« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/30

POV -The Key point in this picture-

Image01

この写真はジェミキャロが床に寝転ぶ雑然とした日常の写真です。
でも…、よぉーく見ると飼い主だけは脂(ヤニ)が下がってしまう、特筆すべきポイントがあるのです。

(余談ですが「土砂降りの雨」って、なぜだかIt's raining like cats and dogsっていうんですよねー、なぜ猫や犬のように、なんでしょうね?)

ホラ…、カモっちを抱きかかえて眠っている。。。

Image02

拡大しても全く可愛くないジェミたんの寝顔だけど、カモっち抱えてる姿を見るだけで…。

毛っけの薄いわきの下を見るだけで…、目を細めてしまうんですねぇ。ジェミたんが起きないようにそぉーっと歩いてイチデジ持ち出して、そぉーっと盗撮してしまうんですねぇ。。。

この瞬間、私の血圧はすぅーっと下がり、じめじめな梅雨空のストレスも癒されるのでした。


きっと、こんな瞬間がアナタにもあるはず。他人から見ればどうってことない、むしろつまらないような風景の片隅で、愛すべきCreatureの何気ない動作に猛烈に脳みそが溶けそうになる瞬間が。。。

それぞ、My own Point of Viewってヤツですね。他の誰ともシェアしたくない程に大切な視点とでも言いましょう。

否、バカ親と言いましょう(笑)。

2008/06/29

美味しいパン探し(2)

前回、「美味しいパン探し」というタイトルで記事を載せたら、皆さんから美味しいパン屋さん情報を多数教えていただくことが出来ました!
これぞ、まさに「口コミ」情報ですね、今、Blogなどで広がる「口コミ」の売上への影響効果が拡大している、という事で、Blog口コミマーケティング術なるものが最近は真剣に企業も取り入れるようになってきたそうな。。。

という事で、今回教えていただいたパン屋さん(メールで頂いた情報含む)を1軒1軒行ってみようと思ってます!まず、一旦情報を整理すると(*印が付いているパン屋さんはオットが食べたことあるパン屋さん、○印は制覇したパン屋さん)…

  • 奥沢 CUPIDO(○)
  • 大岡山 ベッカライ ヒンメル(○)
  • 富ヶ谷 ルバン (*)
  • 五反田 アリエッタ (*)
  • 三宿 ラテール(*)
  • 三軒茶屋 ボヌール
  • 三軒茶屋 フォルサム
  • 三軒茶屋 濱田屋
  • 三軒茶屋 ベッカライ インマーマン
  • 三宿 シニフィアン・シニフィエ
  • 深沢 ブーランジェリー コシュカ
  • 駒沢 CAFE 空
  • 瀬田 ファリーヌ・デ・ブレ

実はオットが先週の日曜の朝起きた時から腰痛が始まって、火曜日には痛くてほとんど歩けないところまで悪化してしまいました。どうしても外せない仕事のみ、バスを駆使して赴きあとはひたすら接骨院通いと自宅で寝る療法。。。週末もどこにも遊びに行けないし、私は仕事がごっつり溜まってるし…で、静かな週末でした。
オットは土曜日には近所の総合病院でレントゲンを取り、一応は筋肉疲労であることがわかり痛み止めなどを貰って、どうにか健常な生活に戻りつつありますが、病院帰りにパン屋へ行こう!ってことになり、まずは一番近い瀬田のファリーヌ・デ・ブレを攻めようと思ったのですが、どうしても店の名前が思い出せずに検索できず、、、。
ドイツパンというキーワードでオットの脊髄を直撃していたヒンメルでパンを買ってみました~。

Reeさんお勧めのベッカライ・ヒンメル、由緒正しいドイツパンはギュっ!ズシっ!スッパ~~~な感じで、いかにもザワークラフトとソーセージが合いそうなパンです♪
ドイツのバナナケーキっていうのが有って、猛烈に食べたい!と主張したのに、オットが買ってくれなくて、店内で「ケチっ!」とまで言い放ち(自分で買えば良いのだが…)、自宅に戻ってからヒンメルのBlog記事を読むとあちこちでバナナケーキが美味しいと書いてあって、「やっぱり!!食べたかったっ!!!」となり、まぁ、、、軽い喧嘩にまで発展いたしました。ホホホ…。食べ物の恨みは怖いのだ。

Image01

イチデジまで持ち出して写真撮りました~。CUPIDOのパンもちゃんと写真撮っておけばよかったなー。

Side Menuはやる気の無い土曜日ってことで、「備蓄系」からオイルサーディンをチョイス。あとは金曜日に収穫されたばかりの絹さやとスナックえんどうが、オットの実家より到着しましたので、新鮮なお豆を無水鍋で調理。

ドイツパンも美味しいけど、チーズとハラペーニョのバケットも香りが豊かで私は好きです。バケットとしてはかなり重たい系です。ベーグルはフワフワ系でモチっと感が無く、New Yorkスタイルベーグルの方が美味しいと思いました~。

さてっ!次はどこのパン屋さんにしようかなぁ~???

2008/06/28

夏服のパトロール隊

フラフラフラット・パトロール隊@多摩川支部、夏服&早朝シフトとなり、激務に励んでおります!!
ちなみにフラフラフラット・パトロール隊@多摩川支部のコダワリは、パトロールっていう文字色とビヨルキスカラーの色をお揃いにする事、です!

キャロル隊員はパトロールよりはむしろ、うんち採取用のビニール袋を出すとボール遊びと勘違いして、パトロールそっちのけで飛び跳ねております。
ジェミニせんせーはパトロールというよりはむしろ地質調査???いずれにしろ、丹念に注意深く見守っておられるようです。

という事で、土曜日も朝からパトロールしてきました。多摩川地区、晴れのち曇り、本日も異常無し!!

Image01

2008/06/27

低きに流れる、または…

ジェミちゃんは一体どこで「可愛く見えるシナの作り方」を学んだのだろうか?
ほんのちょっとした顔の傾け方、手のそろえ方、見上げる目線などなど~、お母さんは教えた覚えないぞ!っていうか、お母さんには出来ないワザだぞ、と…。

一方、キャロちゃんは天然お笑い系なので、シナを作るなんて事は出来ない。そんな知恵は無い。今、じぃーっとしていれば「可愛いぃ~☆」って撫でてもらえるその瞬間に、猛烈なゲップが出てしまうとか、ベロベロしようとして顔を突き出して、人間様のオデコにゴッチンして叱られるとか…。

おっと、タイトルと全く関係ない話から初めてしまいました。
「低きに流れる」とは、読んで字の如しで「水は低きに流れる」などという比喩で、暗に「安易な方向へ流れる様」を現しています。それはヒトのみならずイヌも一緒。楽チンな方へ流れるのです。または…寝室へ流れる。。。

我が家の寝室はリビングと部屋続き。オットと私がリビングに居る時は、ジェミキャロもリビングでグータラグータラしておりますが、どちらか一人が「あーーー、昼寝しよーーーっと…」とか言いながらベッドへ行こうものなら、イヌ達はリビングのヒトをさっさと見捨ててベッドへ流れます。
そりゃー、グータラするならベッドが良いに決まっているわけで。。。

Image05_2

ヒトのみならずイヌも低きに流れる。これ、我が家の定説です!

