復は素人には無理。
最後の数枚まで気づかずに青い写真を撮ってしまいました。。。無念。
Marching Dog

Marching Dog

続きを読む "桜シーズンもいよいよ終わり。" »

2010/04/08

Buddy-Buddy

ずーっとジェミニ1頭だけに全てを注ごうって思っていたけど、ある時、犬の里親募集サイトを見ていたら、フラットの女の子を発見してしまった。随分 と長いこと、里親さんが決まらずに居るらしいその子の事が気になって、何か特殊な事情でもあるのだろう?と猛烈に気になって、保護している方にメールをし てみた。それがキャロル。

元の名前、今まで書いたことが無かったけど、最初につけてもらった名前はイブちゃんなのです。
今でも、「イブ」っていう名前をキャロルが覚えているのかどうか分からないけど、それは流石に実験できません。
我が家で暮らすようになって3年半くらいが経過して、ジェミニとも最初っから仲良くやっていて、ジェミニもいっさいのヤキモチらしいヤキモチな態度を見せたことは無かったけど、実際のところでどんな風に思ってたんだろう?と思うことは有ります。
3歳半までオモチャで遊んだ経験が無かったからだろうと思いますが、ボールを追いかけることすら知らなかったキャロルですが、ひとたびボールキャッチ&レトリーブを覚えると夢中になりました。
今では正真正銘のボールキチ系。ボール遊びのなんたるや、はジェミニから習ったと思うけど、俊足自慢だったジェミちゃんも、今はキャロルに全く勝てません。
それでも、ワンチャンス(キャロルがボールをはじいたりして、こぼれ球が偶然口に入るとか・・・)を諦めずに、ノロくても最後まで追いかけるジェミニはエライな~って思います。
「最後までチャンスを信じて諦めない気持ち」。
キャロルは何しろ、散歩の時はジェミニのことが気になって、ジェミニが匂いを嗅ぐものは全部嗅ぎたいし、ジェミニが土手を下りれば、絶対に自分も行きたい。いつもいつもジェミニのお尻を追っかけてます。
お互いにお互いの存在が「張り」なのかな、って思います。
特に我が家のように、留守番時間が12時間を越える生活だと、「お互い」という存在があることは、やっぱり良かったんだろうな、って思うのでした。
割れ鍋に綴じ蓋だったんですね、きっと。

2010/04/07

お花見散歩

オットが車関係の交友で出かけた日曜日、ジェミニ&キャロルを連れて玉堤をお花見散歩しました。

今年は「青空+桜」の景色を見ることなくシーズンを終わりそうです。
お友達のリプルパパさんが、新しい一眼レフデジカメを購入したのに触発され、私も久しぶりにEOS Kiss Fを出動しました。Kiss Fは軽くて操作性も簡単なお手軽です。もっと使わなくては・・・。
どんよりとした天気の日曜日でしたが、桜の下ではお花見の人々が昼間より宴会を楽しんでおりました~。
ゴミだけは持ち帰ってね、と毎年思いますです。
これまた恒例の・・・桜の前での記念撮影。ジェミニはこの付近で毎年記念撮影やってますので、飽きているかも。
AUTOで撮影したら、曇り空なもんだからフラッシュ光っちゃいました。左がジェミニで右がキャロルです。
もう一枚。横からのアングル。キャロちゃん、中途半端な笑顔?
二子玉川の高層ビル群。ビル風とか・・・どうなるのでしょう。。。
去 年までは多摩川の中洲一面、まっ黄色になるほど、菜の花が咲いていたのに、今年は多摩川の工事の影響で、菜の花もめっきり減ってしまいました。桜も大木も 一本、一つの蕾をつけることなく枯れつつあります。今年咲くことが出来なかった堤防沿いの桜は伐採されてしまう運命です。二子玉川の景色が変わります。
IMG_4470

IMG_4470

2010/04/05

振り返ればヤツがいる

なつかしのドラマからタイトルをパクりましたが、本当に振り返ればヤツが居るんです!

