« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/30

犬が居ますから…

やはり、大型の座敷犬と暮らしていれば、お部屋が広かろうと狭かろうと、ある種の「特殊事情」が有ると思われます。多分、広いほうが特殊性が緩和されるかもしれませんが、その特殊性を「犬が居ない家」レベルに持っていくには、広いほどに大変だとも思われます。

我が家の「特殊性」について、ごくごく一部をフィーチャーしました。いかがでしょうか?

Image02

えっと、、、話は変わりますが、最近「脳内メーカー」っていう占いサイトが流行ってるのご存知ですか?今日は「あっこにおまかせ」っていうテレビでも紹介されており、ムチャクチャにサーバーが混んでいるみたいで全然アクセスできません。

なので、「gemini analyser」っていうのをオリジナルで作りました。アナタのお犬様の脳内を是非是非、gemini analysrでスキャンしちゃってください!(↓)

http://seibun.nosv.org/noug/maker.php/gemini/

ちなみにジェミニとキャロルの脳内は…

Image03

今日の朝のお散歩が蒸し暑くて、ジェミニが多摩川で泳ぎたそうにしてたんです。でも入っちゃイケナイって知ってるから、じぃーっと川を眺めているだけでした。泣けるぜっ!

だからなのか脳みその半分以上が「水遊び」で占められている不憫なジェミちゃんです。一方、実は朝からオモラシしたキャロルの脳内の半分は「ガルル」ですよ、ガルル。もしや2番手の地位に甘んじていないのか???ムムムっ。

そして、こんなモン作って遊んでるヒマがあったら一行でも原稿書かなくちゃイケナイんだけど、飼い主様用のanalyserも作ってしまいました。。。コチラです(↓)。

http://seibun.nosv.org/noug/maker.php/gemini2/

ワタクシの脳内は、「真心1%」です。イエーイ!

Geminimama

なかなか精度の高いアナライザーだと思われます。皆さんもお試しくださいっ!

じゃ、仕事しますー。

2007/07/28

なぜか、いつも、泣きそうな顔

Img_0002

昨晩、初めてスキャナを使ってみたら、ムチャクチャ簡単&綺麗でカンドーしたので、今度は3歳の頃の写真をスキャンしてみました。

このお洋服、母の手作りでもってお揃いペアルックでした。襟が白、エレガントな花柄の生地で、贅沢にもボタンも同じ生地で包まれております。この時代の私の洋服は全て母の手作り品で、写真を見るととてもデザインがステキなんです。この頃は廉価な子供服ってあまり無かったんでしょうね、作るしかなかったのかも。。。

お出かけ服はいつも自由が丘の「白樺」というお店で買って貰っていたのですが、その白樺の娘は、後に小学校~高校まで同級生で、いつもお洒落さんで実に羨ましかったです~。

でも、母がファッションブックを参考にデザインを決めて私の服を作ってくれていた事ってきっと今の私にとって何がしか役に立っているんだろうな~と母に感謝です。コシノ姉妹のように才能は爆発してませんけど、取り合えず今もお洋服は大好きで貯金が全然出来ません。って、これは役に立っているとは言わないのか。。。

ユニクロが悪いとは言わないけど、子供の頃から大量生産されたユニクロばかり着ているようなことって子供の情操教育にはよろしくないんじゃないかしら???

…と、子供も居ないクセに無責任なことを申し上げましたけど、この写真で私の後ろを通り過ぎる女の子がカメラ目線で笑っています。手をつないでいるお父様の眼鏡もレトロだけど、女の子のおかっぱな髪型もレトロで可愛い。「ちびまるこちゃん」のクラスメイトの野口さんに似ている?

で、情操教育などとエラそうなことを言いましたが、当時の私はなぜかいつも泣き出しそうな顔ばっかりしてました。この写真も、ものすごく不安そうな顔でカメラ見てますよね。子供らしいビッグスマイルの写真がほとんど無いのです。自らの記憶では「迷子になったらどうしよう?」っていつも心配が不安な子供でした。

なぜかと言えば、一度、小田原城のトイレで母を待っている間になぜか迷子になってしまって、エラい騒ぎを引き起こしたことが多分トラウマになったのでは?と思われます。その時も、母がトイレに入る時に「ココで待っててね」って言っただろうに(覚えてない)、なぜかウロウロしちゃったんですよねぇ~、でもってすんごい所まで歩いて行ってしまって迷子になった挙句に冬空の池に落っこちちゃったんです。

あ、そういえば昨夜の夢ではキャロルが迷子になってしまって、私が必死にキャロルの名前を呼ぶ夢でした。夢の中で声が全然でなくてもがいてました。目覚めるとキャロルがありえないって程に密着系で私の胸の上に乗っかって寝ておりまして、多分そのせいで悪夢を見たのだと。。。キャロルが乗っかってた部分に汗かいていて汗疹ができちゃいましたよー。

とりとめの無い話で申し訳ありません。今日はこの辺で。。。

あ、私の父はクラシック音楽が好きな人だったけど、カメラも好きだったみたい。ホントはもっとカメラ方面を極めたかっただろうに、子供にお金かかるからあまり投資できてなかったかも…。でも、父の撮ってくれた写真、ステキな構図のものがあってアルバム見ていて嬉しくなりました。今まで気づかなかったので。父が愛用していたNikonの古いカメラはまだ実家に有るのかしら?

KISS ME

KISS ME
ズバリ!ヒロインメークの王道は「まつ毛、命。唇、きらり」と、な。
この写真のヒロインはベルばらのマリー・アントワネットですか?