冷蔵庫備蓄系

毎度毎度、オット系のハナシで恐縮ですー。^^;
以前、オットが住んでいたエリアは近くにロクなスーパーも無いような湾岸エリアで、自ずと通販で食材を購入して、デカい冷凍庫に保存する生活になったんだそうです。
しかし、我が家にはデカい冷凍庫なんぞを置くスペースが無いので、それは引越しの時に捨ててきたのですが、「通販ショッピング」という習慣は、我が家に新たなエスプリとして吹き込まれたのでした!

ってことで野菜など日持ちさせることが出来ない日常的な買い物は私が近所のスーパーで買ってますが、備蓄OKな食材達の調達はもっぱらオットが調べに調べつくした「美味しくて安い通販ショッピング」に頼っております。
ただ…、、、今まで通販で食材買ったことが無かったので知らなかったのですが、送料無料になる金額まで買うとものすごい量になるんですね、、、現在、我が家には私が一人暮らし時代に使っていた冷蔵庫と結婚して新たに購入した冷蔵庫の2台が動いてますが、どっちもフルフルに冷凍庫満杯状態です。

主にオットが調達係りとなっているもの

  • ジェミキャロのご飯用お肉(2週間に一回、15キロ)
  • ちりめんジャコやシラス、シラスの醤油煮系(3ヶ月に一回、約6キロ)
  • パンチェッタ(3ヶ月に一回に2.7キロブロック)
  • ヒカリのオイスターソース(3ヶ月に一回、12本)
  • オリーブオイル(2ヶ月に一回、お気に入り種を2-3本)
  • かめびしの醤油(約3ヶ月に一回、一升瓶)
  • パスタ類(パンチェッタorオリーブオイルを注文するタイミングで…)
  • パルミジャーノチーズ(3-4ヶ月に一回、1キロブロック×3ケ)
  • エトナのレモンジュース(3ヶ月に一回、10本)
  • お魚各種(2ヶ月に一回、季節の旬に合わせて)
  • 豆各種(2-3か月に一回、約5キロ)
  • アルコール類各種
  • 海苔(3ヶ月に一回、20帖)
  • 明宝ケチャップ(3ヶ月に一回、10本)
  • etc(季節折々のお気に入り食材など)

ってな感じになっております。海苔の単位が「帖」だって知ってましたか~?「1帖で10枚」です。よって20帖だと200枚…w(゚o゚)w ワオー!
ほとんど調味料を使わずに料理するのですが、パルミジャーノだけは「出汁」か?ってくらいに大量に消費します。
よく知らないのですが、多分チーズやオリーブオイル、パンチェッタ、パスタの類は全てOliva Oliva さんから調達しているんじゃないのかなぁ???100%お任せなのでどこで買っているのか知らないものもたくさん有ります。

ジェミキャロのお肉は、山形の「肉のなみかた」(http://www.umai.co.jp/~niku/)というお店から調達しております。特に「骨ごとミンチ」のシリーズは、我が家のような100%手作りご飯食には頼もしい存在です。お肉と一緒に30%の骨がパラパラのミンチ状になっているので、そのまま生で食べさせるにも便利な状態になっております。お勧めです♪
最近はラム肉とベニスン肉がジェミキャロの定番肉になっております。残念ながら馬肉は今ひとつ合わない気がして食べさせてません。

あとはスーパーでたまーに超安くなっているササミや砂肝をオーブンで焼いておやつを作ったりしております。

パンチェッタやチーズなど、一度に全部食べきれないものは、オットが几帳面に「自家製真空パック」にして冷凍庫に保存しております。オットが以前使っていた冷凍庫はマイナス20度で瞬間冷凍できる機械で、人間も入っちゃいそうなデカイ冷凍庫でした。マイナス20度で瞬間冷凍するとほとんど劣化しないんだそうです~。あの冷凍庫があればジェミキャロのお肉をもっともっと備蓄できるのになーーー。
すっかり我が家は冷蔵庫備蓄系になりました!でも、通販で買うと大量に届くけど、単価は圧倒的に安いので、月々の食費が一人暮らしの時に比べて3分の1程度にコストダウンしました。以前は外食が多かった、というのもありますけど~。

ではでは、自らの備忘録代わりでもありますが、我が家の「お取り寄せ☆」とメニュー少ない「お家ご飯!」などなどを。。。

Image03

Image04




2008/06/25

良い一日だったね

今年も河原のカフェ「PEACE」がオープンしております。「河原のカフェ」って世の中にたっくさんあると思うのですが、Googleで「河原のカフェ」で検索すると上から4番目くらいに、ココのBlogがヒットするからビックリ。

で、河原のカフェは二子玉駅を挟んで第三京浜側(私が勝手に多摩川左岸と呼んでいるエリア)に、小さな店としてスタートしたのですが、多摩川を越える田園都市線の中から見える「河原のカフェ風景」が皆さんの脳裏にヒットしたのか?雑誌やFM TOKYOに取り上げられたのが良かったのか、あっという間に人気の店になり、そして去年(一昨年だったかも)から場所が、駅の反対側に移動して、お店も大きくなったのでしたー。

実は自宅から徒歩数分なだけに、近すぎて逆に行かなかったりするのですが、今年は家族で夏の夜のDinnerを楽しみたいワン!と思っております。

それから、定期的に訪れるアメリカーンなお店「トルバドール」も通ってます。大概は何かしらの用事で東名川崎方面へ出かける時に寄ります。
どーしても他のメニューが選べずに食べてしまうのはアボガドバーガーです。

オットもワンとのお外ご飯に少しづつ慣れてきたようで、家族でお出かけした日は、満足げにエアコンの涼しい場所で四肢を伸ばして眠るジェミキャロの姿を見ながら「今日は良い一日だったね」って言います。

