« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/30

一週間が経ち…

キャロちゃんの入院騒ぎ(ご心配おかけしました)から一週間が経ちました。水曜から突然、コロコロウンPを製造するようになったキャロちゃんのお腹です!

何が良かったのか…、火曜までは相変わらずの下痢Pだったのです。まず第一に考えられるのは、ようやく薬が効いてきた!?第二に考えられるのは先週火曜日にJOKERへ行った時に「整腸作用」のあるハーブミックス(粉)を買ってご飯に混ぜている、という事です。ハーブの効果が翌日から現れるとは俄に信じがたいのですが、水曜日からずーっと調子良く、「渋り」(もう出ないのにずーっとかがんでいる状態を指す)の症状も無く、キャロルも楽しそうにお散歩してます。

Image01_11

朝のお散歩でちょっぴりだけどキャロルの訓練をやってます。とにかく「マテ」と「コイ」を中心に。私にとっては最も大切なコマンドはこの2つなので。キャロちゃん、訓練は結構楽しそうにやってます。少しづつですがコミュニケーションも深まりつつあります。

Image03_5

一方、ジェミニですが今週からキャロルに「ガウろうぜ~!!」って感じでキャロルを誘うのです。鼻でキャロルにツンツン攻撃して、キャロルが乗ってくると楽しそうにお相撲ごっこが始まります。でもフローリングで滑るので3秒程度で「止め~ぃ!!」と私に止められるのですが、しつこいのはジェミニの方だったりしてます。どういう心境の変化なのか…。優位性を示そうと思ってるのかも?

Image02_7

取りあえず、日々ジェミニもご機嫌さんのようです(笑)。

Image04_3

こちらも毎日ちょっとづつ仲良くなっているようです。

今までだったらこの週末はキャンプへ行ってたと思う。でも、キャロちゃんのお腹がようやく落ち着く兆しを見せているので、大事をとって今週はお家で過ごしてます。爽やかな天気だったのでお昼頃から砧公園へ繰り出しました。

Image05_2

アメリカンスクールのお楽しみ会か何かが催されており、いと楽しげな音楽にキャロルのクルクルダンスが炸裂しておりましたが、2頭引きもちょっぴり慣れた我々です。キャロルが私の少し前を、ジェミニが私の少し後ろを歩き、誰も脚側歩行はしません!(汗)

ま、引っ張られる事は無いし、お散歩はのんびり楽しく歩きたいので、特に「アトへ」のコマンドもかけずノホホーンと歩いております~。でもキャロルは一頭で歩く時はすごく上手に脚側歩行が出来るんですが、ジェミたんのように「阿吽の呼吸」とは行かず、曲がり角なんかで私にぶつかってくる事が多いです~。余所見ばっかしてますからねぇ。。。

Image06_2

なんか…、ずーっと「1対1」の関係にこだわってきたけど、多頭ライフも非常に楽しいと思う今日この頃。一ヶ月が経過して、家族全員に少し気持ちに余裕も出来てきたのかも♪

Image07_1

夜は用賀倶楽部で、ジェミニの妹犬まふちゃん家と一緒にご飯を食べました~。土曜の夜ともなると満席状態。予約しておいて良かったー。最近、カフェという「場」の学習が進んだのか?キャロルも結構お利口にフセして寝てるようになりました。これも大進歩と言えます。とは言え、他の犬が見えにくい隅っこ限定ですけど。

あれや~これや~と溜まっていた談義に、ふと気づけば閉店時間。再び砧公園へ行き、3頭でボール遊びしました。遊び疲れて伏せる順番はジェミニ→まふちゃん→「・・・」。キャロルは疲れて伏せるなんて事が有りません。体重軽いし長距離ランナータイプかも。いつまでも楽しそうにフラフラしているキャロちんでしたー。

週末キャンプへ行かないと、ゆっくり起きても時間がたっぷり有るなぁ~。クセになりそう…なんちゃって!!

2006/09/29

広島ドッグパーク

あちこちのblogで既に多くのリンクが貼られておりますので、既にご存知の方の方が多いと思います。微力ながらここにもリンクを貼らせて頂きます。

広島ドッグパークという施設が閉園となり、500頭近い犬達がレスキューを待っています。レスキューに乗り出したのはアークエンジェルスというボランティア団体で、そちらに詳しく本件が掲載されております。

またアークエンジェルス広島支部長さんのblogにおいても状況を確認頂けます。

Resucueクリックしてください。

我が家の近所にもかつて「いぬたま」というドッグラン施設とペットショップ、そして犬と園内をお散歩したり、犬の芸を観賞するイベント施設などを備えた複合施設が有りました。我が家はドッグラン施設の会員となり、朝の6時から夜は11時までフリーに出入り出来るドッグランに通っておりました。

今は再開発エリアという事で「いぬたま」も閉園となりました。あの施設に居たワンコ達はどこへ行ったのでしょう???暑い炎天下、イベント施設の入り口で看板犬のゴールデンがお客様のお出迎えをしていました。

「暑くて可哀想なんでは?」と一度係りの人に言った事が有りましたが、「1時間位で休憩させているから大丈夫」という答えでした。夜、ドッグランへ行った帰りに園内の散歩でイベント施設の側を通ると、イベント犬達が悲しげに吠えている事も有りました。

あの子達はどこへ??? 「いぬたま」が閉園になっても深くその事を考えずに来ましたが、もしかしたら広島ドッグパークへ売られて行った子も居るかもしれませんね。このような大規模なレスキューから、個々のボランティアさんが地道に一頭づつレスキューしているケースまで様々ですが、不幸にして行き場を失い殺処分される犬や猫は年間60万頭と言われています。そのうち、飼い主の飼育放棄及び迷子の成犬・猫が20%(12万頭)、残る80%(48万頭)は子犬や子猫の飼育放棄なのだそうです。

愛する犬と幸せに暮らす者として、そういった事実は辛い現実です。目を背け耳を塞ぎたくなる思いですが、知ってしまったからには何が自分に出来るのか…について考えようと思います。

こういう事を書くのは偽善者のような気がして本当は好きでは有りません。でも、偽善者でも良いではないか、偽善の中からだって1つでも真実が生まれる可能性も有るのだから…と思い、ヘタクソな文章を綴りました。

一頭でも多くの命が救われ、そして安住の住処を見つけられますように。

2006/09/27

3回食にて快調~♪

退院してからキャロルのご飯を3回食に戻しました。ジェミたんも一緒になって3回食で食べております~。ジェミニもキャロルも1日の摂取量を2分割→3分割にしているだけなので、お腹に入る量は変わらないのですが、「飯の回数増加=Happy」と考えているようで、今まで以上にキッチンの張り付きデカ度が高まっております。

P1030140

※キャロの必殺ドグベ2個使いのヘソ天。ジェミちゃん、迷惑してるので止めてください!