中高生ブランドのキスミープロデュース品ですが44才のワタクシも気になります。
ヒロインメーク♪

さて、仕事しますかねーーー。

2007/07/27

六本木純情時代

今日は神保町のタイレストランで新しく入社された女子アナの歓迎会。

あっ…、女子アナと言っても「アナウンサー」の略ではなく、「アナリスト」の略です。勝手に社内の女性アナリストを女子アナと呼んでおります、、、ウソではない。

30代、40代の9人が一同に会しました。そして私は両脇の同世代の"お兄様"と懐かしの六本木話に花が咲きました。当時ディスコのメッカだったロアビル、スクエアビルといったビル名は覚えていても、お店の名前は思いっきり忘れてますねぇ。そりゃそーですよね、かれこれ20年以上前の話なワケで、一昔前どころか二昔前の話です。懐かしいけど楽しかった!という記憶は褪せてません。でも、30代の面々にとっては懐かしシリーズはマハラジャ→ゴールド→ジュリアナでした。私はその頃になるとすっかり「飲み」系だったので、同じく六本木でも居酒屋さん通いしてましたー。

田中康夫の「なんとなくクリスタル」が高校3年生の時にブレイクして、まさに小説に出てくるような学生生活でした。懐かしい。今にして思うとバブルの始まりでしたが、女子四大生の就職率は非常に悪く、「短大出て銀行や商社に勤めて3年以内に社内男子と結婚を決めて寿退社」っていうのが王道でした。私自身は就職活動もせずに成り行き任せでした。どこそこの学校に行きたい、とか、どこそこの会社に勤めたい、とか、なにかしを勉強したい、とか、あれこれの仕事をやりたい、とか…そういう事を全く考えることなく生きてました。今も成り行きの結果でしかないんですけどね。

カフェバーが流行り、赤いAudiに乗っている田中康夫さんを頻繁に六本木で見かけましたし、実際に「ブリリアントな午後」っていう小説を彼が上梓する際に、あれこれと女子大生の暮らしっぷりについてインタビューを受けたりしたこともありました。乃木坂のカフェバーでしたねぇ。

お小遣いをやりくりして毎日楽しく遊びまわっていた時代です。飯倉キャンティのビーフピラフが好きでした。当時、キャンティのピラフは2500円くらいだったような、、、学生の身分で2500円のピラフはかなーり無理してましたけど、ゴロゴロと入った角切りビーフが美味しかった。

当時、日産ギャラリーでコンパニオンのアルバイトしていたのですが、時給がやたらと良くて、思えば一番リッチだった時代かも。

しかし、こうやって思い起こすと、ド方向音痴のクセして、六本木界隈は飯倉から乃木坂、青山、西麻布と縦横無尽に移動しまくってました。道に迷うこともなくね。。。でも、先日、久しぶりに六本木へ行った時、狸穴坂を下りた先のメキシコレストランへ行くのに、どえらく迷いました。なぜだ???昔は抜け道に使っていた道だったのに。。。楽しかった記憶の断片だけが残っているっていう事でしょうかね。

Image02

当時の懐かしい写真をスキャナで読みこんでみました。人生で初めてスキャナ使いましたけど、結構綺麗に読み取れますねー。この写真はスクエアビルの8Fのディスコだったと思います。よく行ってたのにお店の名前が思い出せない。。。

そして小学校~高校まで一緒のクラスだった親友とのツーショット。高校卒業後はそれぞれの進学先に進んだのですが、同じくゴルフ部に所属して一緒にアルバイトしていたこともあり、ツルんで遊んでました。でも、今にして思うと、遊び回ってないでしっかり勉強しておけば良かった、、、と思うことも多いです。しかし過去を振り返っても、やり直すことはんて出来ないんですからね。

シェークスピア曰く、「過去と未来は最高によく思える。現在の事柄は最高に悪い」と申しております。シェークスピアってリアリストですよね。

ほろ酔い気分で自宅に戻り、ちょっぴり懐かしく古い写真を見入ってしまったけど、やっぱり「今」ですよね、「今」が一番楽しくなくては未来もつまらない。

未来に対して今日という日が一番若いワケで、幾年月もたおやかで有りたいです。

真夜中のBossa Nova

こんばんは。

早く寝なくちゃっ!と思いつつ、夜更かし大好きです。「真夜中の~」という始まりのコトバにワクワクします。「夜の帳が下りる頃」な~んていう月並みな表現も大好きです。

なぜこんなに夜が好きなんでしょう???(笑)

さて、「真夜中の~」と始まれば真っ先に私が思い起こすのは「MIDNIGHT COWBOY -真夜中のカーボーイ-」です。ダスティン・ホフマンとアンジェリーナ・ジョリーちゃんのパパであるジョン・ボイドが主演。

なんともいえない「絶望的」な結末を迎える映画でアメリカン・ニューシネマと呼ばれているようですが、同時代のウォーレン・ヴェイティとフェイ・ダナウェイ主演の「俺達に明日はない」の方が有名でしょうか?「ボニー&クライド」です。銀行強盗の果てに破滅的な最後を遂げるシーンの衝撃や生き様のヒーロー性は「テルマ&ルイーズ」にも通ずるのかも。

この時代の映画、以前もこのBlogに「大好きな映画」として記事を書いたことが有ったと思いますが、「イージーライダー」や「明日に向かって撃て」など当時のアメリカの世情を反映したヒット作が多く、ネクラな私のハートに響い作品が目白押しです。

「カッコーの巣の上で」も同時代の映画ですが、どれも最後に「希望」は無いんですよね、基本的に。ハッピーエンドは罪悪とでも言うかのように。今日取り上げたタイトルの映画、全てが主人公は死ぬか殺されるか廃人になるか、、、ですからねぇ~。

それでも「希望」の欠片を探してしまうのですが。

これは私の個人的な感覚なのですが、「希望」は希望に満ちた場所で探すことは出来ないのではないか…。言い回しがヘタなのすが、望む方向に向かおうとすればするほど、その逆になってしまう、という「理不尽」なことが結構、ありがちなのかなって思います。