Image02

2008/06/22

美味しいパン探し

オットの好きなパンはフワフワのスカスカな感じのパンとは正反対タイプの、半発酵タイプで石釜か炭火で焼かれた皮ぎしに焦げ目が残っている歯ごたえがしっかりあるパン。
説明が長いっ(笑)。要はカンパーニュが好きなんだけど、コレだ!っていうパンが見つからないようです。
以前、オットが原宿に住んでいた頃、近くのチーズ屋さんでポワラーヌっていうフランスのパン屋のパンを輸入していたそうで、そこのカンパーニュがとってもとってもお気に入りだったそうですが、今はそのチーズ屋さんが無くなってしまって、日本橋高島屋まで行かないと買えなくなってしまったのだそうです~。

まぁ、とにかく蕎麦とパンにウルサイっちゅーか、、、なんちゅーか。。。
こじゃれたパン屋のカンパーニュよりも、手作りの素朴なパンの方が良いということで、「作ってー、作ってー」って言われるのですが、「ウンチクが面倒臭そうだからイヤだ。」とパッキリお断りしております(笑)。

で、一日中雨降りの日曜日、気になるパン屋があるというので行ってみました。
CUPIDOというパン屋さんで、ホームページを見ると美味しそうなパンが色々あって、グラム売りしてくれと書いて有ります。
http://www.cupido.jp/index.html

場所は奥沢という自由が丘の隣街で我が家からは車で15分位ですが、ナビに連れて行ってもらうと、「お父さんとお母さんでやっている昔ながらの惣菜パンの店」に到着しました。
おかしい!!ホームページとはあまりに違いすぎるっ。

お洒落なホームページに騙されてしまったのか…と、やや狼狽しちゃいましたよー。電話で確認してみたら、その「昔ながらの惣菜パンの店」のほんの数メートル先に目指すパン屋さんがありました。

Image01

オットは表面に粉のまぶしてある茶色っぽいパンを2種(ベルリーナとペイザーヌ)、私はキャラメルバナナっていう甘いパンとお砂糖を使わないジャムっていうのを買いました~。

キャラメルバナナ、パン生地がしっとりしつつ香ばしくてものすっごく美味しかった~。

そうそう、オットのパンの食べ方は特殊?で、周りの皮ぎしの部分しか食べないのです。中の柔らかい部分は「消しゴム」と称してくりぬいて、そこにお豆の水煮とかを詰めて食べたりするのですが、今日は消しゴム部分をくりぬいて、周りの皮ぎし部分だけ何もつけずに食べてました。

そこそこ気に入ったようです。「また行こう!」って言ってたのですが、そのオットは夜になって前述のパリのポワラーヌで長年職人をしていたフランス人がやっているパン屋が三軒茶屋にあることを発見したのでした。

次回はきっと三茶のパン屋に行きたいって言うんでしょうね、さてさてパンの食べ比べはどちらに軍配が上がるのか???

パン大好き犬のジェミキャロは、パンを抱えて家に戻るや狂喜乱舞で大変でした。特にキャロちゃん、私達が食べている間にどれだけのヨダレが垂れたことか。。。

キャロルはホントにチビちゃんで可愛いです。

Image04

SIDE WALKERでカニ食べるかに?

私は毎月、第二月曜日の夜にフラッティ仲間(←と表現するとヤケに陽気な仲間っぽい・笑)のReeさんちの近所へ行く用事があるのです。
で、用事自体は30分程度で終わってしまうので、その後一緒にご飯食べてもらうことが多いのですが~、ここ2回連チャンでSIDE WALKERというカニカニなお店でご飯食べてます。

前回はReeさんとジルままさんと私の3人で。今回はReeさん、haneちゃん、メイジュラママと私の4人で。来月は5人になるのか???っていうか、またカニにReeさん付き合ってくれるだろーか???

店内は照明が暗くてお写真あまりよく撮れないのですが、前回は携帯カメラで撃沈したので、今回はコンデジ持って行きました。お店の雰囲気はフランスの漁港マルセイユの路地裏にあるお魚レストランみたいな感じで(行ったことは無いが、な)、テーブルとイスはなぜだか小学校の時の机と椅子みたいな家具のお店なのです。
美味しいのか?って言われると実は微妙だったりしまして、そこはカニの店なんでアレコレと調理を加えたメニューよりも、シンプルに焼いた、茹でたのカニ料理が一番美味しいような気がします。

今回は店内に珍獣が居ました~。珍獣と言っても人間の女子なんですけど、ね。いやぁ~、面白かった!!

カニを食べると無口になるのが通説ですが、私達は黙ってません!!食べる、喋る、飲む、食べる、喋る、飲む…を繰り返す。気づけば店内には私達だけ、、、。話題は硬軟色々ですが、人は自分の山しか登れないわけで(他人の人生は歩めないってことね)、色々あっても頑張って歩いていくしかないのだ。そんな中、心を許してお喋り出来る友人の存在は有り難いです。
では、食したカニカニなメニューのお写真をザザーっとご覧下さい!

Image02

2008/06/21

*猛烈にイヤ…

ここ1年、キャンプグッズやギアは見て楽しくても購入するに至るほどモチベーションが高くないのですが、こうして暑い季節が訪れ、散歩から戻ったジェミキャロがグテェーーーっとリビングで伸びてる姿を見ると山で涼みたい、キャンプに行きたいという欲望が沸いてきます。

で、キャンプに行きたい欲望が沸いてくると、あちこちのサイトを徘徊して目新しいキャンプグッズは無いか?とウロチョロするのですが、もしかしてここ1年でSnow Peakユーザーって激増してませんか???
気のせいかなぁ~、色々なキャンプ場の風景を見ると、スノピのタープとテントだらけですね、まるで「風の谷のナウシカ」のオウムがウゴウゴしているみたいに、スノピのテントが一杯居る風景を見てしまうと、基本グッズがスノピの私もさすがに唸ってしまいます。。。

これからの暑い季節、スノピのシールド加工素材のタープはNon Shieldタイプに比べて涼しいと思います!だからシールド加工素材のスノピタープが夏の定番なんだけれども…、なんかイヤーーー。
決してキャンパーがひしめくような状況には陥らないビブリでも、週末の数張りサイトはほとんどスノピ一色または、OGAWAとスノピのコラボレーションサイトばかり。
…という我が家もリビシェルだったりするワケですが。。。

この「*マーク、猛烈にイヤ…」な気分が定期的に訪れるクセに、なんだかんだで使ってるヤツ(←私のこと)ってみっともないと思うんですけどねぇ、、、。だって「イヤなら使うな」の一言で片付きますからねぇ。