P1030170

※キャロ、コットDEヘソ天。チビのクセに半分以上の面積取るの止めてください!

3回目の食事が終わって、ワサワサの張り付きデカ2頭が各々寝てくれるとホっとしたりして…(;^_^A。少しでも早く寝るように電気はとっとと消してます。

ジェミキャロ地方は昨日、すんごい雨が降りました。今日も昼頃まで断続的に雨が降ってましたが、午後から止んだ為、久しぶりに夜はお稽古でした。ジェミニはアジリティの訓練中ですが、今はスラロームの練習をやってます。キャロちゃんは服従訓練を習い始めましたが、2頭分のお稽古代を払うのが大変なので(汗)、日常的に私が教えつつ隔週位で先生に見て頂いてコストを浮かしておりますーーー。

昨夜はあまりの土砂降りにお散歩は止めて、ガーデンアイランドへ「雑踏訓練」と称してジェミキャロと一緒に行きました。脳ミソ使わせて疲れさせようという魂胆も有り。

P1030178

※JOKERで生後6ヶ月のボーダーコリーよりウヒョウヒョなキャロルとドン引きジェミニ。キャロルのウヒョぶりに、落ち着いた2歳(ってキャロルより年下じゃん!)のゴールデンさんが緊張のアクビでシグナル出してます~。

ジェミニが小さい頃は「人&犬」にウヒョウヒョだった為、この「雑踏訓練」に力入れてました。毎日、夜は意味も無くコンビニ前でステイ、二子玉駅を往復で通過し、玉川高島屋の中も通過しておりました(当時、玉高はワンコOKでした。今は不可)。そして早く帰れた時は更なる雑踏を求め、ガーデンアイランドでおやつをくれる店員さんや諸々のワンコで混み合うJOKER内をウロウロしていたのでございます~。まるで修行僧のように、な。

キャロちゃんは雑踏訓練どころか、何もかもが「初めまして~♪」な状態なので、田園都市線(私鉄)のガード下を通過中、電車が通ればその音に驚き立ち止まり、荷物を運ぶ台車の騒がしい音に感動し、自動販売機からドリンクが出てくるガッチャン!っていう音に飛び上がり、カラスにまで尻尾フリフリです。音響シャイでは有りませんが、音にはものすごく敏感です。フラットに多いですよねぇ。

そんなキャロちゃんなので~JOKERの雑踏訓練はそりゃー気合いが必要です。なんせ尻尾ブリブリ全開状態でジェミニにバシバシと当たり、隣りを歩くジェミニがどんどん不機嫌になり、最後には「この子の横はイヤです!!」と私の右側を歩く始末ですから~。

P1030179

6ヶ月のボーダーコリーのお股に顔を突っ込むキャロル。ボーダーコリーのママさんに「何ヶ月ですか?」と聞かれ、「うっ、実はもう3歳半なんですぅーーーーーー」と言うのにどれだけの勇気が必要だった事か…。(ーー;)

続きを読む "3回食にて快調~♪" »

フラットの里親募集情報が出てます。

大阪でフラットコーテッドレトリバーの♀が里親募集に掲載されております。

ご興味の有る方、是非ご覧になってみて下さい。

http://www.satoya-boshu.net/keisai/2d1-15867.html

2006/09/25

Flush Forward

Image01_12

2004年7月、千曲川支流にて。

手前がVickiで奥がGemini。もはや「彼女達はフラットコーテッドレトリバーなんです!」と力説しなければ、犬種すら不明の黒い立ち耳の犬達だ。空中にフワっと飛ぶお皿のような…円盤のような、たった一枚のフリスビーという名の物体を追い掛ける時、彼女達は時間よりも早く一瞬を駆け抜けたに違いない。

「失速する前に駆け抜けろ!」。トゥームレイダースのララ(ヒロイン)さながらアクセル全開フラッシュフォワード。もしかしたら水の上も走れるに違いないよ、「沈む前に駆け抜けろ!」。

久しぶりに映画のお話。滅多に書きませんが私はジェミニと暮らすよりちょっと前まで、結構な映画好きでした。

Born to be wild。「デニス・ホッパー」をキーワードに漁るようにレンタルビデオを観ていた頃に出会った映画が、私のベストシネマ・トップ10に入る「イージーライダー」だ。初めて観た時、英語のヒヤリングもおぼつかない私の耳に飛び込んできたセンテンスがBorn to wildだ。

当時(1969年公開)、まだ無名だったジャックニコルソン演じるアル中弁護士のセリフはイージーライダーファンならばきっと心に留めているハズ。

  • 「自由を語る事と、自由である事は全く別の事だ」
  • 「人は自由を叫ぶが、実際に自由である人を許さない」
  • 「自由についてはいくらでもしゃべるが、自由な奴を見るのは怖いんだ」 etc

20代後半の頃、今の会社に勤めるまで半年間のプー太郎時代が有った。私の映画に関するデータベースはほとんどこの頃からジェミニと暮らすまでの15年弱の期間に凝縮されており、それ以降はピンポイントな更新しかされていない。インドアライフとアルコールを謳歌した時代でも有る。15年と言えば…ベトナム戦争と同じタームですよ、時の重さに違いを感じます。

