« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/29

駒沢公園で暇つぶし

イイニクの日である11月29日は、キャロルのマイクロバブル体験日でもあったのです!
13時の予約にあわせて午前中はグータラと週末のけだるい朝を満喫し、いざ出発。
本当だったら2時間程度で終わるはずなので、「ジェミニと駒沢公園を散歩してお昼食べたら丁度良いね、、、」という計画でした。

キャロルをトリミングサロンで落として、そのまま駒沢公園へ。到着した辺りでサロンより電話。「あの~、キャロルちゃんは来週の土曜日の予約だったみたいで・・・」と、な。
でも、どっちかっていうとお店の方が一週すっ飛ばして予約入れてしまったんだと思う。本当だと来週はキャンプへ行こうと思っていたので(忙しいので中止にした)、サロンに予約を入れるハズが無いのだ。
がしかし、揉めることもなく「少しお時間頂けば出来ます!」という事だったので予定通りお願いする事とした。

Jpg_010

駒沢通りのイチョウ並木は黄色く色づいてとても綺麗です。

しかし・・・肝心の公園はいたるところに工事の柵有りで味気ないっちゅーか・・・。「駒沢公園も、か・・・」と毒づきたくなってしまうほどに、今、我が家の周辺は「犬が楽しめる空間」が工事の柵で覆われてしまっているのです。

Jpg_014

Jpg_021

二子玉川界隈の多摩川緑道なんて、大正時代に決定されたという「土手を高くする」工事が始まって、それまで「中洲はコアジサシの繁殖場だから犬は入るな!」と野鳥の会のヒトがいつも怒っていたけど、「犬」どころの騒ぎではありません。ブルドーザーが入って、中州自体を壊してしまっているのですから・・・。

さて、気を取り直して公園を半周して公園通り側へ抜け、「アイバロでキャロルの骨を買って、その後はバワリーでお昼でも食べよう」作戦。

Jpg_023

テコテコと歩けばポカポカ陽気で気持ち良い。風の無い冬日の昼間は「束の間のシアワセ」を感じるほどに暖かいですね、夕方になると北風吹き始めますからね。

Jpg_030

アイバロでは「キャロルの骨」がゲットできず仕舞い。中か空洞になっている齧っても汚れない太い骨を買いに行ったのですが、全てネット通販で出てしまって在庫切れでした~。

もともとキャロルは骨なんかに興味無かったんですが、最近猛烈に「ジェミニの骨」が羨ましいらしく。「ジェミニの骨」は1歳の頃に買ってあげたので、既に7年モノの化石状態ですが、食後はガーリガリとやっております。根性も集中力も無いジェミキャロの場合、骨齧って歯が折れることもなく、歯磨きに重宝しております。

で、バワリーにて・・・。「ただ歩くだけじゃつまらん!」なジェミちゃん、15分くらい歩いただけなのにお疲れ中~。

Jpg_035

私の注文したピザが出てきたら、テーブルの下から這い出てきて今度はスタンバイ中~(ピザの端っこを貰いたいのだ)。

Jpg_036

すぐ、斜め後ろでお利口に伏せしてたワンさん。一瞬「フラット?」と思ったのちにお耳がピーンと立っているのが見えて、「あ、クローネンダールだぁ~、カッチョ良い~」と思っていたのですが、、、なんと!クローネンダールでもなくて、黒いジャーマンシェパードなんですって。

そういわれれば顔もクローネンダールのように細くないし、毛質もクローネンダールのような長さは無い。3歳(♀)にして落ち着いてました~。でもジェミちゃんとご挨拶したら少し遊びたくなってピーピーと鼻笛が鳴りました。コワモテなんだけど、どこを触っても全然怒らないしワンコにもフレンドリーだし、夫婦して「超萌えぇ~~~」な熱視線を送ってしまいました。

で、食事もあっという間に終わり、再び公園へ戻ります。既に2時間近く経過してますが、サロンから電話の気配なし。やることないので、こんなモンに乗ってみました。

「ペアペアサイクル」です。ボックス席に犬乗せたら叱られるかな?と思ったのですが、公園のおじさんは「椅子の上に乗せてあげて~」と特にお咎め無し。しかし、当のジェミニせんせーが最初は不安定なのを嫌がって乗せては飛び降り、乗せては飛び降りでしばらく伴走していたのですが、ボックス席についている車輪がアンヨ踏みそうで・・・。

私もボックス席へ移動し、ジェミちゃんを抱っこして乗ってみたところ、ジェミちゃんはとても甘えん坊さんでピットリとくっついてきて「至福~」なのですが、パパは必死???