あぁ~、だーれも使ってないけどすっごく気分にピッタリで性能バッチリなテントやタープが無いかなぁ、、、ヨーレイカの欧州サイトなんか見ると、すんごく気分ピッタリなテント類が目白押しなんだけど日本には入ってきていないんですよねー。通販で買うにしても日本への発送はやってなかったり、なんとなく敷居高いっちゅーか。。。
その点、REIに代表されるUSサイトはどこでも輸送してくれて親切だにゃー。

で、、、スノピカラーからの脱出を図るならコレかな!と思ったり、、、。

Image01

いや、思ってるだけで買いませんけど(どこまでも尼の邪気なB型です!)、っつーか、シェラデザインのテント(これはHalf MoonではなくてANTARESというテント)と、私が持っているMarmotのSwallowってクリソツなので買う必要も無いんだけど。。。

「何、あのサイト、何、あの色、ダッサーイ!!(≧▽≦)ププッ」って言われるような?そんでもってマイノリティなメーカ製品が良いのですよ、、、キャンプテンスタッグとかじゃなくて。。。死体現場で使われているブルーシートのタープとかでもなくて。。。

マイノリティっていう意味では、圧倒的マジョリティなmont-bellはダメだなって思っていたんだけど、ほんの5年くらい前にはキャンプ場にウジョウジョいたMoonlightユーザーって激減してますね?
もしや、既にmont-bellのテントはマイノリティなのであって、ゴチャゴチャ言わずに黄緑色使ってりゃー良いのだろうか???

実は押入れにハーレーダビッドソンがバイク買った人にあげていたテントっちゅーのが入っているのです。一度も使ったこと無いんだけど前室にハーレーダビッドソンをしまうことが出来るらしい巨大なスペースを持っているのねん。。。
今まで使わないで居たのは強烈に目がやられそうなオレンジ色だからなのねん、、、夏の暑い時期はMoonlightで乗り切って、寒くなってきたらシーズンと逆行する「オレンジ色の憎いヤツ」でも使ってみようかなーーー。

うーん、これから土曜出勤ゆえの現実逃避でしたー。でもって、多分どちらかのキャンプ場でお会いする事があれば、*タープ&テントでボケーっとしていると思いますので笑ってやってください。

タイムマネージメント

タイムマネージメント
去年も5月からジワジワっと忙しくなり7月から9月までほとんど会社を休めなくなった。
土日もひたすら労働したのだが、今年も始まった。

去年より良いのは転職二年目で効率が上がった事。悪いのは本日で一人部下の女子が退職した事。。。

とにかく時間管理を徹底して、尚且つ週末も大切にしつつ出来る範囲をディープに攻めるしかない。

私は時間管理が苦手で、朝の慌ただしい時間に朝食を作りつつ、うっかり時間を忘れて泡食うことがある。
ビブリでhaneちゃん家が可愛い吸盤付き防水時計(お風呂用)をトレーラーに貼り付けているのを見逃さなかった。
聞けばFranc francで買ったと言うのでわが家も導入♪

これで朝ご飯作りながらタイムマネージメントもバッチリです。

冷蔵庫には他にも磁石付きタイマーが貼り付けてある。
こちらはビタクラフトで野菜の無水蒸しを作る時の必須アイテム。
3分でアスパラやカリフラワー、ほうれん草やキャベツの無水蒸しが出来ます。
コツはしっかり時間を計ること。それだけなので忙しい朝に重宝してます。

2008/06/19

赤ざます!!again

久しぶりにメガネを新調しました。小学校3年生で仮性近視となり初めて作ったメガネは赤いセルフレーム。当時子供女子用メガネは「赤」と相場が決まっていた。子供男子は「黒」でもれなく「メガネザル」と言われるのがお約束だった。

中学生になると同時にハードコンタクトレンズの装着を開始。バスケの練習中に眼球の動きにレンズが付いてこれずに落として紛失、なんて事はザラだった。あまりに頻繁に無くすので、母親に申告できずに片側レンズを左右順番に入れて頃合を見て買って貰うと、直ぐにまた片方が無くなったり、、、の繰り返しだった。

数年前にハードコンタクトレンズからOne DayやTwo weeksタイプのソフトレンズに切り替えたのだが、目の乾燥が著しく長時間着用が怖くなってきた。数年前に赤いフレームのメガネを作った。アラン・ミクリが猛烈に欲しくて奮発したのだが、鼻っちょを支える部分(なんていうのか解らない)が直ぐに外れてしまって、既に3度も直したのに今もまた片方の鼻っちょを支えるパーツが外れてしまっている。

いつ買ったんだっけとこのBlogに「赤ざます!」というタイトルで日記を書いた日を検索したら、2005年3月22日だった。丁度3年3ヶ月で再び「赤ざます!!」なメガネを作ることになった。

今回の「赤ざます!!」は縁にPAW柄の付いたタイプ。今時って縁がやらたぶっといのが流行しているみたいで、電車の中でもそんな感じのメガネをかけた女子を見かけることが多い。そういえば、私が若かりし頃は「メガネをかけている女=モテない」という方程式が有ったように思うけど、最近の若い女子はお洒落なメガネでファッションを楽しんでいるようで、なかなかよろしいと思います。

私も最近ではコンタクトは月に数回しか使用せずにもっぱらメガネ。老眼テストを受けたらまだまだ小さい字を30cm以上離して読むことが出来た。45歳で老眼がまだ入ってないのはド近眼のお陰です。

Image01

2008/06/17

ドグベよ、永遠なり。

犬と暮らしている間にドッグベッドって一体何個くらい買うのでしょーか?
我が家の場合、驚異的に破格なコストコのドッグベッドと出会ってからはや6年、今回で多分6個目かな?