「がむしゃら」とか「足掻く(あがく)」といった状態と言えばよいのか。すんなりスムーズに「望む」モノやポジション、満足感などなどを得る事が私はヘタクソみたい。「おいで」って呼ばれたから喜んで駆け寄ると突き放されるのでは?というような不安感と言いますか、そんなモンを対人関係において密かに心配してしまいます。その割に他人に対する配慮が足りず傍若無人なのですが。

というワケで(無理やり結)、「真夜中のカーボーイ」に代表されるアメリカン・ニューシネマと称される一種「気持ちが落ち込む」系の映画が好きです。

がしかし、今夜、真夜中の私はBossa Novaを聴きながら上機嫌でございます。ちょっとだけ仕事に区切りが付きました。8月一杯で一息つけそうです。9月には遅い夏休みと代休を取ります。絶対に。

Bossa_nova_2んで、先ほどアマゾンでポチっとしました。週末に向けて。

パウロ・ムニツというブラジル、リオデジャネイロ出身のボサノバシンガーのCDです。

タイトルは「Trying Fool Destiny」、英語の歌詞ですがテーストはブラジリアン。とても柔らかくリラックス効果抜群。

なぜ買う前に知っているかというと、ココ(↓)で試聴版が先ほどよりPCのスピーカーを通して流れているからです。最初の曲が一番好き。

http://www.paulomuniz.com/menuen.htm

クリックすると直ぐに試聴可能です。是非是非、「けだるい昼下がり気分」を夜中に味わってみてください♪

サーバダー♪って陽気なフレーズが繰り返されるのですが、私は「サーダコー♪」って歌ってます。えぇ、懐かしい「リング」の貞子さんです。真夜中にテレビからドローンと出てくるお方。

それからそれから、話が飛びますが、手相を見てもらったことをきっかけに「ネット占い」で、貴重な睡眠時間を消費しております。勉強の1つもすれば良いのだが。。。

で、ココのサイトで絶対音感を調べることが出来ます。今まで私には「相対音感」しか無いと思っていたのですが、ココのテストでは「絶対音感が有り」と出ました。ちょっと嬉しい。

http://www.unnmei.com/onkan/onkan.html

PS:右サイドバーが思いっきりズレてます。ニフティのメンテの後って必ずレイアウトがズレたりするの。呆れてしまいますわ。ずーっと下の方に天気予報や今夜の月、お友達のリンクなどなどのバーが有ります。ただいま、修正クレーム出してますので今しばらく正常な表示までご猶予くださいませ。

2007/07/26

日常の日常

私のお仕事はIT系の企業へ訪問する機会がとても多いのですが、外出途中に携帯で写真撮って遊んでいます。今日は携帯の中に溜まっている写真を整理したので何枚かご紹介。

Image05

新宿の高島屋へ行く途中にある「クリスピー・クリーム・ドーナッツ」はいつもすごい行列です。暑い中、行列に並んでまでドーナッツを食べたいと思う心理、さっぱりわかりませーん。アトランタへ行った時、スーパーに山ほどクリスピードーナッツが売られていました。

ジメジメっとした天気から一転、夏日となりました。東京の最高気温は27-28度といったところで、日中は紫外線が眩しく、暑いけど湿度は低めでこんな夏日ならOKです。何よりも空が青いって良いですね~。

九段下の街路樹にも蝉が鳴き始めました。皇居が近いので九段界隈は結構、色々な虫が居るかもしれません。なんせ皇居の敷地内は農薬を一切使っていないため、「皇居の中にはもう一つの武蔵野がある」と言われるほど、多くの種類の虫が居るようです。

朝の散歩でシオカラトンボを見ました。子供の頃、近所の兵庫橋からトンボ釣りして遊んだことを思い出しました。今時の子供ってトンボ釣りやるのかしら?

2007/07/24

自分らしく…言うに易し

P1080021

こんばんはー。このパンダちゃん、クタクタっとしててさわり心地抜群です。

アトランタへ行った時、ホテルの売店にゴチャゴチャっとたくさん居て、ついつい連れてきちゃいました。

なかなか仕事の切れ目を見つけることも出来ず、あれよあれよと7月も終わろうとしてます。そんな中、日曜日は休日出勤前に、旧菊坂町(文京区本郷)まで足を延ばし、会社の同僚のナヌークさんがボランティア活動として参加しているNPOのイベントで手相を見てもらいました!

きちんと手相を見て貰うのは初めて。旧菊坂町の写真もチョコチョコっと撮りました。まだ未整理なので次回、ご紹介します。情緒溢れる素敵な街でした。

で、手相の方はあまり良い結果では有りませんでした。手相って刻々と変わるらしいのですが、今の私の手相は右手と左手が全く違う手相なのです。ここまで違う人は珍しいと、、、。それだけバランスを崩している証拠なのだそうです。

自分の手相はそれなりに見慣れてますが、かなり以前から右と左は非対称だったと思います。さらにあまりよくない事は右手の手相がとても薄くなっているんです。特に知能線が。。。(汗)

今回見ていただいた先生の見立てでは、左手は私の「個(や家族など内向き)」で、右手は「公(や会社など外向き)」をあらわしていて、左手は元来の強運、直感力といった相が強く出ており、基礎体力もあり、無理の効く体なのだそうです。広く浅い社交は得意だけど、実は深い付き合いは苦手で他人に対する興味が低く、ちょっと頑固でもあります。

ただ、左手の知能線も途中で分岐してます。さらに悪いのは「島」が出来つつあり、これは目や頭の疲れを通り越して、自律神経が相当ダメージを受けている、または内臓にダメージが有る証拠なんだそうで、島がくっきり形成されるようだったら病院行った方が良いと言われました。うげっ。実は数ヶ月前から瞼のピクピクが頻発しており、眼精疲労というよりはやはり自律神経失調の現れのようです。

で、「外向き」の私を表す右手の手相が薄くなっていると書きましたが、これは本当の自分をほとんど出すこと無く、言いたいことも言わず、立ち止まって考える間も無く、「自分らしさ」を忘れて流されている状態なんだそうですー。