ボックス席が重たくて超ノロいもんだから、後ろから子供連れペアペアサイクル軍団に追い抜かれまくり。ジェミニも慣れたところで一人でお座りしてもらってのんびりとペアペアで漕ぎました。

Jpg_043

ジェミちゃん、猛烈に猫背。楽しいかい~???

「まぁねぇ~~~」って感じでしょうか?

Jpg_051

一週100円でしばし楽しみ、まだ電話がかかってこないので、公園の地図を見て行ったことの無い「憩いの池」を目指しました。

落ち葉がカサカサの道をテコテコと歩いて。ジェミちゃん、歩き散歩にも関わらず元気に張り切ってました。

Jpg_058

で到着した憩いの池は、干からびておりました。「池とは言わないだろ!」っていうコンクリで出来た水溜り場です。しかし、ちょっと不思議な場所でした(↓)。何かの儀式に使えそうな???

Jpg_061

退屈なので私はアイバロで貰った犬雑誌を読み、パパは一服。ジェミニは・・・

Jpg_069

徐々にポカポカだった冬のお日様も翳ってきて、薄ら寒くなってきました。電話はかかってこない。今更、家に戻るのも戻った途端に電話が来そうな予感?

西日に照らされたイチョウ並木は黄色く輝いてました。

Jpg_073

そして、更にヒマを潰すために気乗りしないドッグランへ行ってみました。
やっぱりねーーー、って感じで、入場するやマウンチング攻撃にあい、取り合えずベンチの上に避難。

Jpg_076

気を取り直してちょっくら走って遊びました。

Jpg_084

かなりたくさんのワンコが居ましたけど、みんなフレンドリーで、激しく遊ぶというよりは、のんびりとウロついてる感じの子が多かったです。地面がアスファルトだし狭いから、激しく遊ぶのは危ない場所でもあるのですが。。。

ジェミニは一通り、ワンコさん達とご挨拶、、、ではなくて、ワンコさんと一緒に来ている飼い主さん達に片っ端からご挨拶&”撫で”を強要。時々戻ってきてはパパに甘える、の繰り返し。

Jpg_095

↓これも一つの「Network」。

Jpg_101

気の合いそうな、お友達になれそうなワンコにもめぐり合えずポツン・・・。つまらないかな?と思って「帰ろう!」って言うと「まだ、帰りたくない」とリード付け拒否。それなりに楽しかったらしいです。たくさんのワンコに合うのも久しぶりで、良い刺激になったのかもしれません。

Jpg_105

さて、まだ電話がかかってこない。すでに4時間経過。キャロルは風呂に行ったっきりです。思い切ってこっちから電話すると、「丁度終わる頃」という事でお迎えに向かいました。

なんせ、バリケンの中で待機が出来ない子なので、待たせると苦手なバリケン内で大量のヨダレが出てせっかく洗って貰った胸毛がクチャくなりますので~。

で、キャロちゃん(↓)。今回はコブラ状の耳下の毛も少し切ってもらいました。シャンプーの後にマイクロバブルに入れたら、やはり毛穴の汚れがかなり浮き出たらしく・・・。

写真がブレブレですが・・・。キャロルっていつもチロっとベロが出てます。今回はお髭もカットしてもらってスッキリ。

Jpg_071

キャロちゃん、我が家に来た当初は猛烈に臭くて(なんとも言えない犬センター臭みたいなヤツ)、お風呂に何度入れても半年くらいは臭いがすぐに戻ってしまって消えませんでした。その頃からずーっと毛穴が汚れていたのかもしれません。

シャンプー後に汚れが浮き上がるってスゴイな~って思い、今度はジェミニせんせーも風呂に入れてみようか、と思いました!