狭い我が家の台所にデンと座って、「貰うまではどきません!」と粘る長女犬。
そう、本当は振り返れば必ずジェミニ居るんです。(この手の写真、いったい何度Blogにアップするんだろうか?)
そして、根負けした飼い主がジェミニにおやつをあげるその瞬間、ハウスで寝ていたはずのキャロルがサササっとやってきます。
必ず遅れて登場するキャロル。玄関の見張り番はキャロルですが、台所の見張り番はジェミニと業務分担されているようです。
シャッターチャンスだったので、首からぶら下げて音楽聴きながらコーヒー煎れてるその最中にi phoneのカメラでパチリ。
画質悪いですけど、こんな時のジェミニの目ヂカラはカメラにカンケーなく伝わりますね。
遅れてきたチビ介のお目目が何気に可愛い。
キャロルは目ヂカラが無いので、こんなに見開いているお顔は珍しいです。
ということで、カンパンを1つづつあげた甘甘の飼い主でしたー。

2010/04/03

九段下界隈

i phoneに色々なTOY CAMERA風に撮れるアプリケーションをダウンロードして遊んでいる。

今、ダウンロードしているアプリは、
  • QuadCamera -----4分割連写、8分割連写、16分割連写が出来る面白いカメラ機能
  • Format126 ------雰囲気のある正方形のトイカメラ風(HOLGAっぽい感じ)の写真撮れる。
  • Photogene-----写真の露出や切り出しなどの編集ソフト。あまり使ってない。
  • AutoStitch-----複数の写真をつなげて、幅広い景色を撮影。ただしつなぎ目処理が難しい。
  • TiltGen-----ミニチュアっぽく撮ることが出来る。
  • CAMERAtan-----トイカメラ風の写真(LOMOっぽい感じ)の写真が撮れる。
  • DeliCam-----食べ物を美味しそうに撮る。
といった品揃え。
一番のお気に入りはFormat126、2番目がTiltGen、3番目がCAMERAtanの順番。
さて、今日は13時から取材のアポがあって昼時が慌しかったため、取材終了後の15時頃にお昼ご飯。
会社の隣のビルに入っているロイヤルホストがお手軽のため、一人ご飯でよく利用してます。
ロイヤルホストがある九段下交差点界隈を、Format126で切り取るとこんな感じです。

週末のサンポ

我が家のワンコ達は、9歳10ヶ月と7歳1ヶ月と完璧シニア犬なので、ここ半年ほどでお散歩は基本的に一日1回が定着。
冬場は朝散歩、夏場は夜散歩。時に2回出ることも有り、な感じです。
平日の朝散歩は時間があまり無いので忙しない。
なので、週末のお散歩は、どこに行くでなくても、グランドが続く多摩川の緑地までテクテクとのんびりした気分でお散歩出来るのが嬉しいです。
本当は平日のお散歩も余裕たっぷりのお散歩にしてあげられれば良いのだけど。
どうしても平日の朝は散歩&ご飯のセットでワンコ用に割ける時間は1時間が限界、なので、お散歩も事務的且つ義務的な気分になってしまうのです。
特にジェミニちゃんがガンとしてお外でしか大きい方をしないので(いざとなれば、ちゃんと室内の指定トイレ場所で出来るのですが、”いざ”じゃない限りはダメです)、雨でも台風でも1日1回はDutyなのです。
金曜日の夜と土曜日の午前中が一番好きな時間帯。
さぁ、今日はのんびりお散歩へ!
左がジェミニで右がキャロルです。
Gemini and Carol, EOS KissF

Gemini and Carol, EOS KissF

続きを読む "週末のサンポ" »