独身プー太郎時代、夜な夜な家族が寝静まってからこそこそとリビングのデカテレビでビデオ鑑賞三昧の娘に母親は「働かざる者、観るべからず」と言い放った。働いてないからゆっくり観られるんじゃん…。電気代が勿体ないとも言われた…。全くもってその通り!お母さんが正しい!!(爆)

「Born to Wild」のコンセプトをパクったか?と勝手に思ったのが「ナチュラルボーンキラーズ」。レザボアドッグス(野良犬という意味)で異才を放ったクェンティン・タランティーノ原案を、オリバー・ストーンが監督として仕上げた作品なんだけど、観始めて直ぐにこりゃーダメだ!と思った。

恵比寿の居酒屋で酔っぱらいながら映画好きの同僚にデカい声で、「オリバー・ストーンなんかにタランティーノのマインドが解るわけが無い!」と断言したのを覚えている。

当時、鳥越俊一を含む(笑)”社会派”とか称される人々を忌み嫌っていた。オリバー・ストーンもその一人だった。

私ってば若かったなぁ。。。多分、仕事面ではもがいていた時代です。自由に対する枯渇を感じていたのかもしれないなぁ。あ、オリバー・ストーンの「プラトーン」は好きです。

一方、速攻でダメ出しした「ナチュラルボーンキラーズ」とベーシックな部分で良く似ているタランティーノ脚本の作品「トゥルーロマンス」は最高に好きな映画なのだ~!

もしかしてベスト1かも…(言い切る自信は無いけど)。クリスチャン・スレーター、パトリシア・アークェット、デニス・ホッパー、ヴァル・キルマー、ゲイリー・オールドマン、ブラッド・ピット、クリストファー・ウォーケンと、またまた大好きな俳優達が回転寿司のネタの如く使われてるんだからスゴいのスゴくないの…(どっちだ!?)。

特にデニス・ホッパーとクリストファー・ウォーケンが対峙するシーンは思い出すだけでも鳥肌です。がっちり脇を固めたシーンでも有る。かなーりのヴァイオレンスシーン盛りだくさんで、普通オンナノヒトは観ないのかも…。でも音楽がピュアでまたまた良いのだ。この作品は間違いなく傑作だと思う、うん。

なんとな~く、久しぶりにスカッ!!!とする映画でも観たいような…と、唐突に終わります。きっと居ないと思うけど、共感してくれるヒトが居たら嬉しいなぁ~、でも居ないだろうなぁ…(笑)。

メインサイトのMY TALKに以前、「悪女モノ映画のオハナシ」を書いた事が有ります。お暇でしたら、こちらもどうぞ♪

2006/09/24

キャロちゃん、退院しました!

ブログを読んでご心配してくださった皆様、ありがとうございます。私の体調についてもご心配頂きましたが、私もジェミニも土曜の昼間からたっぷりと昼寝して、日曜も朝寝坊をしてますし、キャロルの事は心配でも信頼している先生に預けたという事で、逆にホっとしておりました。本当にご心配をおかけしまして申し訳有りませんでした。

Image01_10

ジェミたんは夜になると、いつもキャロルが陣取っているソファで伸び伸びと( ̄ω ̄;)ヘソ天で寝てました~。ジェミニはあまりヘソ天で寝る事が無いので…もしかしてジェミたん、清々してる???などと思ってしまったりもします~(;^_^A

Image02_6朝、獣医さんに電話をするとキャロルはケージに入れられて扉を閉めた途端に興奮して吠えたそうです。キャロちゃん、我が家に来て一ヶ月の間、キャンプの時に物音に警戒して吠えたお友達につられて1-2度しか吠えた以外は全く吠えてないんです。

それだけケージに入れられる事がキャロルにとっては不安でパニックになる事なのですねぇ。扉を開けていれば静かに入っていたそうで、しばらく落ち着くまで扉を開けたままにしてくださったそうです。

その後キャロルも安定して静かにケージの中で過ごしていたようです。そしてキャロルは今日の夜、無事に退院しました。診察室で待っていると奥の病室からキャロルが戻ってきました。私の顔を見て大喜びしてお尻ごと尻尾をブンブンしてクルクルと右回りしてました~(ヨロコビのダンス?)。点滴のお陰ですっかり体力も戻りました。

ジェミニも一緒に車でお迎えに行ったので、キャロルが車に乗ってきた時には一応喜んでいるような?ジェミニでした(笑)。

退院してきてからまだ一度もウンPが出ていないのですが、まだまだ緩い状態である事は先生に言われてます。

続きを読む "キャロちゃん、退院しました!" »

2006/09/23

キャロちゃん入院

※キャロルの病状について自分自身の覚え書きでも有る為、かなり長文です。ご了承下さい。

ビブリでたくさんのお友達と楽しく遊んだキャロルですが、楽しいのと反比例にリードを外して運動をしたり、ちょっと興奮すると腸の蠕動が加速し、うんPが緩くなってしまうキャロちゃんです。

でも、今まで下痢Pの時も食欲旺盛のガッツキクイーンで、元気ハチュラチュでした。ビブリから戻り翌月曜日に病院へ行きお注射をして頂きお薬を飲み、火曜日からはピッカピカの良いうんPが出るようになり、キャロルもお散歩時にスッキリとしたお顔でルンルン気分でした。

異変が起きたのは木曜日でした。急激に多飲多尿の症状が現れました。元々ジェミニの3倍も4倍も水を飲む子で、その事については獣医さんから下痢がちなので脱水しやすく大量の水を飲むのだろう、と言われてました。実際、お水をたくさん飲む分ジェミニよりおしっこの量は多いですが、おトイレでちゃんと出来てました。