RUTH'S CHRIS STEAK HOUSE

今日は11月29日、「イイニクの日」なので夜はガッツリとお肉を食べに行きました!
過去にも数回書いておりますが、我が家は霜降り牛よりもジューシーな赤身肉のアンガス牛好きであります。
しかも絶対にUS産が美味しい!!!んだけど、諸事情で国内のアンガス牛はほぼ100%オーストラリア産なのです。
オーストラリア産も美味しいのですが、穀類で育てたアンガスがほとんどなのです。US産の草だけ食べさせて育てた赤身のアンガス牛に比べると、穀類で育った牛さんはちょっと臭い…。脂もキツい…。

そんな中、RUTH'S CHRISはUS産アンガスを食べることが出来るステーキハウスだという事で、お店を予約した時から期待一杯でした。
私は2001年(だったと思う)にアメリカで初めてアンガスビーフを食べて以来、猛烈にファンなのであります。普段、お肉を全く食べないオットもアンガスビーフ好きで良かったです☆

RUTH'S CHRISは全米ならびに海外にチェーン店を展開する一大ステーキハウスのようですが、日本では再開発中の霞ヶ関ビルエリアにある東京倶楽部ビルディング(というネーミングはイケてないと思う)という、三井不動産が建て替えを進めているビルの1Fに入っております。
週末の霞ヶ関界隈ってガラーンとしているんだろうな、と思って行けばやはり…。官庁街だってクリスマス気分を醸し出したいのでしょうが、電飾に覆われた木はやや痛々しい感じ?

Jpg_130

だーれも居ません(笑)。

Jpg_133

↑だーれも居ないウッドデッキなテラス席。ついつい「ここなら犬連れでもOK ?」と過ぎってしまう悲しいバカ親のサガ。

Jpg_136

↑虎ノ門駅から数分で到着。よし、食べるぞ!と気合が入りますー。

グリルなメニューはお肉のみならず、ロブスターやマグロ、クラブ、シュリンプなどもシーフードもあり。前菜やスープ、サラダなどももちろん有り。

しかし、「我らは肉を食べに来ました!!!」と伝える(笑)。お肉もラムチョップやチキンも居ます。それにビーフも和牛だって居ます。でも、「我らの目的はアンガスビーフです!!!」と伝える。

実際、アンガスビーフはUSからの輸入が難しい時はオーストラリアのお肉が出るんだそうです。でも今日はUS産。久しぶりのUS産アンガスビーフが食べられるん♪

ガッツリとお肉を食べに来たのでサラダやスープなどの「雑」は一切排し、NEW YORK STRIP450g、Ribeye450gを注文。それぞれのお肉の添え物としてマッシュポテトとブロッコリーのグラタンをチョイス。

ステーキを食べる時はひたすらお肉をガッツリ食べるのがオットのスタイルなのです。以前、オーランドで一緒に入ったステーキ屋さんで800gのお肉を注文しててビックリしたことがあります。普段食べないクセに食べる時は”テラ”なのです。

Image01

夫婦で900gの肉を一気に平らげました~。

Image02

ホームメードケーキは、どれもこれも「小さめ1ホールサイズ」の丸型ケーキです。キャラメルバナナクリームパイとか、アップルクラムタルトwithバニラアイスとか、魅力的なアメリカーンホームメードケーキの数々。

でも無理、、、入りません。唯一、チョコレートモルテンケーキだけが通常カットサイズなので、こちらを1つ頼んで夫婦で分けて食べました。

お肉で満腹中枢メーター限界なところに甘いケーキに、私はほどよく苦美味しいカプチーノ、オットはダブルエスプレッソ。ここまで一気に食べて、数週間の残業中に食べる淋しいコンビに飯のウサを晴らした夫婦でありました!

2008/11/27

プチ気晴らし

全然遊びに行けない我が家11月後半の貴重な3連休も土曜日1日だけのお休みとなりました。
諸々の買出しでコストコにも行かなくてはならないし朝寝坊もしたい。って事で久しぶりに「荒涼たる河原」と名づけた多摩川ジャリコロエリアへ出かけてみました。
結果、ジャリコロエリアに下りる手前で、ベトベト付きで付着する種子にやられ、行くのを断念。あの草が完全に枯れた頃にまた一回行ってみようと思います。