2010/04/02

眼鏡オンナ

「近眼の人は老眼になるのが遅いよ」とか、「近眼だと老眼が入ってきた時に丁度良く見えるようになるよ」とか、色々と「老眼になると・・・」にまつわる話を聞いてきた。

なんとなく、老眼になると眼鏡やコンタクトレンズが不用になり、お金がかからなくなるんじゃ?と期待していた。
そして、ある日、突然私も老眼の仲間入りをした。
まだ症状は軽いが、コンタクトレンズを入れていると近目でピントが合わなくなってきた。
尚且つ、もともとのコンタクトレンズや眼鏡のピントも合わなくなってきているようで、スライドの文字が見えにくい。
今ではコンタクトレンズも、イベントやカンファレンスに参加する際の遠目用(スライドの文字を見るため)と、普段の近目用(パソコンやら日常生活用)の2種類の使い捨てを持つようになった。
が、コンタクトレンズはやはり不便なのですよ、最近はお食事の時に、お箸やフォークで食べ物を口ひ運ぶ際に、口元まで来た食材が近目過ぎてクラっとくるような感じで、食事の時は裸眼でウスラボケ状態の視力の方が疲れない。
コンタクトをつけたり外したりするのは現実的ではないため、日常生活が眼鏡オンナになった。
眼鏡は何個も持ってるんだけど、どれも老眼進行中の目にはピントが合わない。
今まではコンタクトレンズ中心だったので、眼鏡はもっぱらデザイン重視できたが、眼鏡が日常となると出来るだけ軽くてフィット感の良いもの(ずり落ちてくる眼鏡を戻すのって結構面倒っちー)を求めていた。
空気のように軽い、かけてることを忘れることが出来るような眼鏡。
そして出会った。っていうか、オットが持ってる眼鏡と同じのにした。
Swiss Flexという眼鏡、フレーム、レンズのバリエーションが豊富で、その中から好きな形と色で選ぶことが出来る。
一度この眼鏡をかけてしまうと、もうフレームの重たい眼鏡に戻ることが出来なくなり、遠目用と近目用の2種類オーダー。
縁無しの空気のように軽い眼鏡、地味な一品ですが毎日の愛用品として手放せない存在です。
眼鏡、楽ちーん。

桜と雨と犬と散歩

4月最初の金曜日、小雨。
どぉーも、このところの気圧変化が影響しているのが、鈍い頭痛や肩こり、腰痛が激しくて朝がダルい。
夫婦で犬を連れて出社前の散歩に出ると小雨模様。空気は生温かい感じで風は強風を超えて暴風レベル。
多摩川沿いの緑地が工事中で入れないため、ほぼ毎日、玉堤の土手沿いの細道をジェミニ&キャロルと一緒に歩く。
土手の上には綺麗な桜が何本もあって春遅し、と8分咲きで時間を止めている。
玉堤の土手桜は、地元の花見散歩には人気のスポットなので、この週末は人出が増えることだろう。
実は、薄暗い空の下、冷たい雨にぬれた時のアスファルトの匂いがスキだったりする。
そして、そんな風景と精彩を欠いた桜のセットもスキだ。
なんせ、人気が無い組み合わせのため、人っ子一人居ない、というのが良い。
ひんやりと空気が冷たい朝はジェミニがものすごく元気な点も良い。

片手で夜桜

朝から雨と強風で出社する気力が萎えた時、なぜかお腹も痛くなり(子供か・・・)、珍しく会社休みました。
と言っても会社PCを持ち帰って週末仕事していたので、その続きをおうちでしてましたが・・・。
そして、夕方は眼科の定期健診で病院へ。
眼科のある商店街はちょっとした桜並木でもあるのです。
ほとんどあがりかけた雨の中、傘をさしながら片手で夜桜写真。またまたi phone写真なので画質ザラザラです。
地元の方なら、ここがどこだかわかるかな???
ヒントは・・・この商店街にはこんなお店があります。一度入ってみたい立ち飲み串揚げ屋さんです。
浪花の下町新世界、もしも、こんなお店で立ち飲みしているハンサムな美人が居たら、そりゃーイカしてますねー。
無料ブログはココログ