それが…木曜日、会社から戻るとたっぷり入れて置いたボウルのお水は全て飲み干されていて、トイレに敷いてある大きなペットシーツ2枚はおしっこが溢れる程、リビングの2カ所にも大きな水溜まりになったおしっこが有りました。トイレが汚れてしまってリビングでお粗相してしまったのです。今まで留守番中に必ず1-2回トイレを使ってましたが、このようなお粗相は有りませんでした。そのまま木曜の夜中中、おしっこが一時間に1回程度の割合で出続けました。ジェミニもキャロルの異変に気づいたのか、普段ならトイレまで着いて来る事は無いのに、キャロルがトイレへ駆け込むたびに一緒に着いて来てました。この頃からジェミニがキャロルの傍らにピタっと寄り添うようになったのです。

そんなこんなで家族全員寝不足で迎えた金曜日の朝でした。ジェミニはキャロルが寝ているドッグベッドの脇に乗っかって一緒に寝ていたようです。

Image01_9

金曜の朝、キャロルは初めてご飯を食べませんでした。ジェミニと一緒になってキッチンの張り付きデカはやっていたのですが、食事を出しても匂いだけ嗅いでご飯を食べないのです。しかもお散歩へ行く前におしっこしたのに、玄関でまたまたお粗相をしてしまいました。これは絶対にオカシイ…と確信しつつ出勤しました。そして夕方早めに戻り獣医さんへ連れて行きました。後から解った事ですがキャロルがいつも寝ている寝室のドッグマットも大量のおしっこ痕が有りました。綺麗好きでトイレに対して神経質のキャロルがここまでおしっこの失敗をするのはやはり今から考えると普通の事では有りません。

続きを読む "キャロちゃん入院" »

2006/09/22

キャンプレポートをアップしました!

9月15-17日にかけてビブリッジキャンプの様子をメインサイトのOUTDOORのCAMPINGにアップしました。

お暇な時にご覧になって下さい♪

Image1_27

-ダイジェスト-

リーさんがワクワクのドキドキでシャノンちゃん&あいるちゃんを連れてビブリで初ソロキャンプをすると聞きつけて、我が家も15日(金)から三連休に先駆けてビブリへ行きました。

Image2_37 リーさん家と同じ木曜日にはジルまま&ジルちゃんがOne & Wanでビブリ入りしていたので、金曜日のテントサイトはリーさん家、ジルまま家、我が家の3組のみのレディースディでした~。

それぞれに好きな場所でソロキャンプをしつつ、お昼や夜のお食事はワイワイと一緒に食べて、お互いのサイトへ遊びに行ったり、自分のサイトでのんびりしたり…と楽しい1日でした!

おっと!レディースディの金曜日、日帰り予定で朝一番にちあきさん&GOちゃんがビブリに遊びに来ました。結局、大奥状態のビブリの居心地良さに!?ちあきさん&GOちゃんも急遽一泊する事になり、GOちゃん家は我が家のテントエリアに、ジルままさんからテントをお借りしてお泊まりとなったのでした。

Image3_26 GOちゃんは車やテント拝見が大好きなようで、我が家のテントの中も興味津々だったのだけど~、ちあきさんに「GOちゃん、lここは大奥なんだよ!鈴が鳴らないと入っちゃダメなの~」って言われてました。ふふっ、ちあきさん&GOちゃんコンビは可愛いです♪

土曜日の朝一でメイジュラ家もビブリ入りして、我が家の1つ上のサイトを陣地に、初めてお会いするWill-papaさん&Will君はセンターストリートを挟んでお隣サイトで、広いビブリなんだけど、何となくフラットが密集しているような???(笑)

他にもキャビン族のノイちゃんファミリーやかりんママさん&あんじゅちゃんがお散歩途中に立ち寄ってくださいました。我が家のサイトはニューファン&バーニーズのご一行のお散歩コースだったので、ホントにたっくさんのワンコ達がテント前の広場で遊んだり通過したりして、土曜日のお昼間はさながらドッグランにテント張ってるみたいでした~。

リーさん&ちあきさんはサポーター歴も長く、ビブリにお知り合いが多いので、普段はなかなかお話する機会の無いサポーターの方ともおしゃべりする事が出来て楽しかったです。

キャロちゃんはビブリ2回目にして楽しさを熟知しているのか、到着早々興奮し過ぎてお腹の調子が悪くなってしまったけど、本犬は元気一杯に遊んでました。ただ、私の方はキャロルがいつどこでウンPするか監視の目が休まず、気がきじゃなかったのですが…。早く腸の調子が良くなってもっともっとのんびり遊べるようになると良いなぁ~と思いました。

という事で、詳しくは本編をご覧になって下さいね!!

2006/09/20

ジェミニとキャロルのコミュニケーション観察

ジェミニとキャロルは「犬同士」故のにコミュニケーションを深めているようだ。ここ数日、室内でガウガウ遊びをやるようになった。始まりは必ずどちらかがどちらかのお尻の匂いを嗅いで、するとお互いのお尻の匂いを嗅ぎ合うようにグルグルっと回り、あたかも道で会ったワンコ同士のご挨拶風の儀式を終えた後、おもむろにどちらかが姿勢を低くして遊びに誘うと、片方もそれに乗る感じでガウガウチックな遊びになるのだ。

フローリングの我が家、激しいガウガウ遊びは禁止なのだけど、ジェミキャロの大切なコミュニケーションの一貫かもしれないし、それを全て中止するのは野暮ってモンだろ…と思い、しばし様子を見守る事にしている。ジェミキャロも私の様子を見ながら徐々にエキサイティングしていくのだけど、私が適当なところで「ハイ!終わり~!!」って言うとおもむろに止めるから結構笑える。

もしかして私に見せるパフォーマンスだったりするのだろーか?

散歩の時も犬だからこそ?のコミュニケーションを取っている。我が家は普段の朝晩散歩は1頭づつ行く事にしている。朝はキャロルが先発隊で夜はジェミニが先発隊というのが基本なのだけど、時々キャロルが朝からお風呂場トイレでうんPをした時は、ジェミニが朝晩ともに先発隊になる時もある。ケースバイケースなのだけど…。

-ある日、先発隊のジェミニは兵庫島公園をお散歩-

Image01_8

続きを読む "ジェミニとキャロルのコミュニケーション観察" »

ドンピシャ!