突撃隊長としていち早く、「道なき道」を突き進んだジェミニせんせーは、猛烈に種だらけな状態に。。。

Img_2167_2

ところで、我が家も買ってみました。ユニクロキッズの洋服をジェミキャロに。買いに行く時間が無いのでユニクロ通販で。

ジェミちゃんは水色の120cm。キャロルは今年流行らしい紫の110cm。

Img_2169_2

実用性を考えるとお袖がちょっと長いかな?って思ったのですが、その後洗濯&乾燥機で2cmくらい縮ませることに成功し、今は丁度良くなりました。

Img_2168_2

パパにはネルシャツを。Men'sのLサイズ。こちらも本来はMサイズで丁度良いところを、縮む分計算して大きめをチョイスです。ユニクロのMen'sのネルシャツ、素材しっかりしてて結構良い感じです~。2980円なので、たとえばLLビーンで1枚買う値段で2枚買えますネ。

Img_2170_2

最近、ジェミニと一緒にボール遊びする時に、キャロルがジェミニにガウガウ言うことがあります。ジェミニを追いかけて全速で走って、ジェミニに追いつきそうになった時なんかに、主にガウガウ言うのですが、威嚇してるというのではなく、「ガウガウ言う」のを覚えて面白くてやってる風に見えます。

よく、子供って悪い言葉とか覚えるとワザと使ってみたりしますよね、あんな感じかな?って思うのですが、たとえ走って興奮している時だとしても、やっぱりガウガウ言うのは嫌いなので、ガウガウ言ったら即座に「捕獲→退場→木の下で一人猛省タイム」にしました。

今回も解き放つや、いきなり走り回ってジェミニにガウガウ。遊び始めて30秒くらいでレッドカードで一発退場をくらったキャロルでした。

Img_2173_2

猛省が効いたのか?その後はガウガウ言うことも無く楽しく遊べました。しかし、キャロルの中で「ガウガウ言う&ボールを取ってはいけない」とセットになってしまったのか、ボールはほとんどジェミニせんせーがゲット。

Img_2175_2

2ヒキともに、とっても楽しそうです。

Img_2202_3

ジェミニが疲れたところで、ようやくバボちゃんをゲットできたキャロル。

Img_2212_2

犬も人間も、久しぶりに青空の下で遊ぶことが出来て、プチっと気晴らしできました。

最後はジェミちゃんの背中で。

Img_2188_2

こんな時、何考えているんでしょうね???

今回、雑草の種子に阻まれてたどり着けなかった「荒涼たる河原」はこんな場所です(↓)。

下の写真をクリックすると、GoogleのPicasaっていうアルバムへリンクします。

もう一つ、荒涼。

2008/11/24

ついに購入!脱臭機

普段、犬小屋に住んでいる住人的にはほとんど気になりません、犬臭。でも、外出から戻って玄関あけた瞬間、匂ってくる犬臭は住人ですら感じるのだから、そうでないヒトはどれだけ臭いと思うのだろうか???と心配になる事があります。

我が家はジェミニがお風呂場をトイレとして使用しており、キャロルは脱衣スペースにチッコシートを敷いてトイレをしています。「出たらすぐに始末!」を実践し、悪臭のはびこりに細心の注意を払っているのですが・・・。
ジェミニは朝、お散歩でトイレしたら私が戻るまで、チッコも出ずに留守番できますが、キャロルはどうしても留守番中に一度、チッコシートの上でチッチが出てしまうSmallな膀胱ちゃんなのです。
チッコシートも直ぐに片付けないと臭いです。更に玄関のすぐ脇が脱衣所だからなのか?玄関を開けた瞬間の臭いが気になるのです。
特に鼻の良い室内犬歴も浅いオットの鼻にはヒクヒクくるようで・・・。

アロマだ、お香だ、と色々と試したのですが、とうとう買いました。その名も脱臭機。なんと色気のないネーミングの機械なのだろうか・・・。
しかし、脱臭機って「富士通ゼネラル」しか作ってないんですよ、もはやメーカーの選択余地無し、機種も2機種しかないので、ほぼこちらも選択の余地無し。
さらに、競合がないからなのかお値段も強気。そこらの空気清浄機よりも1.5倍~2倍は高い???
我が家は空気清浄機2機(リビング&寝室)+エアコン付加機能である空気清浄機能にそrぞれ、「脱臭機能」もついているのですが、やはりここは玄関専用に、しかも「脱臭機」という潔い単機能製品を!
これが念願ながらも、値段対効果が期待以下だったときの事を考えるとなかなか買えずにいたのですが、スパっとオットが行きましたー。