言いたいこと、かなーり言ってると思うんですけど、、、と占い師さんに口ごたえしてみたところ「言える相手には言えるんだけど、肝心なことは言えていない。本当に言わなくてはならない時や人に対してギリギリまで自分を合わせてしまう傾向がある」と言われました。いずれにしてもかなーりストレスの溜まっている状態なのにも関わらず、長らく緊張状態が続いている為に本人は既にそのストレスが当たり前になっているか、またはフタをして見ないようにしているんだそうですー。

ということで、このまま突き進むと50歳頃には何もかもに行き詰まってしまうのだそうで、バラ色の50代を迎えるための土台作りをしなくてはならないんだそうです。要するに忙しいからと言って仕事に流され続けていると50歳の頃には頭打ち、行き詰まりで苦しむことになる、って事でした。漠然とその不安は有るのできっと正しいのだろうと思います。もし、ジェミちゃんがご長寿フラットで頑張ってくれても、たぶんお別れの時期になるし。でも目の前に仕事が山になっているのはどうしたら良いの???

その答えは、やりたいと思うことはやってみる、という一歩を踏み出すことが大切なのだそうで、そういう意味で英語やバイオリンへのチャレンジは、持ち前の直感によって自己防衛手段として行動に移した現われなのだとか?

右手の知能線が薄く途中で切れちゃってるんですけど、それはストレスや疲労によって思考がストップしているのだそうで、「ふっと意識が途切れることありませんか?」と聞かれてしまいましたーーー。それってかなーり危ないヒト向けの質問なんじゃ???

しかし、LOVE運は結構良いんですよ~♪去年辺りから再来年くらいまで大切な人と出会いや再会の時期大なんだとか!直感を信じろっ!ってことなんだそうで、「素敵♪」って思う反面、「おやっ?」と思ったらそれは直感が正しいので避けて通るべし、とのことでございましたー。ついつい、「素敵♪」っていう感情を優先して直感が警告してくれた「おやっ?」って方には「気のせいよ」などとフタをすると結末は言わなくても解るよね?ってことでした。自分の直感を信じろと何度も言われました。最初に感じたことが正しいと。

取り合えず「現状(コト&ヒト)に流されない」という事を考えてみようと思います。転職して以来、前職で最終的には苦しくなってしまった諸々の事情を考えると「上手く流される」方が楽チンだと考えてましたが、そうしているうちに知らず知らずに「自分」をなくして右手の手相が薄くなってるみたいです。

衝突する事なく流されるのでもなく、サラリと生きていきたいです。自分らしく生きるっていうのは、簡単なようでとても難しいことですけどね。

シンプルが一番。というワケで、菊坂の空はうす曇でした。決して私の心を反映しているのではなく、事実、曇り空でしたのよ。

P1080047

2007/07/15

犬は正直

P1070969_1最近、現実逃避と重なってか?バイオリンのお稽古に1日1時間以上費やしております。

練習の最中、ジェミキャロは大人しくドグベでステイしてもらっているのですが…、どーにもこーにも耐えられないらしく、、、。

1時間もの間、ドグベでステイしていることが耐えられないというよりも、私のバイオリンがキコキコするのに耐えられないらしい(笑)。

特にこらえ性の無いお方はジェミニさんです。バイオリンには低音側からGDAEという4本の弦が有りますが、私は今、GDAの3弦を使って弾く練習しています。どれか1つの弦だけでも簡単な曲が弾けるので、GDAの3弦を使いこなすことが出来るようになれば、相当な曲が弾けるようになります。

ただ、バイオリンがピアノよりも難しいと感じる部分は、ピアノは鍵盤を押せば取り合えず正しい音が出ますけどバイオリンで綺麗な音を正確に出すのってとても難しくて、シフトによって微妙に音がズレるし、弦を押さえることに夢中になると、ボーイング(弓引き)がおろそかになってかすれた音が出たり、弓が弦の上で跳ねたりするのです。

そんな音が出るたびに(っつーかしょっちゅう異音が発生します)ジェミニは耐えられないらしく、ステイだって言われてるのに寝室へ駆け込んでベッドに乗って布団をホリホリしてストレス発散をしております。^^; ジェミちゃん、お母さんはそんなジェミちゃんのあからさまな態度に傷つくんですけどー。

キャロルはというと、A弦の高い音にどーしよーもなく本能が反応してしまうらしく、鼻をピーピー鳴らすので、これまたうるさいのなんのって・・・。と、こんな感じで犬共からはブーイング&鼻ピーの雨嵐の中、練習に励んでおります。P1070933

バイオリンのお稽古が終了したあとはご褒美(なんで?)のおやつタイムです。おやつにはムチャクチャ忠実なジェミニさんと、その背後に控えるわきまえのある犬・キャロル。

犬って正直ですよねー。

毎度、先生のところへ行く際に、バイオリンの調音を先生にして頂いているのですが、隔週なのでどうしてもその間に弦が緩んだりして音がズレてきます。ズレたまま練習すると、そのズレた音にあわせて弦を押さえるので、押さえる位置が微妙に狂ってくるし、段々と耳がズレた音に慣れてしまうのもキモチ悪いんですよね。

Piano1_1 これを自分で調節するには基本音の「ラ」が必要です。携帯のオリジナル音楽作成ツールで音が取れないかな?と思ったけど無理でした(笑)。

実家に有るピアノを持ってくるのはあまりにも大変だし、多分いまどきの電子ピアノってアップライトより音も良かったりして…。

真剣に検討中です。しかし、電子ピアノもピンからキリなんですねぇ、お値段様々・・・。卓上型の安いので十分なのだけど、先にピアノで楽譜の音をとってからバイオリンの練習をする方が効率的か?と思ったり、どうせ買うならピアノの練習も出来るようにそこそこのモノが欲しくなり。。。