ワンコはボールが欲しかったりして夢中になると飼い主が手に持つボールに飛び付いて、歯が手に当たったりして叱られる。これってワザとじゃなくて目測を誤ってしまった!という事だ。という私もテキトーな性格なモンだから目測はしょっちゅう間違える。

例えば、物置に突っ張り棒を取り付けようと思っても、ちゃんと幅を計らないモンだから、目測で買って帰り突っ張り棒が突っ張るどころか距離が足りない…なんて事はしょっちゅうなのだ。トイレの便座カバーを買ったら形が違っていて(○型とU型を間違えた)使えないなんて事も有ったし。

がしか~し、今回は目測がドンピシャでちょいと嬉しくなったのでご報告~。

キャロちゃんが我が家に来て今日で丁度1ヶ月。キャロルの盛大なるゲップにも耳が慣れたし、散歩へ行く時にキャロルが発するサルみたいな鼻声もウルサイって思わなくなってきたし、ジェミニとキャロルもお互いに遊びに誘い合ったりするようになってきた。

キャロルが来てから使ってなかった丸型のドッグベッドを押し入れから出した。昔買ってジェミニがカバーのファスナーをカジカジしてしまってヌード状態のドッグベッド。この1ヶ月そのまま使っていたのだけど、昨日ガーデンアイランドのDOG DEPTで丁度良さそうなドッグベッドカバーを見て目測で買ってみた。

P1020972

珍しく目測はドンピシャッ!!写真に写っている奥のドッグベッドはコストコで買ったものだが、このドッグベッドは普段ジェミニが愛用している。それよりも一回り小さいサイズがキャロルのサイズにピッタリだったりもするのだ。並んで可愛くドッグベッドでまどろむ写真でも撮りたいところなのだが…。

ジェミニさんはいくら揺すってもセンベー布団から起きる気配は無く…

P1020974

キャロルはエアコン直撃エリアのフローリングがお気に入りだったりしている…。

P1020975

結局、ドッグベッドのカバーが新しくなって嬉しいのか飼い主のみだったりするのだ。

そうそう、キャロルが来て以来、キャロルのご飯はCICAGO PIZZA(昔住んでいたエリアに有ったマイナーな宅配ピザ屋さん)で貰った大きめのグラタン皿を代用してきたが、昨日同じくガーデンアイランドのフランフランで1枚700円の手頃なボウルを発見した。以前、ジェミニにはフランフランで3000円のフードボウルを買って現在使用中なのだが、多頭飼いの親心としてはフードボウルなんかもお揃いにしてみたくなる。…という事で同じモノを2つ買ってルンルン気分で帰宅した。

P1020964シンプルなフードボウルだが、似たようなデザインで「DOG」なんていうロゴが入った途端に\3500ーとかしますよね。詐欺だ。

これまた、おNewのフードボウルをお揃いにしたからと言ってジェミキャロが喜ぶハズも無く、問題は器じゃなくて中身だ。

我が家ではフードボウルは床に直置きするのではなく、フードボウルスタンドを利用している。フードボウルスタンド自体は、良くあるワンコ用のステンレスボウルの直径に合わせて売られているもので、購入当初大きい径の方は水用フードボウルに、小さい径の方を食事用フードボウルとして使い分けていた。

P1020977 厳密に言えば、水飲み用と食事用のステンレスボウルは時期をずらして買ったのだが、目測を誤って同じ径のモノを買ったつもりが、サイズ違いだったモンだから無理矢理「水用」と「食事用」にしただけなのだが…(汗)。

っで、このフードボウルスタンドに、700円で買ったおNewのフードボウルがこれまた目測はドンピシャでハマった。

このフードボウルスタンドはワンコ用という事で結構高かったような記憶が有るが、よくよく考えてみると園芸用で同じようなデザインのモノが有りますよね、多分園芸用は半分位の値段だったりするんだろうな。

ボールやグッズは「犬用」となった途端に高いです。解せません。

話は前後するが、15日(金)からビブリで連チャンキャンプをしてきた我が家だが、キャロちゃんがキャンプへ行った途端にお腹の調子が悪くなってしまった。今回はあまりにもヒドかったので連休最終日の月曜日に獣医さんへ連れて行った。注射や薬、その他検査などなどで2諭吉強がすっ飛んでいった。この1ヶ月、キャロルの医療費は5諭吉近くかかっており、このまま続くと我が家は破産する。多頭になると医療費もダブルと頭では解っていたが、これまた目測よりも実際のお財布へのダメージは強烈だったりしている。やっぱり保険を検討しよう…。多分、これまた目測を裏切って、保険加入した途端に病院と縁が切れたりするかもしれないが、そうなったならば喜ばしい事として受け止めよう。

お腹の調子は悪くともビブリでは走り回り、川プールでも元気に遊んでいたのできっと体重減っちゃっただろうなぁ~と思いきや…、食事をBARF DAIETにチェンジして1週間で体重は1.2キロ増えて16.8キロだった。これって下痢してなくて運動もあまりしなければ17キロ位だったのかも~。キャロちゃんは燃費の悪い車みたいです。

先生と相談してBARF DIETはこのまましばらく続ける事にしました。ドライフードや調理食よりも本来、生肉の方が消化自体は良いので、キャロルのお腹に負担が少ないだろうというのが先生の目測見解だからだ。ラムとチキンを試しているとお伝えしたら、ラムはカロリーも高く太らせるのには良いのだが、キャロルのお腹には脂肪量が少し多すぎるかもしれないという事でビーフを薦められた。逆にジェミニはカロリーを抑えたいのでチキンにしているのだが、先生が仰るにはお肉の品質がチキンは不安定なので同じローカロリータイプならカンガルーの方が良いだろう、と仰っていた。