我が家が購入した脱臭機は↓
http://www.fujitsu-general.com/jp/products/deodorize/lineup/3000s/index.html

空気清浄機の300倍の脱臭機能(ってどれだけ我が家は臭いんだ?)。実際、玄関において10分もすると臭いが消えました。そして設置から3日目ですが全く玄関や脱衣所界隈の犬臭が気にならなくなりました!
スゴイです~、効果はホンモノでした。

Img_2230

働き者です。フィルター交換とか一切不要。置くだけでOKです。

それから、もろもろの在庫が切れたので久しぶりにコストコへ行きました。自宅にドグベは十分にあるのだが、必ずドグベコーナーをチェックしてしまう悲しいサガ。

そこで、犬用のラグが売ってました。リビングではドグベをキャロルが占有し、いつもジェミニは薄いマットの上で丸くなって寝ているのです。ソファで寝れば良いのに、7歳を越えた辺りから、ソファに乗るのを好まなくなりました。

って事で、犬用ラグを3枚購入。リビング、寝室、キャンプ用です。写真のストライプ以外に素材がもう少し暖かい(ジャガード風)なのを寝室用にしました。

新し物好きの2匹、揃ってラグの上で寝転がってます。

Img_2241

ラブラドールのようにしてください!

約1ヶ月間もblogを放置してしまったわけですが、その間、たいした出来事も無く淡々と「働く→食べる→寝る」を繰り返すヒトと、「食べる→寝る」を繰り返すイヌでありました。

そんな中でも、散財中の散財が「キャロルをトリミングに出す!」という一大プロジェクト。ジェミニは一時、定期的にトリミングサロンでお洒落していた時代も有ったのですが・・・(遠い昔だ)、キャロルは我が家の風呂でゴシゴシ洗い以外の経験が無く。

不意に猛烈にキャロルを洗いたくなったけど、お風呂場で洗うのが猛烈に面倒で、知りえる限りのトリミングサロンに電話をして、ようやく一軒、飛び込みOKのお店がありました。

カットの要望
1.お尻の周りの毛を逆V字にカットする。(キャロルはお尻周りだけ、モコモコフェルト状の不思議な毛が生えるのです。ホルモン関係でしょうかねぇ?しかもボディは毛が短いクセして、お尻周りだけやたらと伸びる。ここ、不衛生になりやすいので、いつも逆V字カットしております。)

2.耳毛を短くする。ラブラドールのビロードチックなイメージ。

出来あがったのがコレです。
「3.コブラ状の耳下から首にかけての毛をすっきりカットする」をお伝えするのを忘れてしまって、ショートな耳毛にコブラ状の首毛がアンバランスとなってしまいました。さらに、髭は黙っていてもカットしてくれるのだろう、、、と思っていたら、髭も残っていた。

それでも、可愛さ”20%増し”になったと思うバカ親である。

Image01_3

”顔を斜め45度に傾ける”という、可愛く見える”黄金律”(ジェミちゃんの得意技だ)に挑戦中のキャロル。歯がチラっと出てる辺り、クッキー眺めるのに必死なんですよー。これ以上待たせるとヨダレが・・・。

Image02

今、キャロルと目があったアナタ。来年のラッキー運がたった今、20%プラスになりました!

味をしめたバカ親は来週の土曜日に再び予約を入れてみました。今度は近くの深沢のお店。ジェミニがメンバーになっているのでキャロルもメンバー料金OKとの事。マイクロバブルってヤツを試してみる予定。

実はキャロちゃん、ホルモンの病気の関係だと思うけど、フラットには生えない?ワタ毛系アンダーコートの猛烈なる抜け毛と”ムシューダがウリ”のフラットのクセしてちょっとオイリーな体臭有り(オンナノコなのに・・・)なので、プロのトリマーさんにビシっとブラッシングしていただいて、バシっと洗っていただいた後、さらにマイクロバブルで毛穴から汚れを浮き上がらせてそぎ落とす!ってのに夫婦して興味深々なんでーす。

ジェミちゃんは先週、風呂場でパパに綺麗にしてもらいましたー。

ソウルフードは有るか? My Soul Food #1

ソウルフードって有りますか?
オットにはいくつかのソウルフードが有って、無性に食べたくなる時が有るようです。
その1つが「千切りジャガイモの醤油炒め」で、確かこれがNo1だったような。
他にも「魚肉ソーセージとスクランブルエッグ炒め」とか「どんぶり一杯の茶碗蒸し」とか・・・。