って事は1年に1回ペースで買っていることになりますが、それはあくまでも平均すれば…の話。キャロちゃんがドグベにチッチするクセが有って(ゲロった事も一度や二度ではない)、お腹がベリー調子悪い時なんかはドグベの上でウンピーもしてくれちゃった事件も数回有ったし、そんなこんななたびに絶望感で一杯になりながらドグベを捨てているので、我が家にキャロルが来てからの2年で4個くらい買った計算になる。

ここのところ、チッコやウンピーはさすがに無いのだけど、つい一ヶ月ほど前にもゴミ箱に捨てた米糠(お米9合分の五分付きのコメヌカ)を留守中に引っ張り出して全部食べてしまった。
米糠って油分たっぷりに繊維ビッチリなので、食べてしばらくして猛烈にゲロっぱ状態になったらしく、その後はゲリっぴにもなったようで、、、それらが全部ドグベ2個にぶちまけられてました・・・。
お食事中だった方、ごめんなさい。今、あの状況を思い出しても戦慄に震えてしまいますわ。

という事で先々月よりドグベの在庫がとうとうゼロになり、コストコへ行くたびにドグベをチェックしていたが入荷が無く諦めていたら、ついに先月入荷。「縁」(土手?)のあるタイプで、形的にあまり気に入らなかったが贅沢は行ってられない。何しろ我が家にはジェミニせんせーがお休みになられるドグベが1つも無いのだからっ。

…という事で素材もイマイチ気に入らない上にで、縁付きなモンだから3980円(不確か)と、コストコにしちゃー高めの値段にもめげずに買った。そして先週の日曜日、コストコへ行ったらまたまた新しいドグベが入荷している~。
買いましたよ、勢い余って「面倒だから2-3個買っておこうか!?」とオットに相談したら却下されましたよ、当然ですね。
新しいドグベは若かりし頃のジェミちゃんが使っていた四角いドグベを彷彿する懐かしいデザインだったりしてお母さん的にはとっても気に入りました。
でももっと気に入っているのはキャロルです、最近新しいものを何でも自分のモノにしたいらしく、独占欲めいた自我に目覚めたようです。
ジェミニせんせーは一切の事に執着しない…、おっと失言しました。食べ物以外には一切執着が無いので、キャロルの独占欲もどこ吹く風って感じで気にする様子も有りません。

あー、ジェミニせんせーって鈍感でうらやましぃー。

Image03_2

し、、、しまったぁ~!!!ジェミニせんせーのお召し物もいっつも同じだぁ~。。。

自然にあるまま、まるまる食べる

犬気より食い気な我が家ですが………。

お魚を頭から尾っぽまでまるまる食べることが体に良いらしいですね?なぜ良いのかしら???きっと食物生態系的に正しい行為だからなのでしょーか?

難しいことはさておき、イカ大好き我が家ではイカをまるまる食べます。イカの塩辛とか苦手じゃない人ならきっと「うまいっ!!」って言うと思うんだけどな~。ご飯のおかずにもお酒の肴にもバッチリです。
特に命名が無いらしいので我が家では「イカのまるまる焼き」と読んでます。なぜだか?実家ではほとんどイカって食べなかった(塩辛はよく作っていたんだけど…)ので、まるまる焼きはオットが持ち込んだ食文化です♪

Image02_4

ステンレス多層構造のビタクラフトやジオ・プロダクトが我が家の定番調理鍋ですが、なんでも弱火で無水料理が出来る上に、油要らずで洗い物も楽チンだしすっごく良いです~。

キャベツ、ほうれん草、カリフラワーの牡蠣油蒸しなどが得意のステンレス多層鍋ですが、ジャガイモスライスとチーズの重ね焼きとか、オーブン要らずの料理も出来ます。

ビタクラフトやGEOもオットと共に我が家に入り込んだ文化の1つで、年季の入ったお鍋を使ってます♪新しい文化を知るって大同小異なんでも楽しい!

2008/06/16

梅雨の晴れ間

080616_091828_2東京地方、個人的統計では雨が多い月曜日の今日も快晴です。

土曜日の朝、なかなか起きてこないオットをジェミニが何度も起こしに行くのですが、その度にお気に入りの縫いぐるみを運びます。

親友のカモっち一号、かつての親友メーメーちゃん、最近心を奪われているロバのルシナンテス、何気に気に入っているシュモクザメのシュモっち、そして永遠の名脇役である像さん…。

「これあげるから起きて〜」と可愛い貿易商人なのかは謎ですが、オットが起きてもぬけの殻になったベッドに行くと、ジェミちゃんのお気に入り達がポツンと置かれてました。

こんな気配を残していつかは天国に逝ってしまうんですねぇ…。
あまりに愛おしく感じた瞬間でした。

晴れた月曜日はジェミニのお気に入り達を洗ってたっぷりの日光で乾かします♪
見違えるようにキレイになりました☆

岩牡蠣の季節!

岩牡蠣って食べたことありますか?私はこの年になるまで存在すら知りませんでした~。
牡蠣が好きか?と問われれば回答はとても微妙。なぜならば、お鍋に入っている牡蠣が嫌いだし、蒸した牡蠣もあまり好きじゃない。好きなのは生の牡蠣のみ!酢の物は全般的に嫌いだけど、酢牡蠣は大好き!と、かなり偏っているのでーす。
あ、牡蠣フライは大好きなんだけど…(^^ゞ

海外では「"R"の付かない月には牡蠣を食べるな」といわれているようで、要するに「牡蠣は冬に食べろ」って事なのでしょうが、岩牡蠣のシーズンは6月~8月上旬頃までの暑い季節なんだそうです。
最近では岩牡蠣にも養殖モノはあるようですが、オット曰く天然モノの方が産地によって味のチガイがはっきりしているのだそうです。

秋田出身のオットは子供の頃、岩牡蠣の季節になると山形との県境にある象潟(きさかた)まで岩牡蠣を買いに行って食べていたそうです。象潟の岩牡蠣は鳥海山から流れ出る伏流水が海中に沸き出る場所で、そりゃー美味しいのだとか…。やっぱり「地のモノ」を旬な季節に食べれる生活を子供の頃から経験しているヒトは食いしん坊かも…(笑)。

Image01

食いしん坊のオットなので、東京に住んでいても岩牡蠣の季節は見逃しません。っていうか既に2月頃から「6月になったら岩牡蠣」って何度も言ってましたけど…。
今回は、塩引き鮭や鯖の醤油漬けなどを定期的に通販購入している「越後村上のうおや」さんから、お魚を取り寄せる際に一緒に岩牡蠣も到着したました。(※我が家の情報システム&食材バイヤーはオット担当なので到着するまで何が来るかわからないのでーす)

全部で10個、あっという間に食べ終わってしまいました。。。次は一人で10個食べたい、いや、20個食べたい。絶対にシーズン中にもう一回は岩牡蠣を堪能したいです♪

プルンプルンでチュルっと食べれば、口の中一杯に広がる濃厚な磯の香りが鼻から抜けていきます。爽やかなレモン果汁との二重奏にオットと二人、恍惚の表情の中夢中になって食べました~!