という事でさっそくカンガルーとビーフの12パテ入りをゲットです。

P1020969P1020970_1

ラム肉とカンガルー肉を並べてみると脂肪部分の白いスポットの量が全然違います。BARF DIETはお肉をローテーションして食べた方が良いらしいので、ラム、ビーフ、カンガルーをローテーションしながら食べさせみようと思ってます。

ジェミニとキャロルは同じ食事をしているので、出てくるウンPは形も色も匂いも全然違う。早くキャロルもジェミニのようなウンPが出てくると良いなぁ。今はお薬効果でほど良いモノが出てきております。でも、ちょっとリード外して遊んだりすると緩くなっちゃいます。理由はキャロルの腸には筋肉がほとんど付いてない為、腸の蠕動をコントロール出来ず運動すると腸の蠕動が激しすぎて未消化のまま出てきてしまうからのようだ。慢性腸炎の為、緩くなりだすと途端に悪玉菌のキャンピロバクターが増加してしまう。

キャロルのお腹以外は概ね順調。私の目測もここのところドンピシャ続きって事でとりとめのない事を書きつづりました~。

連休のキャンプレポはおいおいアップしますので今しばらくお待ち下さい。

2006/09/14

Light and Shade -光と影-

今朝、私の目を盗んでキャロルがジェミニのフードボウルにそぉーっと顔を突っ込み、ジェミニのご飯から砂肝をかすめ取った。私が見ている時には絶対にやらないのだけど、私が洗い物をして目を離した隙の出来事だった。

そんな事は多頭で暮らしているワンコにとっては良くある事なのかもしれない。でも…、私が「あっ!!!」って叫んだ時、キャロルは明らかに悪い事をしたって解りつつ、上目遣いで私の目をみながら姑息に逃げて砂肝を慌てて呑み込んだ。

これが多分ジェミニだったらば、私が「あっ!!」と叫んだ瞬間に慌てて砂肝をぺっと吐き出してゴメンナサイをすると思う。砂肝をかすめ取った事よりも、私に見つかった瞬間ビビって背中を丸めつつも逃げて砂肝を食べちゃった事が何とも言えず私をブルーな気持ちにさせたのだ。

なんと言えば良いのか…、明るい盗み食いではないと言うか…。

お腹の調子も随分と良くなって、今はジェミニよりもキャロルの方が少し食事量が多く、おやつも食べてるし、お腹がすごく空いているような事は無いだろうに…。ジェミニのご飯に限らず、今までに何度か盗み食いをやらかしているキャロル。私が食事中、ジェミニは「チョーダイビーム」を発射するが、キャロルは私の食事を貰えるとは思ってない(経験が無いからだ)ので早々と足下に伏せて寝てしまう。しかし、私が冷蔵庫に飲み物を取りに行った隙に、あっという間にお皿の上の食べ物を盗み食いするのだ。私の方も「やる」って解っているので、席を立つ時は「ステイ!」と一度声がけする事と、私が席を立っても監視している事をキャロルは知ってるので、最近はテーブルのものを盗み食いする事も無くなったのだけど…。

猛烈に叱られたキャロルだけど、叱られた理由を解っているだろうか?現行犯では有るが、キャロルにとって「盗み食い」は「イケナイ事」ではなくて「当たり前の事」として強くインプットされてるとすれば、このクセを直すには根気が要るのだろうなぁ。当のジェミニはキャロルが叱られている間も、マイペースにノロノロとご飯を食べていた。ジェミたんもノロノロしてるから盗まれるんだよーーー!!!と思うんだけど…。

私がキビし過ぎるのかもしれないけど盗み食いは絶対に止めて欲しい。コソコソとした盗み食いを目撃するにつけ「光と陰」を感じる。そして、叱られた時のものすごく悲しそうな表情に「光と陰」を感じる。キャロルはふっとした時に深い淋しさをたたえた顔をしている時がある。キャロルに罪は無いのだけど、今朝は何だか猛烈にガッカリしてしまった。

「可哀想だったんだから安心出来るまでは仕方無いよね…」なんていうヒューマンスペクタクルな感情で今だけ限定で盗み食いを許し、ある日から「ダメだ」と言ってもキャロルには理由が余計に解らないだろう。だから心を鬼にして叱るのだけど、犬絡みで雨の朝からマイナス方向にテンション上げるのも久しぶりだなぁ…。

さて、「ジェミニとキャロルの親睦キャンプ」の2日目の様子をHPにアップしました。相変わらず写真ばっかりですが、よろしかったら眺めてください。ジェミニと元気に遊ぶ「光」のキャロルが居ます。

Image02_3

2006/09/12

ジェミニとキャロルの親睦キャンプ♪

ジェミニとキャロルはお互いに干渉する事もなく、つかず離れずの関係に見えます。

お互いに興味が有るんだか無いんだか…、様子を見ているとジェミにに対してキャロルが一歩退いているのは確かだけど、ジェミニもキャロルを押しのけてどうこうという様子も無く、まぁ…大人同士の平穏な関係と言えばそうなのだけど、家族になったワケだし!キャロルも3歳半なワケだし、もうちょっと無邪気な様子がジェミニに対して有っても良いのかな?とか、ジェミニももう少しお姉さんっぽい振る舞いでキャロルに接してあげても良いではないか?などと思うワケです。

我が家はマンションという事も有るし、フローリングという事も有り、室内でのガウガウ遊びは禁止しているのもあって、余計にお互いの距離を詰めにくいというのも有るのかも知れない。平日はゆっくりと時間もとれず、2頭が親睦を深めるべくじっくりと遊んであげられないので、ここはキャンプへ行って私も含めて「新しい家族」の形を確認すると同時に、ジェミニとキャロルの親睦を図ろう!という事で~、ジェミニ&キャロルの2頭になってから初の単独キャンプでビブリに行って来ました。

一泊とは言え、1日中自然の中で家族だけで遊びまくり、なんとなーくジェミニとキャロルも少しだけ距離が縮まったような?そんな気がします。

幾度となくジェミニと「One & Wan」で過ごしたビブリッジ。「One & Wan」の関係に私の決断で終止符を打ったワケで、その辺についてジェミニはどう感じているのだろう?と思う事も有ります。