子供の頃に大家族の食事準備で忙しいお母さんがチャッチャッチャと手際よく作ってくれたご飯のようです。

ソウルフードって私の解釈では「我が家の味」だと思っています。よく「おふくろの味」とかって言いますけど、それがソウルフードの人もいれば、「おやじの味」がソウルフードの場合もあると思うので、総称して「我が家の味」。

「我が家の味」の先には食卓を囲んで食事を味わった時の情景や、目に見えない家族の結びつきなんかも「味と団欒の思い出」として結びつくのかもしれません。

私のとってのソウルフード、それはチャーハン&どんどん焼き。実はどちらも「父の味」なのです。

Image01_2

ソウルフード・チャーハンの掟:ソーセージは輪切りでなくてはならない。玉ねぎはたっぷり入ってなくてはならない。ピーマンとニンジン、玉ねぎは几帳面な賽の目カットでなくてはならない。卵はご飯を炒めながら、脇のスペースでチャチャチャっと炒めるべし。

このチャーハンが私のソウルフードになったのは、弟が生まれる時、母が入院してしまって、父と私のみの生活になったのでした。場所は茅ヶ崎、海が直ぐ近くのニュータウン(今はオールドタウンですね)で、私は3歳半でした。覚えてるんですねぇ、かなり小さかったのに記憶としてバッチリ残ってます。

父が仕事の平日は「食パンにマヨネーズ(笑)たっぷり」が父のお勧め朝食。目玉焼きとか無しでしたけど、食パンにマヨネーズつけて4枚くらい食べてた記憶があります。幼稚園から戻ったらお友達のお家で夜まで過ごし、父が迎えにきてくれる生活でした。

そして待ちに待った週末は朝からチャーハンです。このチャーハン。几帳面な父はニンジンもピーマンも玉ねぎも全て正方形の賽の目カット(これに時間がかかるのだ)。ソーセージの輪切りが入っているのが嬉しかったです。

ある朝、やはり父がチャーハンを作っていると、弟が生まれた!っていう電話がかかってきたのです。あの朝の嬉しかった記憶も、そのままこのチャーハンの味と一緒に思い出として残ってます。美味しいか?と言えばいまどき微妙なのですが、このチャーハンを作っているときの油の香りがソウルなんですねぇ。

直ぐに病院へ駆けつける前にしっかりチャーハン食べて、当時の車はパブリカ。ちっこいパブリカに乗って母と弟が待つ病院へ向かったのでした。

1966年5月26日の思い出とともに、チャーハンが私のソウルフード第一号認定となったのでした!

<追記>

トヨタのパブリカをご存じない人もたくさんいらっしゃいますよね、白黒の思い出写真もあるのでスキャナで読み取って載せたいところなのですが面倒なので・・・Wikiよりお写真を拝借させていただいております。

トヨタのパブリカ、我が家が乗っていたのはこの初代パブリカで、色はチラっと右端に写っている薄いグレーでございました。なぜ、この地味色を両親が選んだのか不明です。

その後のスターレット、そしてヴィッツへと継承されたトヨタの初代コンパクトカーです。

Toyotapublica01

このパブリカをトヨタが売り出している時、テレビコマーシャルではライバル日産は「ぐーんと早いブルーバード」という宣伝をしてました。当時のトヨタ・コロナの対抗車であるブルーバードは、パブリカより車格は上。

当時、車好き少女だった私は街中でブルーバードをいち早く発見し、「ぐーんと遅いブルーバード」と得意げに言う、ひねたガキンチョでした。

でも多分、それは父の”入れ知恵”だったに違いないと思います。

絶景ラストビブリ

11月はやたらと仕事が忙しく、ネットライフを送ることが出来ずにおります。そんなわけで連休のラストビブリも、金曜日の深夜残業がたたって土曜日は自宅で休息日。日曜から1泊でラストビブリを楽しんできました。
土曜の夜はかなり冷え込んだそうで、今シーズンのビブリ一番の最低気温だったそうですが、我が家の行った日曜日は日も差してそれなりに暖かい?1日でした。