あっ、2枚目の写真にアトピーの塗り薬チューブが一緒に写ってるのは見なかったことにしてください(笑)。

2008/06/14

那須塩原・胡桃亭

暑いほどに晴天の土曜日、ジェミキャロのスイミング日和でありましたが、2週連続のキャンプでジェミちゃんもちょっぴりお疲れ(でも無さそうだけど…^^;)なので、今週は人間だけで美味しいお蕎麦を食べに出かけました。

オットがお気に入りのお蕎麦屋さんは那須塩原市にあります。約2年前、まだ「知ってる人」程度だったオットから「先日、那須の方までお蕎麦食べに行ったんですよ」と聞いた時には、内心「へぇーーー、蕎麦食べに那須まで…。へぇーーー、へぇーーー」って感じだったのですが、まさかそれから2年後に食べに行くとは思いもしませんでした。

ウチは父がお蕎麦よりおうどん好きだったので、実家で茹でて食べるのは「うどん」でした。なので私は敢えて美味しいお蕎麦を求めて数時間の距離を移動しよう、というところまでの蕎麦好きではないのですが、オットはものすごーくお蕎麦が好きです。
私自身はほとんど「美味しい蕎麦の味」なるものを知らないので、今日のお蕎麦デートを楽しみにしておりました。
ほんとは3月に一度予約したのですが、予約日当日の朝、猛烈なる熱が出てそのまま風邪ひいて行けなかったので、ようやく!という感もあります。

さて、”人間の”オトナだけで出かける時は、ジェミちゃん号ではなくて通称「まるこちゃん(マラネロなのでまるこちゃんって呼ばれてます)」でお出かけします。まずは自宅からジェミちゃん号でまるこちゃんが眠る都内某ホテルの駐車場まで行って、車入れ替えてからの出発なので、ちょっとだけ面倒っちぃーのです。でも、最近はすっかりまるこちゃんの出動機会が激減してしまったので、たまにはお外に出してあげないと…。しかし今日は運の悪いことに、天皇陛下が成田へ向かわれる時間とぶつかってしまったので、最寄首都高の入り口が封鎖されてたりして、30分の遅刻でお蕎麦屋さんに到着しました。

Image02

お蕎麦屋さんは十割粗挽き蕎麦を出す「胡桃亭」。

本日は「蕎麦醐味」というコースで、お蕎麦のみ「せいろ」から「田舎蕎麦」に変更して頂きました。田舎蕎麦は手で粉を挽いて一晩休ませるのだそうですが、蕎麦の実の甘皮なども一緒に挽くので、せいろと比較するとお蕎麦の色が素朴で自然です。粗引きなので蕎麦の表面はザラっとしていて、その触感と風味も素晴らしかったです。

蕎麦汁をつけてしまうのが勿体無くて、塩と大根おろしだけで食べるのが一番美味しかったです。オットはお酒のみながらお蕎麦食べたいらしく、夜の単品メニューも気になるようです。出汁巻きも美味しかったけど、蕎麦がきを揚げて味噌を乗せた「蕎麦がきの田楽」も美味しかったです。

また来たい!!と食べた直後に思ってしまうお蕎麦屋さん。途中に車で河原まで降りれる場所を発見、水量的にジェミキャロが泳ぐにも丁度良さそうな川だったので、次回はジェミちゃん号できて、スイミング&お蕎麦の一挙両得コースも良いかも♪

Image01_2

田舎蕎麦、美味しそうでしょ!!

P1100491

拡大するとこんな感じです。黒っぽい点々は蕎麦の実の甘皮も一緒に挽かれているからだそうです。手で挽いた後に一晩休ませるのは、摩擦で熱を持ってしまうので、それを冷ます為のようですが、「田舎蕎麦」と一言で片付けるには、あまりにも手がかかっているんですね~。これだけ粗挽きの蕎麦粉をまとめるのは非常に「技」が必要とされるようです。

なかなか量産できるお蕎麦ではないけど、大袈裟に言えば失われつつある日本の「ものづくり」の原点とも言うべき、一品主義の素晴らしさなのだと思います。いまどきのトレンディワードに照らし合わせればSLOWでECO、かな。

猛烈にお蕎麦に興味が出てきた~、色々なお蕎麦を食べて味比べしてみたいです!
まずはビブリの近くにあるお蕎麦屋さんに行ってみようと思ってます。多くのビブラーが行ってるであろうお蕎麦屋さんがあるのですが、私はビブリには散々通ってるのにまだ一度も行ってないので~。同じ十割だけど、どうかな???

2008/06/13

東京熱発

東京熱発
銀座は銀座でも、戸越銀座に来てます。
東京地方は熱発中で猛烈に暑いですが、15時回って少しだけ風が爽やかに感じられるようになりました。

無茶苦茶キャンプ日和〜、遊びに行きたい〜。

アイスクリーム食べたい〜〜〜、食べて良いですか…?

2008/06/11

CAMPING by the Lk.MOTOSU

キャンプレポ…と言うにはあまりにも手抜き。。。
久しぶりのイチデジ投入で、写真をたっくさん撮ったのだが、久しぶりのイチデジ過ぎて100枚近く「犬が泳いでいる写真」を撮ってしまった。。。どれもこれも同じ写真ばっかりの割には、久しぶり過ぎて心配だったので「A(オート)」で撮影していたため、曇りゆえにフラッシュばんばんに光っちゃって、キャロルなんてカピバラみたいな顔して写ってるのばっか。

言い訳はこの辺にして、サクっとこんな感じでした~。

Image01

ジェミちゃん、掘るなっ!って言ってるのに、テント脇に大きな巣穴掘っちゃって…。それなのにお父さんから「ジェミちゃん、穴堀りエライねぇ~」なんて褒められちゃったりして、ホント甘いんだからー。

Image02


2008/06/09

クレートの旅

ジェミちゃん号がMPVからアテンザ君になってから大きく変わったこと、それはジェミちゃんの居場所が、後部座席センターポジションにお座りして、運転席と助手席の間にあるウォーキングスルーな隙間に伏せる、という低位置から「超犬扱い」な荷室のしかもケージの中に変わったことだ。
この件について、ジェミちゃんは未だ納得なさってないらしく、行きはとにかく目的地に到着するまで(ナビが目的地に到着しましたって教えてくれるまで)、ひたすらピスピス(鼻笛)攻撃を繰り出してくるのだ。しかも、哀れな音色なのだ。

しかしアテンザ君はスポーツワゴンとしては非常~に荷室が広くフラットで良く出来た車だと思う(しかも安いしね)。この荷室にジェミニとキャロルがフリーで乗っかっていても構わないのだけど、ジェミちゃんも8歳のお年頃と言えばシニアなので、アンヨ踏ん張って車に乗っているのも足腰に負担かな?と思い、親心でクレートに入ってもらうことに決めた。