でも、今回のキャンプでジェミニのお目目は変わらずにキラキラだったし、キャロルと一緒に走り回る事もすっごく楽しそうでした。まさに「ノリノリ~♪」って感じでした。キャロルはやっぱり若いんだなぁ~。ボールレトリーブの楽しみを覚えたばかりという事もあって、1日中ボールをくわえて動き回ってました。まさにエンドレス~な状態に…。(≧m≦)

今までの「One & Wan」のマッタリキャンプではなくなったけど、ジェミニとキャロルの楽しそうな表情を見つめながら、青空に向かってボールを投げ続けました。一人で2頭を監視しながらのキャンプは、1日が終われば今までとは比較にならない程疲労困憊だったけど楽しかった!!今更ながらに「選択」は間違ってなかったんだと思ったりもしました。これからは「One & Wan2」のキャンプを楽しもうと思います♪

今回は写真もたくさん撮りました。久しぶりの一デジ・20Dオンリーで撮りました~。使い方忘れてたし…、AIサーボの設定の仕方が最後まで思い出せなかった。っちゅーか、もしかして壊れてるかも…。。。

という事で一泊2日のキャンプですが写真有りすぎて~(;^_^A、取りあえず初日分をまとめましたので、お暇な時にご覧になって下さい♪

ジェミニとキャロルの親睦キャンプ♪

Image01_7

2006/09/08

キャロちゃんの体重測定、結果は如何に!?

キャンプから戻って以来、メキメキとお腹の調子も復活したキャロちゃんです。見た感じも我が家に来た当初から比べると随分と足取りもしっかりしてきたし、スタミナも付いたように感じる。もしかしたら少し体重が増えてるかな?と淡い期待を持ってガーデンアイランドのジョーカーへGO !!

JOKERにはワンコの体重測定が出来るフィッティング台が有り、ジェミニもココで定期的に体重測定をしているのだ。自宅で計っても良いんだけどね、ワンコも人も一杯のジョーカーは雑踏訓練にも丁度良かったりするし…。

P1020686

ガーデンアイランドのエスカレーターに乗る2ヒキです。ジェミニも小さい時、初めてココでエスカレーターに乗りましたが、最初っから怖じ気付かずに乗る事が出来ました。キャロちゃんも血筋なのか?(笑)なんの躊躇も無くスイスイっとエスカレーターに踏み出しました。

っちゅーか、楽しそうな雰囲気で頭ん中一杯でエスカレーターをちゃんと見てないって感じだったけど。

で!キャロちゃんの体重測定結果ですが…、なんと更に痩せて15.6キロでした~。キャロルは我が家に来た翌日に獣医さんで測定した時16.3キロだったので700g減です。当初、下痢Pちゃんだったので、脂質をカットした手作り食で量も少な目にしてました。徐々にお腹の調子も良くなってきて、ここ一週間はジェミニと同じ量を食べているのですが、ジェミニと同じメニューだと運動量に対してカロリーが足りないのかな…。

キャロルの体作りを考えると栄養バランスも気になる所。体重測定をしている時にジョーカーの店長さんがキャロルを見て「確かに痩せているけど毛艶も良いし、表情に全くストレスも出てないお顔だし、体重を乗せて行くにしても筋肉を作りながらゆっくりの方が股関節や膝への負担を考えると望ましいのでゆっくり増やせば良いのでは?」と仰って頂きました。

で、手作り食にしている話をしたところ、バーフダイエットというオーストラリアのDr.ビリングハースト氏が開発した冷凍生食フードを薦めて頂きました。Dr.ビリングハースト氏はドライドッグフードによるワンコの癌増加傾向を臨床によって確認し、最初にワンコの生食ご飯を提唱した先生だとか…。

http://www.petpatties.com/barf/index.html

キャロルの体作りを考えると、総合的に栄養バランスに優れ必要な栄養の含まれたバーフダイエットを試してみるのも良いかも…と思い、12パテ入り2.75キロのパックを1本買ってみました。

Image01_6

体重に対して健康な成犬は2%相当の量を一回の食事に与える事が推奨されています。目安として20キロの成犬で1日2枚となります。今回の測定結果、ジェミニは26.6キロ、キャロルは15.6キロだけど、2ヒキともそれぞれ1日2枚で様子を見る事にしました。このバーフダイエットの他に、手作りの野菜&オートミールの圧力鍋煮込みや、マッシュポテトなどを適宜トッピングしております。

Dr.ビリングハースト氏はワンコに穀物は不要としておりますが、食事に対して25%程度は穀物が入ってもかまわない、としているようですので、トッピングは今まで通りにしてます。店長さんの話では慣れないとお腹が痛くなっちゃうワンコもいるそうですが、ジェミニもキャロルもバーフダイエットを食べ初めて3日目ですが全く問題有りません。キャロルのうんPの状態はバーフダイエットに含まれる骨の影響で更に良い感じになり、うんP臭も良くなりました。

気になるお値段なのですが…。12パテ入りが1パック3,754円。我が家の場合は1日4枚消費するので、1パックは3日で無くなる計算です。月30日計算で10パック、37,540円の食費となります。その他野菜等が別途かかりますが、それは私の食事とシェアしているので除けて計算しております。4本(12パテ×4本)パックで14,175円なので、まとめ買いすれば少しコストは下がりますが、大凡1日につき1頭当たりの食費は約600円の計算です。

キャロルがくる前、ジェミニのご飯は近所のプレッセという「やや高め」のスーパーでその日安くなっているお肉などを調達していたので、400gのお肉を調達するのにやはり1日平均600円程度でした。割高だな…と思いつつ、一頭だし「ま、いいっか!」ってお手軽さを選んでました。キャロちゃんが来てもう少し安いお肉を調達する為、プレッセは止めて東急ストアに切り替えていたのですが、ネットなどでもっと安いお肉を調達する事も可能ですよね。でもウチは冷蔵庫が小さいので、冷凍室にお肉を大量に保存する事も出来ないし…。不在がちなので通販は面倒だし…。バーフダイエットには肉の他に内臓や骨、血も含まれており、野菜や果物もバランス良く含まれているという事なので、同じ単価ならバーフダイエットでも良いのかな…と。