日曜の朝、4時に起床して(土曜の休息によって復活)5時に出発。8時きっかりにビブリに到着しました~。連休のラストビブリという事もあり、テントサイトもかなり埋まってました。あれこれと設営場所を物色するのも面倒で、センターロードをガーっと上がって空いているところに決定。一泊だし早く場所決めて設営を終わらせよう!作戦でしたが、凸凹で不人気な場所なので静かだし、絶景なところが気に入ってしまいました。

Img_2099

1年ぶりにセンターロード脇の草原サイトに設営。夏場は川の近くが良くて西側エリアがお気に入りですが、毎年秋になると草原サイトでキャンプがしたくなります。風は強めでしたが、そのお陰で地面は至ってドライ。リビシェルを出来るだけ平らな場所に設営した後、チビテントをリビシェル脇に設営して完了。二人で設営するのも息が合うようになり?かなーり手早くなりました☆

それにしても気持ちの良い眺めでした。

Img_2100

今年もお世話になったコールマンのポップアップテント。本来はビーチでの着替え用ですが、ビブリでの用途は・・・。4年使ってとうとう破れてきました。来年は新調しようっと。

Img_2101

今回の一泊キャンプ、人間が増えてから一度も使ってなかったMarmotのSwallowを久しぶりにチョイス。お昼ご飯食べた後に家族全員でチビテントに入ってお昼ねしたものの…。。。

お日様がピカーっと射していて、フライの透明ビニール(どういうワケかアメリカのテントってお外を見るための透明ビニール付きが付加価値になってるみたいですねー)から射し込む一条の光が私のお顔を照らし続け・・・暑いっ!!!寝てらんないほど暑いっ!!!

到着まもなく、ワインなんか飲んで気持ち良さげに眠るオット。チビテント故にあっという間にオットのアルコール臭の息に包まれて臭いっ!

それでも我慢に我慢を重ねていたところ、ジェミニとキャロルも死ぬんではないか?と思われるほどに「ハァハァ」が激しくなってきたので、オットを残して「地獄」から脱出しました。

久しぶりにMarmotのチビテントを使いましたが、やはり・・・な出来事がありました。

なぜか、このテントで眠ると私は必ず悪夢にうなされます。しかも、夜中に息が出来ないほどに心臓がバクバクして、眠りながら「このままでは死ぬっ!」っていう思いでガバっと目覚めるのです。で、窓全開にして新鮮な空気を入れて落ち着くまで眠れないのです。

なんででしょうねぇ。。。いくらチビテントとは言え、ベンチレーションあるし、酸欠になるはずは無く(現にほかのヒトやイヌは普通に寝ている)、やっぱり相性の問題なのか?

不思議です。

Img_2108

久しぶりの高原サイト、風が強めです。風が強いって事は水滴なんかもあっという間に乾くって事で、ほんの少し良いところもあります。(キャンプで風は一番の強敵だけど)

Img_2111

初めてのキャンプ地にジェミキャロも大喜び???というよりは、「サイトなんてどこでも良いよ、とっとと走らせてっ!」って感じでしょうね。

Img_2113

2008年、見納めのビブリッジ原風景。気持ち良い景色です。

Img_2114

楽しそうなお二人さん。ジェミちゃん8歳、キャロルももうすぐ6歳なんですが、「まだ3歳くらい?」と「子犬ですか???」と話しかけられることが多い我が家のフラット達。

Img_2127

冬キャンってあっという間に夕方になってしまいます。ようやくチビテントから起きてきたオットが薄暗いリビシェルの中でコーヒー飲んでます。マジ寝をやや後悔か?

この晩は気温があまり下がらずに5-6℃は有ったかも?(忘れた)。夜はチゲ鍋→カレー鍋の変幻自在、自由な食事でありました。要するにチゲ味に飽きたところで、カレールゥを入れてみたら、これがコクウマのカレーに変身したのでした。具材は豆腐、豚肉、白菜、春菊、ねぎ・・・とチゲのままなのに上手かったー。しかも体温まるーーー。

カレー鍋は翌日の鍋洗いを除けば冬場の鍋料理によろしいです。今回は面倒なので家に持ち帰って洗いました。

Img_2128

自由。一泊しか出来なかったけど来て良かった。

Img_2134

また来年も来る!

無料ブログはココログ