ホントはYAMAHAのコレ(↑)が「赤と黒」で素敵なので欲しいケド…とっても高いし場所も取りそう。。。無理。CASIO辺りで妥協かなぁ。。。コチラ(↓)なら5-6万円でヤフオクに出ているのだが。

Piano2_2

ライフスタイルが、どんどんインナーな方向に向かっているが、マイブームだから仕方無いのだ。

話は変わりますが、今日は約1ヶ月ぶりに英会話のレッスンに行きました。東京地方は午後には台風も遠のき雨もやみましたが、尋常ならぬ被害があちこちで出ているようで、ネットで繋がっている皆様は大丈夫かと案じております。

P1080017

英会話スクールの受付&待合室から眺めた二子玉~上野毛方面の景色です。10月1日から教育訓練給付制度が変わるようです。どう変わるかというと、私の場合ですと旧ルールでは20万円の給付金を受ける資格が有るのですが、来る新ルールでは一律で10万円しか給付金を受けることが出来なくなるらしく。。。

私が受講しているコースは来年の1月までのものですが、9月中に全て終わらせて20万円の給付金をゲットすべきか否か思案中です。6月に丸々一ヶ月休んだのが痛い。75回コースで残り27回、残り3ヶ月弱で終了するには9レッスン/月の計算です。全く無理な計算では有りません。気がかりなのは終了時にどこまで私の英語ちゃんはimproveされているのだろうかってことです。うーむ。。。コースが終わってしまった後の現実を知るのも怖いので、早く終わりたくないような。。。

天は二物を与える。

「天は二物を与えず」と申しますが、それはウソだと思います。世の中にはものすごーく美しい上に、ものすごーく才能にも恵まれた人ってウヨウヨっと居ますもの。

もしかして「天は二物を与えず」とは平均するとそうなるって事であって、五物くらい与えられている人も居れば、マイナスかよっ!っていう人も居て、平均すると一物(二物を与えずという事は一物と解釈)になるって事なのかも。

Anne_1私が「最低でも二物だよね~」って思う美人ヴァイオリニストは、アンネ=ゾフィー・ムターなる美女です。

You Tubeで色々なヴァイオリニストの演奏を見てますけど、このお方は容姿が美しいのみならずシルエットから燃え立つようなオーラが出ているというか。。。

ご興味のある方はコチラ(↓)のYou Tubeで色々と見ることが出来ます。

http://www.youtube.com/results?search_query=Anne+-+Sophie+Mutter&search=Search

このジャケットはサラサーテのカルメン幻想曲、本日アマゾンより届きました。とても情熱的で素敵です。

そして、日本発の美人ヴァイオリニストでは、諏訪内晶子さんのクールな演奏が好きです。もちろん、お美しいなんてモンじゃございません。

Suwauchi_1 Suwauchi2

斯様に美しく、にも関わらず1990年に史上最年少でチャイコフスキー国際コンクールで優勝されております。素晴らしいっ。こちら(↓)がご本人のウェブサイトです。明日16日に東京オペラシティで公演されます。

http://www.universal-music.co.jp/classics/artist/akiko-suwanai/

向かって左のジャケットはシベリウスのヴァイオリン協奏曲二短調、右はサラサーテのツィゴイネルワイゼンです。私はヴァイオリン協奏曲ではシベリウスが一番好きです。そして、ツィゴイネルワイゼンは私の父が好きだった曲です。

元々、父がクラシック音楽好きだったことが私もピアノを習うきっかけとなったのですが、父がよくかけていたレコードがツィゴイネルワイゼンでした。という事で、台風到来の3連休はこれら3枚のCDと共に過ごそうと思っています。

P1070964

※(↑)譜面台を先生から借りました。これで姿勢良く自宅練習に励むことが出来ます。せめて姿勢くらいはムターのようにピンと背筋伸ばして弾きたいです。

土曜日の夜はヴァイオリンのお稽古日です。夜9時から1時間なのですが8時からの小学生(男子)がとっても上手なんです。お持ちのヴァイオリンも100万円なんだそうで、付き添いで来ているお母サマの気合もムチャクチャ入ってます。私も少し早めに行ってレッスンを聴かせて貰ってます。

ヴァイオリンの先生は3歳半から18歳までピアノを習ってきた先生で、かれこれ40年のお付き合いです。最後に習ったピアノ曲はドビュッシーの「月の光」でした。途中で私が父の転勤で名古屋へ行っている間の数年、ブランクがありましたが、18歳でピアノを止めてからも、先生のアシスタントのアルバイトをさせていただいたり、私が20代の頃にはなんと8回(!)ものお見合いをご紹介くださったり…と、親戚の叔母さんよりも親しいのです。

先生との出会いが無くても多分ピアノは習っていたと思います。だってクラスの半分以上の女子がピアノを習っていたほどに流行ってましたから。でも今、こうして四十の手習いでヴァイオリンを始めようとは思わなかっただろうな、って雨降る246を運転しながら思いました。ご縁って不思議ですね、一期一会を大切にしている先生だからこそ、ピアノを止めた後もずっとご縁を続けることが出来ました。

P1070954

余談:今日、黒ちゃん達は雨だというのにお風呂に入りました。ナゼって?朝の散歩でキャロルがレインウェア着たまま濁流チックな多摩川に入水して、バッシャンバッシャンと泳いじゃったからでーす。ついでにジェミちゃんもお風呂行きとなったのでした。

この写真のキャロ子(向かって右)、なんか笑えません?(≧▽≦)ププッ

2007/07/14

月下の一群

Gekka_1 私がまだ夢見る乙女だった頃、某女子大付属の専攻科でPoetryなんてモンを専攻しておりました。

Poetryのクラスは最も人気の無い選択科目で、確か12-3人くらいしか居なかったような記憶が…。研究する詩は英語に限らずなんでも良かったのです。古典でもビートルズのような歌詞でもOKでした。