ってなワケで取りあえず、1ヶ月バーフダイエットを試してみようと思います。ラム、カンガルー、ビーフ、ポーク、チキンなど種類は豊富でローテーションして食べるのが良いらしいです。ジェミニはローカロリーなカンガルーやチキン、キャロルはハイカロリーなラムやビーフを中心に与えてみようと思ってます。

冷凍されているのでキャンプの時などはそのまま必要量を持っていってクーラーボックスで保管すると食事の支度も楽チンですね。

P1020687

キャロちゃん、初めてのガーデンアイランドが超楽しかったみたいで、終始尻尾ブンブンでした~。ジェミニもジョーカーのお姉さんのエプロンにおやつが入っているのを知っているので、あちこちのお姉さんに尻尾フリフリで愛想振りまいてはおやつ貰ってましたー。

2006/09/06

ながたん家&キャロルのキャンプデビュー♪

毎日、どんどん過ぎていく…。HPを立ち上げた当初は、「ハヤい、ショボい、ヘタ」でならした私は、速攻のお遊びイベントのアップが唯一の取り柄だったのだが…。

新しく家族にキャロちゃんがくわわってからと言うもの、朝晩のお散歩2倍に思わぬ時間をとられ、なかなかネットが出来ないぃー。ましてキャンプレポを作ろうにも写真整理にすんげぇー時間がかかるー。

という事で、日々写真は撮り続けているのですが、それらの写真を使う日は来るのだろーか?取りあえず後ろ倒しの仕事を1つづつ片付けよう。(本業もやれよっ!と自分に突っ込む)

9月2日~3日で朝霧ジャンボリーオートキャンプ場で、お友達のながたん家とキャロルのキャンプデビューでした!その様子をメインサイトのOUTDOORのCAMPINGにアップしましたので、お時間の有る時にご覧になってくださーい。

Image01_5

※追記:まふちゃんちのblogにも楽しいキャンプの様子がアップされてます。結構笑えますよん。是非ご覧になってくださーい♪

  1. キャンプに行ってきました
  2. キャンプの一コマ

2006/09/04

写真って不思議…

前々から思っていた事なんだけど、ワンコのお顔ってカメラマンによって随分と違うんですよね~。キャロルのお顔はマフ家が撮るとまるでマフちゃんの小さかった頃のようなお顔になるし、ながたんが撮ると若かりし頃のウェンディのようでもある。

私が撮ればジェミニに似てる???

この写真(↓)はまふママが撮ってくれました。まるでロップイヤーのウサギちゃんみたいなキャロちゃんです。

Image01_4

もう一枚、まふママが撮ってくれた"ねむねむ"のキャロちゃんです。

Image02_2

ながたんが撮ると、まるでソファでくつろいでいたウェンディのようで、一瞬ドキっとしてしまった。

Image03_1

犬は飼い主の鏡って良く言うけど、どんな顔をしたら喜ぶか?自然とカメラを向けてくれる人間の気持ちを感じ取って、そのような表情になるのかも…。

可愛い顔したキャロちゃん、かなーり「頑固さん」です(笑)。ジェミニは小さい頃から「我を通そう」とした事が無かったので、まぁ~、キャロちゃんの頑固ちゃんぶりには驚きです!

どーして一回でお座りしないのかなぁ???どーして一回でフセしないのかなぁ???キャロちゃんにも理由が有るようで、「お座りする前にペロペロしたいの!」とか、「フセする前にキョロキョロを周りを現物したいのっ!!」とか~。

この「のらりくらりとコマンドを無視する」テンポに乗っかってイライラすると余計に逆効果…ってわかっちゃー居るけど、ついついカフェのテラスで「ダ・ウ・ン!!!(フセ)」と大きな声を出してしまう未熟なワタクシ。

クスクスっとお隣のテーブルから失笑が…( ̄∀ ̄;)。ふっと見るとジェミちゃんもそんなお母さんの事をイヤそーな顔して見てるし、わたしゃどーしたら良いんじゃいっ!!と一人テンパる事も多々有る今日この頃でございますー。

ジェミニの場合は「取りあえず座ってから舐めようっと…」とか、「取りあえず伏せてからキョロキョロしよっと…」っていうタイプだったので、その辺りは全く違います。面白いですね~。

9月2日-3日の土日で朝霧ジャンボリーでキャンプしてきました。この日キャンプデビューだったのは、ながたん家&キャロル♪ぴーこさん&ヴィッキー、マフ家ファミリーも参加して久しぶりの大所帯キャンプでした。みんなでキャロルの呼び戻し練習も協力してくれたし、キャロルを叱る時もみんなで叱ってくれて、「お母さん以外の人もダメって言うんだ」って事を学ばせる事が出来ました。ヴィッキー先輩には喝も入れて頂きました(笑)。

ジェミニは8時に一人テントに入って就寝、キャロルもしばらく後にテントでジェミニと一緒に早々と寝ました。ジェミたんが一人でテントで寝れるようになったのはつい最近なので、キャロルはこの辺りの肝が据わっているのか?ジェミニが居るから大丈夫なのか…。キャンプへ行って私も(多分)ジェミニもリフレッシュ出来たし、キャロルは初めて広い野っぱらで走り、オモチャをくわえて走る事を憶え、本栖湖ではいきなりジェミニを追って飛び込み、溺れ泳ぎしてました。1時間半程度本栖湖で遊んでいるウチに泳ぎも随分と上手になりました。ヴィッキー先輩をスイスイっと追い抜くのは時間の問題かも…。ふふふ。^^v

そんな楽しかったキャンプの様子は改めてアップしますね~。

無料ブログはココログ