このクレート選びがエライ大変だったー。1つはジェミちゃんが長らく愛用しているカバナクレートの300サイズに決定していた。微妙なところでカバナ2個並べが入るかどうか…といった車幅なのだが、ロクに計りもせずにジェミちゃんのクレートと色が同じ青だから…という理由のみで1個買って(メッシュケージM300)デカ過ぎて失敗…。全く入らない。

でも、今は寝室においてジェミニもキャロルもお気に入りで使っているのでヨシとしている。

で、先日ビブリへ行った時に、ジルママさんにソフクレイトのLサイズを試させてもらった。ジェミちゃん愛用のカバナMサイズよりも一回り小さいソフクレイトLは見た目には絶対に入りそうだったのだが、惜しいところでフレーム同士が干渉しあって、微妙に入らない。ジルママに試させてもらってなかったら、再び目分量のみで「入る!」と独断し、2個目の失敗をしていたハズ。

ようやく、ちゃんと入る幅は何センチなのか?を計測してみると、微妙だが52cmまで大丈夫だろう、という事で決着した。ジェミニのカバナ300の幅が62.5cmなので10cm近く狭い幅になる計算だ。でもキャロルちっこいし、ジェミちゃんもカバナ300はかなり余ってるし…。
ソフトタイプのクレートで、幅が52cmくらいのものを探しても見つからない。クレートは小型犬~中型犬にかけて、と大型犬以上で突如巨大化する設計になっているようだ。
ましてネットで買うって事はある意味、出たとこ勝負なわけで、これまた「試しに買ってダメなら仕方無いネ」と買ったのが「テントハウス850L」サイズ。

幅は49cm、奥行き76cm、高さ56cm。ジェミちゃんは高さ56cmでは伏せしながらじゃないと入れないので、ハウス!って入るように指示すると、頭突っ込んでお尻ぶつかった段階で「無理ぃ~」って出てくるのだが、キャロルは上手に中腰で入っていって方向転換も出来る。
しかも、この穴ぐら的狭さが良いのか、ものすごーく気に入っちゃって、リビングに置いておいた時には暇さえあれば入ってるほどのお気に入り。

 しかもこの手のモノとしてはとても安い部類のテントハウス、室内用にもう一個850 2Lという大きいのを買ってあげようか、と思案中。

という事で、ジェミニとキャロルはクレートの旅をする事になったのだが、飼い主も車に入るクレートに辿り着くまでに、ちょっとした旅をしたのであった。しか~も、今回でクレートの類を買うのは一体何回目なんだ?ってくらいに、定期的に欲しくなるシロモノであったりもする。
でも、テントハウスの組み立ては今まで知っているソフトタイプのクレートの中で何よりもEasyで簡単。上に重い荷物は載せられないけど、これから検討される方はお勧めですよー。

P1100467

↑行きは大変ご不満のジェミニせんせー(写真・左)も、帰りはひたすら爆睡。実は結構気に入ってるんですよ、せんせーも。

キャロルはもともとクレート好きなので、ちっこいクレートの更に奥まったところでまぁーるくなってまったり中。キャロルのクレートの上に載っている首がダランとリアルなヤツは「カモッチ2号」。

本栖湖キャンプ

久しぶりづくしのキャンプをしてきました。

キャンプ場は久しぶりの浩庵キャンプ場、ご一緒したのは久しぶりのヴィッキーちゃん。そしてカメラは超久しぶりにイチデジ出動。相変わらず、ローパスフィルターは汚れたまま…です。そしてテントはmont-bellのMoonlight5。さらに!20年前のColeman ツーバーナーも無事点火。

バシャバシャと240枚も撮ったけど、使える写真が少なかったです。天気が曇りで暗かったかったのも有るけど、やっぱり望遠レンズは難しいですねー、AFではアホイヌどもを追いかけきれません。
日曜の午後から雨予報だったのに、薄曇りで雨に降られずに済んだのは、たぶん晴れイヌ・ヴィッキーちゃんのお陰だと思います。

今夜はとっても疲れているので、軽く数枚の写真のみで失礼しまーす。

039

押入れの奥底にしまってあったmont-bellのMoonlightを不意に使う気になりました。なんちゅーか、前室用にフライにフレーム通して~とか、考えただけでも面倒でアメニティドームを使う気になれなかったから、、、です。Moonlight、フルフライタイプじゃないからか?通気性が良くて結露知らず、快適だーーー。

096

我が家はビブリに大半の道具を置いてきてしまったため、ほぼ地べたキャンプでした。コンロやランタンもビブリに置いてきてしまったので、スノーピークの白ガスランタンを久しぶりに使いましたー。炎上以来始めて使ったけど、ちゃんと使い方間違えなければ、これはこれでヨシって感じですね。

081

20年前のコールマンのツーバーナーは、2年前にビブリのフリーマーケットで3000円で購入した代物。その時に18年モノと言われました。ジェネレーターが壊れてるかなぁ~?と思いましたが、きれいな青い炎が出ました。って事でこれから定番で使おうと思います。
お鍋はル・クルーゼのカクタス(サボテン)という珍しい色で、ぴーこちゃんから頂きました♪

029

ジェミちゃん、楽しそうに走り回ってたけど、さすがに疲れたらしく、今現在はあられもないだらしなーい格好で寝ております。。。

104

キャロルは一日中、バブちゃんみたいに赤いボールをくわえっぱなし。ジェミニとヴィッキーの間ではオミソちゃんなんだけど、楽しそうに遊んでました。

175

ヴィッキーちゃんも7歳になったけど、1歳の時に会ったヴィッキーちゃんとあまり変わってないような…???(笑)。ジェミニのカモッチにえらくご執心でした。

という事で、一泊キャンプを楽しんできました。こまごまとした写真はまた後日、編集してキャンプレポとして掲載します~。

あーーー疲れた、、、。

2008/06/06

DUO+2WAN 初キャンプ(2)

携帯カメラだと動くイヌの撮影に不適なので、暗かろうとなんだろーと食べ物の写真ばかり撮っておりました。
我が家は豆好きの「豆ずきんちゃん」家族なので、せっせと乾燥した豆を買っては水煮にいそしみます。自宅作のひよこ豆の水煮を完食してしまったので、近所のスーパーナナーズで大正金時豆を買って煮込みました。他、カリフラワーのオイスター&醤油がけ、白菜とパンチェッタの蒸し煮などなど。ナナーズで買った野菜天とお好み天(本当の天ぷらじゃなくて練り物系のヤツ)も小さく焼き焼きして食べました~。

何が美味しいって、パンチェッタと白菜の蒸し煮は美味しい~。ご飯ばんばんに進みます。^^;