私はちょっぴりフランスかぶれしておりまして、もっぱらフランス人の書いた詩をチョイスしてました。

で、当時レポートを書く際にお世話になっていたのは堀内大學という詩人の翻訳本。とても有名な訳詩家でも有るでの、ご存知の方も多いと思います。

Poetryという授業では自らも詩を書いたり、詩を訳したりする事を習ったのですが、訳する方は難解で授業はとっても難しく感じた記憶があります。

その後、すっかりさっぱり詩なんぞに興味も失せ、ディスコだ~、カラオケだ~、居酒屋だ~と、年齢にあわせて押し寄せる欲望のままに突き進んできたワケなのです。。。

しかし最近、プライベートタイムには「心の散歩」に余念が無く、パラパラと赴くままに詩を読んで夜長を過ごしたりします。多分、7月だというのに夜は涼しいからでしょうかね、気分的には「もう秋ね、、、」って感じ?これからギラギラの夏がやってくると思うと恐ろしい。

そんなパラパラタイムにとってもGoodなのが、前述の堀内大學の「月下の一群」という詩集です。アポリネールやコクトー、マリー・ローランサンなど堀内大學がチョイスした有名どころの詩が集められたアンソロジーです。

私の場合、シューマンの奥さんとブラームス、実は不倫の仲だった!?とか、常に興味の方向が下世話でおばちゃんですが、堀内大學さんもマリー・ローランサンと恋仲にあったとかなかったとか、、、。

そんなマリー・ローランサンの乙女チックな絵は好みでは有りませんが、彼女の書いた「鎮痛剤」という詩が好きです。会社で引き出しのバッファリンに手が伸びた時、ふっと思い出しました。

「忘れられた女は退屈な女よりも、悲しい女よりも、捨てられた女よりもずっと哀れ」

時同じく夢見る乙女(と自分で言っていてキモい)だった時代、門あさ美という名古屋出身の歌手が密かに流行っていたのですが、ご記憶にある方いらっしゃいますか?

Kado_1 大人~な女性で物憂げに髪の毛を掻きあげる(イメージ)レコードジャケットがすっごく素敵でした。

憧れてました。その割には全然別物のおばちゃんに成長してしまいました。。。

門あさ美の「月下美人」っていう曲、今でも時々口づさんでしまいます。この曲がリアルにラジオで流れていた頃、初めての大失恋を経験して、門あさ美さんのレコードを聴きまくって泣きまくったので、未だに脳ミソの容量を食っているようです。

しかし今の私に最もジャストミートなのは、アリナミンのCM曲で残業中のギバちゃんの体が固まった時に流れる曲です。

なんだか泣けてくる~っていうサビがCMで流れていますが、ウルフルズのニューシングルなんだそうで、正式タイトルも「泣けてくる!」。

この「なんだか泣けてくる、思わず泣けてくる、言えない一言が悲しい帰り道」ってのがねぇ、ズバリ解るんですよねぇ。仕事で追い詰められると、なぜだか孤独な気分になって思わず涙出ちゃったりします、もう44歳なのに。

それなのに、「百戦錬磨」とか言われちゃったりすると、「何気ないコトバが悲しい帰り道」って感じで、実は凹みやすいし弱っちぃーです。でも、この歌の歌詞はとてもストレートなのにベタじゃなくて素晴らしいです。

何気ない一言が嬉しい帰り道、明日も頑張ろうぜって笑って歩き出す。へこんでも疲れても、明日がやってくる。何から始めようか、どれくらい頑張ろうかって続きます。

上手く行く日も行かない日も、浮く日も沈む日も、黙々と仕事して2匹が待つ自分のお家が有るって事はすっごく幸せなことなのだ。夢見る乙女は20数年後、疲れたサラリーマンになったけど(笑)今の自分の方が両親の庇護の下でパラサイトしていた頃よりもずっと好きです。

こうして最後はやっぱり「自分が大好き!」で帰結するのであった。ジェミちゃん並だ。

2007/07/12

Make you happy

キャロルの自慢、それは2番手と言えども勢いこんでお散歩に出かけ、健康的なピッカピカのウ○チが出ること。

なぜか?ジェミニとキャロルの間では、「健康的なピッカピカのウ○チ」が出たのか、出なかったのか、それがとっても重要なことらしい。

どうしてそう思うかと言うと、1番手で散歩に出たジェミニが戻ると玄関で待ち構えていたキャロルは、クンカクンカとジェミちゃんのお尻の匂いを嗅ぐのだ。ジェミニは自信満々(いつも自信満々だけどね)な面持ちで、キャロルにお尻の匂いを嗅がせている。心持ち尻尾を上げて。

そんなに自慢になる事なのか!!!???もしや、これは人間界においても共通の自慢項目なのか?

そして2番手のキャロル。5月から突発的な下痢Pの時以外はお薬を飲んでいません。里子として我が家に来て10ヶ月にして、ようやく消化剤と甲状腺ホルモンのお薬からアンヨを洗うことが出来ました。

今日も健康的なピッカピカのが出ました!キャロルは散歩から戻ると、リビングでおくつろぎ中でお出迎えにも出てこない女王様ジェミニに自慢したくて仕方のないのです。アンヨを雑巾で拭くのももどかしく、「ジェミちゃーん!出たどぉ~~~!!!匂い嗅いで~!!」と大きな声で報告するかの如く、廊下をダッシュでリビングのジェミニに報告しに行くのです。

クールなジェミニはキャロルのウ○チ自慢に付き合う気は無いそぶりをしておきながら、ほとぼりが冷めた頃、こっそりとキャロルのお尻をクンカクンカしているのです。

やっぱり気になるらしい。私よりも立派だったのか否か?それとも私よりもピッカピカだったのか否か?何が気になるのかわからないけど、お互いに相当自慢し合っているようで笑えます。きっとこの行動には何かしらの理由が有るのだろうと日々観察を続けております。

そんな2頭のお陰で、何はなくとも…、上手く行く日も行かない日も、地味な毎日だけど幸せです。

Image01_64

2007/07/10

多摩川左岸のエスプリ

ジェミちゃんのお気に入りのお散歩コースに古いアパートで営業をしているカフェと雑貨屋さんの並びがあります。そこを私は「多摩川左岸のエスプリ」と密かに思っております。「左岸」とつけただけでパリっぽい小粋でノーブルな響きになると思いませんか!?

P1070820

しかし、多摩川左岸は純和風なのです。日本ですから。「岸辺の散策路」という文字を読む度に「岸辺のアルバム」という山田太一原作・脚本の小説とドラマを思い出します。ドラマになるよりも前に、新聞で連載しており、毎日読むのが楽しみだったのです。岸辺のアルバムは、1974年の多摩川の水害を背景にしたドラマですが、この多摩川の水害を報じるニュース映像も記憶に残っています。

という事で、この道標を過ぎると左手に現れるのが、「多摩川左岸のエスプリ」エリアなのです~。

P1070847

P1070856

P1070855

春はカフェ前の桜の大木が見事に咲き乱れます。これからの季節、オープンエアのカフェは実際にはかなり蚊が多くて携帯用ベープ持参じゃないと、おちおちお茶も飲んでられません。そしてジェミちゃんには多摩川左岸のエスプリが良く似合います。(いつも親ばかですみません)

ところで、「決定的瞬間」で知られるアンリ・カルティエ=ブレッソンの展覧会が始まっています。

アンリ・カルティエ=ブレッソン
知られざる全貌

"De qui s'agit-il?" Retrospective de Henri Cartier-Bresson

http://www.momat.go.jp/Honkan/Henri_Cartier-Bresson/index.html

「東京国立近代美術館」で8/12まで開催です。ココは好きな美術館の1つです。なぜならば「ザ・方向音痴」の私が迷子にならずにたどり着くことが出来る数少ない美術館でもあり、レストランのランチも美味しいです。

さらに会社(九段下)から近いので歩いていくことが出来るのです。でも、私は最寄り駅の竹橋まで電車に乗ります。桜の季節に徒歩で行って迷子になりましたので、もう冒険は致しません。

7月末まで猛烈に締め切りラッシュなので、それが終わったらランチを兼ねて見に行ってこようと思ってます。

そして、その後しばらくデジカメ写真をモノクロにする自分が今から見えます、な。

2007/07/09

薔薇の名前 Le Nom de la Rose

P1070871

ショーン・コネリー主演の「薔薇の名前」という映画を随分昔に見ました。ウンベルト・エーコの大ヒット小説を映画化したものです。

ショーン・コネリーがムチャクチャ渋い演技で光ってます。中世暗黒時代の閉鎖的な教会内で起きる修道士の殺人事件をショーン・コネリー扮する修道士とその弟子のクリスチャン・スレーター(の演技も良い!)が解決する、というミステリー。

「禁書をめぐる殺人事件」という共通性では、ダヴィンチ・コードが面白いと思った人は「薔薇の名前」もきっと楽しめるかも。映像も美しく上質なミステリーです。

じわじわぁ~っとコワイです。そういえば私はダヴィンチ・コードは小説でしか読んでないのだけど、やや冗長気味の上・下巻を一昨年のGW中、6泊7日のキャンプ中に夜なべして読んだのでした。夜中に”うすら怖かった”感触が今、蘇ってきました。

81599749289909961024d

※↑あら…、昼間も読んでました。日中も風が強くて長野のGWは寒かったのです。よってフードを頭からかぶって読書中。背後霊のように寄り添う黒い塊のジェミニのせいでコットが狭いのです。(2005年GW)

この「薔薇の名前」という映画の監督をネットで調べたら、ジャン・ジャック・アノーという人で、同じくエーコの「ラマン愛人」やブラピ主演の「セブン・イヤーズ・イン・チベット」の監督さんでした。ふーん。。。(私、監督に限らず名前を覚えるの苦手なので多分明日には忘れてます。)

冒頭の写真の薔薇はジェミちゃんのお散歩道に野生している薔薇です。元は誰かが植えたのでしょうけどね。

私は何重にも弁が重なっているリッチな薔薇よりも一重の薔薇の方が好きです。楚々と質素ながらも大胆に蕊を見せて潔さを感じます。

ところで、この写真の薔薇はなんという名前かしら?Sunny June???時間切れで詳しく調べてません。でも昨日嗅いだ香りは忘れない。それが「知る」っていう事だとするならば、知らないことだらけ。それにしても「薔薇」という漢字が、これまたえらく難しいですね~。

2007/07/04

ファンダメンタル

P1060863_1

意思もまた、一つの孤独である   byカミュ

こんばんは。またまたこんな開いてもいない花の写真なんぞを載せて、カミュの格言なんぞを添えると、精神状態を不安視されてしまうのでしょうか(笑)。

世の中、格言って一杯ありますよね、ネットでも格言集サイトが幾つもありますけど、カミュのこの一行プレイは素晴らしいでしょ。奥が深いです。1つの孤独というからには、どれだけ多くの孤独をカミュは抱えていたのか?

でも、孤独じゃない人って居るのかな。前回のBlogで1994年前後(と思われる)に東京で上映されていたフランスのオムニバスムービーのタイトルが思い出せない!って書きましたけど(どなたかわかりませんかぁ~?)、今は図書館で借りた写真集のタイトルとカメラマンの名前が全く思い出せず悶々としております。

「金持ちも貧乏も死ねば同じ骨」と言った主旨の詩と共に朱色、橙色、紫にグラデーションがかかった美しい夕焼けの空と真っ黒な混沌としたガンジス川の写真が、とてもとても鮮烈に心に残っています。

カミュの抱えていた最大の孤独とは混沌ではないか?と思ったりした夜でした。

2007/07/02

クールな家族の最下層で思う

Image01_62

Image02_47

Image03_33

Image04_28

Image05_16

クールな家族の最下層から、キャロルがお伝えしました!!