外は夕方から猛烈なる雨が降ってましたが、夜の10時頃には止んでました。しかし、リビシェルから外に出てヘッドライトをつけてみると、暗闇に白色LEDの灯りで照らされた暗闇は空中に小さな水滴が見えるほどの霧の中だったのでした。
10時半頃には一同就寝、空けて翌朝はとうとうカラっと晴れました。

こんな時、ガイジンだったらFinally !!とでも大袈裟に手を広げて喜ぶんでしょーか???
ひたすらメシの話ですが、朝ご飯はコストコで買ったほうれん草&カテージチーズカレー&ジョンソンビルのソーセージでガツン!!と食べました。
コストコのほうれん草&カテージチーズカレーは、相当に怪しい味に違いないと思っていたのですが、意外やヘルシーなお味でなかなか美味しいのです。
またまた、豆がカレーにも合うんだわぁ~(*^o^*)

Image4

ジェミキャロはテントの中ではパジャマ着てるのですが、最終日なのでパジャマ汚れても良し!!って事で、脱ぐのももどかしくリビシェルから外に飛び出して走り回ってました。

ご飯食べて、乾かすものを外に出したところで、フラットのクロエちゃんとママが登場~♪日帰りでビブリに遊びにきました。生後7ヶ月のクロエちゃんにとっては初ビブリ。テーブルの上にあったボールペンくわえて走ってみたり、やる事が赤ちゃんで可愛い~。

なんにでも興味があるお年頃なのね、そーいえばジェミちゃんも私がマンションのゴミ出しに出たほんの数分の間に、ケータイとかボールペンとかバリバリにしてくれたのを思い出しました。

1つ降りたサイトでキャンプをしているララジルちゃんサイトでクロエちゃんも遊んでいたので、我が家も遊びに行きました。

キャロルはジっくんと猛烈にボール遊びを楽しんでました。以前はジっくんに全然叶わなかったけど、毎朝の鍛錬が奏功したのか?(最近はボールやってないけど)、キャロルがゲット出来る確率が上がっていてビックリ~。何事も練習なのだ、とキャロルを見ていると思います。だって、最初はボールくわえることすら知らなかったのですから。


Image5

クロエちゃんと一緒にみんなで集合写真を撮ろうと思っても出来ないぃ~。8才2頭、5歳2頭にパピー1頭…。猛烈に平均年齢高いはずなのに、集合写真撮れない~、てんでバラバラ~~~(笑)。

おやつで釣ろうとして、野犬に囲まれた人間みたいになってる人も居たし・・・。キャロルなんておやつもらえるって事すら気づかなかったし、、、。ララちゃんだけがおやつを前に正しい正座で待つことが出来たお利口さんでした~。


生きてればそれなりに脳みその皺ってものが深くなるはずなのにオカシイ。。。でも、ま、いいやっ。

2泊3日キャンプはルンルンルンと楽しく過ぎ去ったのでした。(おしまい)

2008/06/05

DUO+2WAN 初キャンプ(1)

5月30日はジェミニの8歳の誕生日です。誕生日にかこつけて夫婦して有休を取り、2泊3日で今年初のビブリキャンプに繰り出しました。
そういえば、結婚してから初めてのキャンプだし、私のとっては他の人と同じテントで寝るDUOキャン自体も初めてだったりするので、初めてづくしのキャンプでした。

金曜は曇り⇒夜から雨、土曜は曇り⇒雨時々曇り+夜から激しく雨、日曜は快晴。天候不安定な中では、設営撤収時に降られずに済んだし、最終日が快晴だったお陰でビチョビチョのリビシェルもパリっと乾いたし、まぁまぁな感じでスタートしたジェミちゃんの8歳です。

「まぁまぁな感じ」が実にジェミちゃんらしい。何もかも「まぁまぁ、出来るタイプ」なので、これからも「まぁまぁな感じ」で、ゆるーく長生きして欲しいです。イヌ生は生きた時間だけで価値が計れるものではないと頭ではわかっていても、一分一秒でも多く、お互いに健康に過ごせる時間が欲しいと最近切に思います。

同じく金曜日に有休を利用して2泊3日のファミキャンを隣サイトでララジル家が楽しんでおりました。今回は天気も不安定だし、ご飯はそれぞれのお家で、、、ってことで、それぞれのサイトを基地としながらも、ゆるゆるっと遊んだりお喋りしたり。

Image01

土曜日は起きたら雨。予報とおりなので別にガッカリはしない~。
ただオットは初めてビブリなので、ステキな自然の景色を堪能してもらいたいのに、リビシェルは完璧なまでに閉めきっていたので(寒かったし~)、ちょっと残念でした。

ジェミキャロは雨でもお構い無しに、庭を走り回って楽しそうに遊んでました。この2ヒキ、よく遊びます。ジェミちゃん、決して母性本能強い方じゃないし、クール系なんだけどキャロルのことは仲間として好きなんだと思います。っていうか、一応キャロルのことを可愛いって感じてるのかな、って思います。
お互いにイヌ同士の存在として、それなりに支えになっているように見受けられます。


Image02

しばらくして雨が止んだので、ビブリ西側をオットにご案内。ジェミちゃんがねぇ~、道知ってるモンだから、知ったかしてズンズンと先に行ってしまうの。そして竹やぶに顔突っ込んで、ダニっこつけちゃってねぇ、、、ホントに張り切ジェミちゃんって可愛いんだから。。。

↓ジェミちゃんの得意げなお顔、見てやってください。もぉー、8歳なんだからぁ。

Image3_2

ビブリには楽しい思い出が一杯詰まっているけど、悲しい思い出もそのままの自然で残ってます。あの子の居た場所、あの子の居た夏が思い出されます。ジルちん。。。

To be continued...

2008/06/03

この犬8才につき…

この犬…
もう先月になりますが、5月30日に8才になりました。

人間ならばとっくに50才を過ぎているはずですが、白髪もなく若作りタイプのジェミニさんです。

写真はお誕生日キャンプと称してビブリへ出掛けた時の車中での様子です。

伏せて寝てれば良いのに、行きはほぼ仁王立ち状態で川上村まで頑張りました。
写真ではわかりませんが、ずーっとこの利発そうな(親バカですみません)お顔でピスピスと鼻を鳴らし続けることが出来る頑張り屋さんです。

帰り道はほぼ荷室の床に沈んでいたジェミニさん。
ハッスルして走り回っていたので疲れたんでしょう。
ものすごく鈍感でマイペースの幸せ犬に見えるけど、本当はピスピスと言いたいことがあるらしいです。

のんびり、好きなことだけやって長生きして欲しいです。

キミガダイスキ。

無料ブログはココログ