2007/07/01

My Favorites 2007 Summer

いつの間にやら「夏至」って過ぎてるんですねぇ。本日は2007年、夏のMy Favoritesなモノ達について久しぶりに「身の回り品・モノ」カテゴリーにエントリーです。

ロクシタンの期間限定モノ、毎度ながら気になります。2月の期間限定時にあっという間に完売してしまったらしい「ロクシタン ジャスミングリーンティ・オードトワレ」が二子玉のロクシタンに再入荷していたので買いました。

大人な感じの爽やかさが「夏の癒し系」な感じでGoodです。お店のテスターを手首にシュシュッとしてお家に戻るとジェミニがクンクンしてましたけどイヤな顔をしなかったので、ジェミニ好みでもあるらしい。ジェミちゃん、「高貴な大人ドッグ」なのでチガイが解るのです。チガイの前に「キ」は入れないでね、放送禁止用語なので。^^;

Image01_61

一緒にTHE VERT(グリーンティ)シリーズのインセンス(お香)も購入しました。ジメジメっとした梅雨~夏場、大型犬2頭による犬小屋状態の我が家ゆえに匂いが気になります。犬小屋の住人の私の鼻は慣れてしまっているので解らないんだけど、玄関を開けた時ってその家の匂いがしますよね。それが「犬臭」ってのはちょっと悲しいので、玄関でお香を炊いています。

それからラベンダーの入浴剤、とても気に入ってます。これを毎日惜しみ無くお風呂にポチャン♪と入れられるだけのお給料が欲しいが、今は無理なので週末、ゆっくりお風呂で本読んだりする時にポチャン♪してます。スーパーに売ってる1個50円位のラベンダー系入浴剤とは一味違うハズと信じております。

そして、この夏、私のマイブームと言えばやはりお爪塗り塗りです~。キャンプへ行かない分、やる気も出ます。だってペグなんて打ってれば直ぐにマニキュア剥げますからねぇ。自分でもフレンチネイルが出来るようになりました。素人なのではみ出てたりしますけどね。

Image02_46

タマタカ内にあるNAIL BARというサロンに予約を入れて、シボレーという逆V字塗りにラインストーンを入れてもらいました。果たして何日保つのか?夏気分でブルーを選んでみたが、よくよく考えると私の洋服はほとんど黒系ばっかり(ジェミキャロの毛が目立たないという理由で)なのと、やはりオフィスにはマズいか、、、と今更ながらに思っております。

…と、私は靴好きです。洋服よりも靴が好きで、昔、実家でパラサイトしていた頃はお給料を全て自分の身の回り品に投入できたので、靴に合わせて洋服を選んでおりました。会社では「イメルダ」って呼ばれておりました。イメルダって解らない人も居ますよね、フィリピンのイメルダ元大統領婦人の事で、彼女は靴が2000足ほど有ったそうです。もちろん、私は何千足もの靴を持っていたワケでは有りませんが、それでも最盛期には40足を越えており、実家の玄関に有る下駄箱に入るわけもなく、父が階段の踊り場に私専用の下駄箱を設計して日曜大工で作ってくれました。ブーツの入る高さなども考慮した工夫が施されており、父の鼻の穴が膨らむほどの自信作でございました。今にして思えば、やたらと細かくて厳格だった父親も変なところが甘いです、な。。。

そりゃー、色々なデザインと柄の靴を持ってました。水玉とか、ゴールドと白の縞々模様とか、、、ベージュをベースに黄色や緑やオレンジの水玉とか…とにかく足元が派手でございました。っていうか、昔は派手系の靴が流行ってたのかも?今は靴好きと言ってもこれまた黒ばっかりです。それに何十足ものコレクションもしておりませーん。

キャロルの留守番中のイタズラが突然始まって以来、玄関に靴を置いておくとことごとくカカトを齧られ、革を剥がされるという事件が立て続き、大切な通勤靴達がみんな入院中です。今は限られた靴をローテーションしているのですが、梅雨時はどうしても雨で靴が濡れるので、ローテーションサイクルをもうちょっと延ばしたい、、、という事で、セール開始のタマタカでお靴を購入しました。

Image03_32

あ、キャロルのイタズラはようやく終息しましたよー。油断禁物ですけど。

そして最後は、定番モノとして愛用し続けている品々のご紹介です。特にオメガの時計はもう16年の付き合いになります。しばらく某メーカーの自動巻き時計を愛用しており、ここ数年はほとんど身に付けていなかったのですが、自動巻きの時計は重たくて…なんか邪魔だなって感じるようになってきたので、久しぶりに登場。

コンステレーションというシリーズですが、今は同じデザインの時計は売られてません。現在のコンステレーションはもっとダイアモンドをあしらったり、文字盤にピンク色の貝パールがあしらってあったり…とお洒落感が追求されております。

携帯電話はしょっちゅう忘れてしまうけど(必要な時はいつも不携帯)時計は忘れません。携帯忘れても気にならないけど、時計してないと落ち着かない気分です。取り立ててパンクチュアルなワケでもないクセして、時間知りたがり屋です。なので時計忘れて携帯忘れた日は最悪ですー。

Image04_27

と、こんなところでしょうかね。。。私はデジタル小物家電好きで、携帯やデジカメを買い換えるサイクルが早い方だと思いますが、それらは「My Favorite」かといえばちょっと違うんですよね、なんちゅーか道具ですね。

そうそう、私のコンステレーションですが、時々同じデザインのメンズ版をしている「おっさん」を電車の中で見かけます。紳士というよりはおっさん系なのはナゼなんだ?

無料ブログはココログ